『暦と行事の民俗誌』4

<『暦と行事の民俗誌』4> 図書館で『暦と行事の民俗誌』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、画像の多いビジュアル本である。 それから昨今の太子の関心は、天体観測から生活感のある暦に移りつつあるわけです。 【暦と行事の民俗誌】 佐藤健一郎, 田村善次郎著、八坂書房、2019年刊 <「BOOK」デ…
コメント:0

続きを読むread more

『暦と行事の民俗誌』3

<『暦と行事の民俗誌』3> 図書館で『暦と行事の民俗誌』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、画像の多いビジュアル本である。 それから昨今の太子の関心は、天体観測から生活感のある暦に移りつつあるわけです。 【暦と行事の民俗誌】 佐藤健一郎, 田村善次郎著、八坂書房、2019年刊 <「BOOK」デ…
コメント:0

続きを読むread more

(新型コロナ)疫病と権力の仲

<(新型コロナ)疫病と権力の仲>  金沢大学教授の仲正昌樹さんがインタビュー欄で「自粛・休校要請で無意識に自己統制、政府の手間省く」と説いているので、紹介します。 (仲正さんへのインタビューを4/02デジタル朝日から転記しました) 中国から世界に飛び火した、新型コロナウイルスの脅威。各国政府がロックダウン(都市封鎖…
コメント:0

続きを読むread more

朝日のインタビュー記事スクラップR16

<朝日のインタビュー記事スクラップR16>   朝日のインタビュー記事、オピニオン記事をスクラップのように集めてみました。 ネットでは記事の全文が見えないので、朝日デジタルから全文を転記しました・・・そのうち朝日からお咎めがあるかも?(いい記事なんだから、無料で公表してほしいんだけど) あとで、見渡すとほとんどの記事が2大覇…
コメント:0

続きを読むread more

『某』1

<『某』1> 図書館に予約していた『某』という本を、待つこと5ヵ月ほどでゲットしたのです。 この本は小川洋子さんが『博士の本棚』で奨めていたので、即、図書館予約したものです。 この本はSFではなくてファンタジーのようですね。太子の好きなジャンルとはいいがたいが・・・とにかく読んでみるか。 【某】 川上弘美著…
コメント:0

続きを読むread more

『暦と行事の民俗誌』2

<『暦と行事の民俗誌』2> 図書館で『暦と行事の民俗誌』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、画像の多いビジュアル本である。 それから昨今の太子の関心は、天体観測から生活感のある暦に移りつつあるわけです。 【暦と行事の民俗誌】 佐藤健一郎, 田村善次郎著、八坂書房、2019年刊 <「BOOK」デ…
コメント:0

続きを読むread more

『暦と行事の民俗誌』1

<『暦と行事の民俗誌』1> 図書館で『暦と行事の民俗誌』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、画像の多いビジュアル本である。 それから昨今の太子の関心は、天体観測から生活感のある暦に移りつつあるわけです。 【暦と行事の民俗誌】 佐藤健一郎, 田村善次郎著、八坂書房、2019年刊 <「BOOK」デ…
コメント:0

続きを読むread more

『間違う力』4

<『間違う力』4> 図書館で『間違う力』という新書を、手にしたのです。 これこれ、高野さんの「間違う力」については、かねてより注目していたのです。 ・・・ところで、帰って調べるとこの本を借りるのは二度目であることが分かったので、(その4)とします。 【間違う力】 高野秀行著、KADOKAWA、2018年刊 …
コメント:0

続きを読むread more

村山斉の時空自在 6

<村山斉の時空自在 6> 朝日の(村山斉の時空自在)シリーズをスクラップしているのだが・・・今回分が興味深いので紹介します。 (2020.4.01デジタル朝日から転記しました) <感染死者数、気になる「傾き」>  志村けんさんの命を奪った新型コロナウイルスが米国で猛威をふるっている。ここサンフランシスコ近郊は3月…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き430

今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ <市立図書館> ・某 ・間違う力 ・暦と行事の民俗誌 <大学図書館> ・(今回もパス) 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではないかと思った…
コメント:0

