テーマ:自然

サウジアラビアあれこれ5

<サウジアラビアあれこれ5> 図書館で「住んでみたサウジアラビア」という本を借りて読んでいるのだが・・・ 砂嵐のなか、サウジアラビアの工事現場で砂にまみれて仕事に明け暮れた大使は、サウジアラビアには思い入れがあるわけです。 だけど、もう一度サウジアラビアに行けといわれたら、微妙ですね(笑) ということで、サウジアラビアについ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『住んでみたサウジアラビア』2

<『住んでみたサウジアラビア』2> 図書館で『住んでみたサウジアラビア』という本を、手にしたのです。 かなり古い本であるが、サウジの本質は変わらないだろうということで借りたのです。 それに、サウジの女を樋口夫人がレポートしているのが興味深いのでおます。 【住んでみたサウジアラビア】 樋口健夫×樋口容視子著、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『住んでみたサウジアラビア』1

<『住んでみたサウジアラビア』1> 図書館で『住んでみたサウジアラビア』という本を、手にしたのです。 かなり古い本であるが、サウジの本質は変わらないだろうということで借りたのです。 それに、サウジの女を樋口夫人がレポートしているのが興味深いのでおます。 【住んでみたサウジアラビア】 樋口健夫×樋口容視子著、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本列島きらめく生命(ナショナルジオグラフィック2018年9月号)1

<日本列島きらめく生命(ナショナルジオグラフィック2018年9月号)1> 図書館で『日本列島きらめく生命(ナショナルジオグラフィック2018年9月号)』という雑誌を、手にしたのです。 ナショジオの2018年の鳥シリーズをフォローしているので、その一貫として借りたのです。 【日本列島きらめく生命(ナショナルジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショジオの鳥シリーズ

<ナショジオの鳥シリーズ> 2018年のナショナルジオグラフィックは「鳥たちの地球」シリーズを連載したのでアトランダムに読んできたが・・・ この際、以下のとおり整理してみました。 ・『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』1:オシドリの魅力 ・『善と悪(ナショナルジオグラフィック2018…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の本あれこれR4

<鳥の本あれこれR4> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ・ナショナルジオグラフィック2018年シリーズ(2018年刊) ・にっぽんスズメしぐさ(2017年刊) ・鳥の話(2017年刊) ・ハトはなぜ首を振って歩くのか(2015年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森林植物園へ行こう

<森林植物園へ行こう> 紅葉シーズン到来、森林植物園へ行こう・・・ とういうことで久々に、森林植物園へ繰り出したのです。 森林もみじ散策 10月20日(土)~12月2日(日) 開催中!とのことです。 神戸市立森林植物園の紅葉情報より 見どころは長谷池周辺のウリハダカエデやイロハモミジ  広大な敷地に日本の代表的な樹木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の魚料理R1

<韓国の魚料理R1> 図書館で予約した『ボクが韓国離れできないわけ』という本を1週間後にゲットしたのです。 目次を見ると、韓国の言葉や料理を題材にして面白い話がてんこ盛りである♪ 大使は、韓国出張時に韓国スタッフから「何を食べたいですか?」と聞かれると、たいがい魚料理を所望したように・・・ 総じて、韓国の魚料理は美味しいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』3

<『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』3> 図書館で『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』という雑誌を、手にしたのです。 先日も、『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』を借りて読んだのだが、この雑誌の特集や記事が、骨太のコンセプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』2

<『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』2> 図書館で『海を脅かすプラスチック(ナショナルジオグラフィック2018年6月号)』という雑誌を、手にしたのです。 先日も、『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』を借りて読んだのだが、この雑誌の特集や記事が、骨太のコンセプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』2

<『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』2> 図書館で『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』という雑誌を、手にしたのです。 先ごろ、(ナショナルジオグラフィック2018年4月号)でスズメの生態を読んで、いたく惹かれたのだが、こちらの鳥特集はさらに拡大版であり、借るしかないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』1

<『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』1> 図書館で『鳥たちの地球(ナショナルジオグラフィック2018年1月号)』という雑誌を、手にしたのです。 先ごろ、(ナショナルジオグラフィック2018年4月号)でスズメの生態を読んで、いたく惹かれたのだが、こちらの鳥特集はさらに拡大版であり、借るしかないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球全史の歩き方』4

<『地球全史の歩き方』4> 図書館で『地球全史の歩き方』という本を、手にしたのです。 カラー写真&モノクロ写真満載のビジュアル本となっていて、大使好みの本でおます。 【地球全史の歩き方】 白尾元理著、岩波書店、2013年刊 <商品の説明>より 地球の歴史を見に行こう! 大陸移動、恐竜絶滅、スノーボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球全史の歩き方』3

<『地球全史の歩き方』3> 図書館で『地球全史の歩き方』という本を、手にしたのです。 カラー写真&モノクロ写真満載のビジュアル本となっていて、大使好みの本でおます。 【地球全史の歩き方】 白尾元理著、岩波書店、2013年刊 <商品の説明>より 地球の歴史を見に行こう! 大陸移動、恐竜絶滅、スノーボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球全史の歩き方』2

<『地球全史の歩き方』2> 図書館で『地球全史の歩き方』という本を、手にしたのです。 カラー写真&モノクロ写真満載のビジュアル本となっていて、大使好みの本でおます。 【地球全史の歩き方】 白尾元理著、岩波書店、2013年刊 <商品の説明>より 地球の歴史を見に行こう! 大陸移動、恐竜絶滅、スノーボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球全史の歩き方』1

<『地球全史の歩き方』1> 図書館で『地球全史の歩き方』という本を、手にしたのです。 カラー写真&モノクロ写真満載のビジュアル本となっていて、大使好みの本でおます。 【地球全史の歩き方】 白尾元理著、岩波書店、2013年刊 <商品の説明>より 地球の歴史を見に行こう! 大陸移動、恐竜絶滅、スノーボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメの本あれこれ