続きを読むread more

『カザアナ』2

<『カザアナ』2> 図書館に予約していた『カザアナ』という本を、待つことおよそ半年でゲットしたのです。 おお 監視社会化の進む閉塞した時代という近未来がどんなものか・・・興味深いのです。 【カザアナ】 森絵都著、朝日新聞出版、2019年刊 <「BOOK」データベース>より 平安の昔、石や虫など自然と通…
コメント:0

続きを読むread more

『カザアナ』1

<『カザアナ』1> 図書館に予約していた『カザアナ』という本を、待つことおよそ半年でゲットしたのです。 おお 監視社会化の進む閉塞した時代という近未来がどんなものか・・・興味深いのです。 【カザアナ】 森絵都著、朝日新聞出版、2019年刊 <「BOOK」データベース>より 平安の昔、石や虫など自然と通…
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡218

<図書館予約の軌跡218> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・伊坂幸太郎『フーガはユーガ』(7/24予約、副本34、予約462)現在23位 ・劉慈欣『…
コメント:0

続きを読むread more

『千年の祈り』3

<『千年の祈り』3> 図書館に予約していた『千年の祈り』という本を、待つこと6日でゲットしたのです。 中国人の書いた小説といえば・・・以前、『紙の動物園』という作品を読んだように、わりとハマッているのです。 なお、著者はこの短編集を英語で書いているそうで、大使としては言語的な興味もあるのです。 【千年の祈り】 …
コメント:0

続きを読むread more

『大いなる眠り』1

<『大いなる眠り』1> 図書館で『大いなる眠り』という本を、手にしたのです。 レーモンド・チャンドラー著、村上春樹訳の『さらば愛しき女よ』が良かったので・・・二匹目のドジョウを狙うように借りたわけでおます。 【大いなる眠り】 レーモンド・チャンドラー著、早川書房、2012年刊 <「BOOK」データベース…
コメント:0

続きを読むread more

『いいとこ取り!熟年交際のススメ』3

<『いいとこ取り!熟年交際のススメ』3> 図書館で『いいとこ取り!熟年交際のススメ』という本を、手にしたのです。 この本が発刊された2013年には、サイバラ47歳、カッちゃん67歳のバリバリの熟年で、現役そのものだったので・・・まあすごいでぇ♪(今は老々介護かも) 帰って調べてみたら、この本を借りるのは2度目だと判明しました。…
コメント:0

続きを読むread more

『いいとこ取り!熟年交際のススメ』2

<『いいとこ取り!熟年交際のススメ』2> 図書館で『いいとこ取り!熟年交際のススメ』という本を、手にしたのです。 この本が発刊された2013年には、サイバラ47歳、カッちゃん67歳のバリバリの熟年で、現役そのものだったので・・・まあすごいでぇ♪(今は老々介護かも) 帰って調べてみたら、この本を借りるのは2度目だと判明しました。…
コメント:0

続きを読むread more

対中最新情報(2020.4.04)

尖閣諸島事件とそれに連動するようなレアアース禁輸があって以降、以下に示す情報収集を思いつき次第に試みてきたが・・・・ 重複、欠落などあったりするので、この際、最新情報を一括して並べてみました。 それだけ、尖閣諸島事件が衝撃的であったわけであるが・・・ この事件は日本政府が対応を間違ったというよりも、むしろ中国政府のオウンゴール…
コメント:0

続きを読むread more

フィリップ・マーロウがつなぐ輪R1

フィリップ・マーロウがつなぐ輪R1 『ブレ-ドランナー』と『チャイナタウン』をつなぐのがフィリップ・マーロウなんですね。 もっと製作サイドから言えば・・・監督スコットの愛する『チャイナタウン』であり、脚本家ファンチャーが愛する『さらば愛しき女よ』ということになります。 さらに、個人的な話になりますが・・・ 『さらば愛しき女よ…
コメント:0

続きを読むread more

『千年の祈り』2

<『千年の祈り』2> 図書館に予約していた『千年の祈り』という本を、待つこと6日でゲットしたのです。 中国人の書いた小説といえば・・・以前、『紙の動物園』という作品を読んだように、わりとハマッているのです。 なお、著者はこの短編集を英語で書いているそうで、大使としては言語的な興味もあるのです。 【千年の祈り】 …
コメント:0

続きを読むread more