<スズメの本あれこれ> 図書館で『にっぽんスズメしぐさ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、スズメの写真が、可愛いいやんけ♪ 昨今は駅前広場のハトやスズメを親しく眺めているが・・・典型的な老人風景を呈しています。 ・・・ということで、スズメが載っている本、雑誌を集めてみました。 ・にっぽんスズメしぐさ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『超監視時代(ナショナルジオグラフィック2018年4月号)』1

<『超監視時代(ナショナルジオグラフィック2018年4月号)』1> 図書館で『超監視時代(ナショナルジオグラフィック2018年4月号)』という雑誌を、手にしたのです。 監視時代、スズメと関心のあるテーマが並んでいたのが、借りる決め手になったのでおます。 「鳥たちの地球」というシリーズが連載されているが今月号はス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『環境考古学のすすめ』5

<『環境考古学のすすめ』5> 図書館で『環境考古学のすすめ』という本を、手にしたのです。 安田さんは「環境考古学」を提唱したそうで・・・ 何にしろ言い出しっぺはエライと思うのだ♪ 【環境考古学のすすめ】 安田喜憲著、丸善、2001年刊 <「BOOK」データベース>より 東洋の自然観・世界観に立脚しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『環境考古学のすすめ』4

<『環境考古学のすすめ』4> 図書館で『環境考古学のすすめ』という本を、手にしたのです。 安田さんは「環境考古学」を提唱したそうで・・・ 何にしろ言い出しっぺはエライと思うのだ♪ 【環境考古学のすすめ】 安田喜憲著、丸善、2001年刊 <「BOOK」データベース>より 東洋の自然観・世界観に立脚しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『環境考古学のすすめ』3

<『環境考古学のすすめ』3> 図書館で『環境考古学のすすめ』という本を、手にしたのです。 安田さんは「環境考古学」を提唱したそうで・・・ 何にしろ言い出しっぺはエライと思うのだ♪ 【環境考古学のすすめ】 安田喜憲著、丸善、2001年刊 <「BOOK」データベース>より 東洋の自然観・世界観に立脚しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『環境考古学のすすめ』2

<『環境考古学のすすめ』2> 図書館で『環境考古学のすすめ』という本を、手にしたのです。 安田さんは「環境考古学」を提唱したそうで・・・ 何にしろ言い出しっぺはエライと思うのだ♪ 【環境考古学のすすめ】 安田喜憲著、丸善、2001年刊 <「BOOK」データベース>より 東洋の自然観・世界観に立脚しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『環境考古学のすすめ』1

<『環境考古学のすすめ』1> 図書館で『環境考古学のすすめ』という本を、手にしたのです。 安田さんは「環境考古学」を提唱したそうで・・・ 何にしろ言い出しっぺはエライと思うのだ♪ 【環境考古学のすすめ】 安田喜憲著、丸善、2001年刊 <「BOOK」データベース>より 東洋の自然観・世界観に立脚しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想定を超える気候とインフラ

<想定を超える気候とインフラ> 昨今の想定外の大雨や台風に対して、河川インフラや都市インフラが対応できないケースが頻発していますね。 ・・・ということで、過去の日記を再掲します。 ・地方整備局の想定を超える雨量(08.26) ・我が町の防災マップ(08.01) *****************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方整備局の想定を超える雨量

<地方整備局の想定を超える雨量> 台風20号が各地に被害を出して過ぎ去ったが・・・ 熊野川沿いの国道の冠水が気になったのである。 つまり、最近の大雨、長雨は地方整備局の想定を超える雨量に変わってきている事実である。 もうこれは、避難勧告発令うんぬんのレベルを越えているわけで・・・ 抜本的対策を立てるとしたら、国道や川沿いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バードウォッチング』

<『バードウォッチング』> 図書館で『バードウォッチング』という本を、手にしたのです。 我が家の2階から裏山の小鳥たちを眺める程度のバードウォッチャーなので・・・ この本は、私の程度にちょうどの本やでぇ♪ 【バードウォッチング】 (画像なし) 酒井哲雄著、国土社、1987年刊 <「BOOK」データベース>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の本あれこれR3

<鳥の本あれこれR3> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ・にっぽんスズメしぐさ(2017年刊) ・鳥の話(2017年刊) ・ハトはなぜ首を振って歩くのか(2015年刊) ・鳥あそび(2011年刊) ・里山の野鳥ハンドブック(201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『熱帯雨林コネクション』2

<『熱帯雨林コネクション』2> 図書館借出し予約していた『熱帯雨林コネクション』という本を、待つこと半月で手にしたのです。 日本ではあまり知られていないが・・・ マレーシア・サラワク州の熱帯雨林が、タイブ一族によって食い物にされてきた惨状が告発されているようです。 【熱帯雨林コネクション】 ルーカス・シュト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が町の防災マップ

<我が町の防災マップ> 台風12号が迷走しているので想定外の長雨に遭った地域もあったかもしれないなあ。 我が町の防災マップはどうなっているのか?と・・・暇な大使は思い立ってネットで探してみたのです。 くらしの防災ガイド(各区版PDFファイル)より  想定外の長雨、線状降水帯による大規模土砂災害が頻発するようになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『熱帯雨林コネクション』1

<『熱帯雨林コネクション』1> 図書館借出し予約していた『熱帯雨林コネクション』という本を、待つこと半月で手にしたのです。 日本ではあまり知られていないが・・・ マレーシア・サラワク州の熱帯雨林が、タイブ一族によって食い物にされてきた惨状が告発されているようです。 【熱帯雨林コネクション】 ルーカス・シュト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more