『村上春樹と私』7

<『村上春樹と私』7> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』6

<『村上春樹と私』6> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿絵本あれこれR4

<挿絵本あれこれR4> 先日、観た『アール・デコの挿絵本』という本の美しさにいたく感激した大使であるが・・・ これまで観てきた挿絵本を、その挿絵や装丁とともに並べてみました。 ・絶対製造工場 ・へんちくりん江戸挿絵本 ・「不思議の国のアリス展」 ・ルイス・キャロル小辞典 ・アール・デコの挿絵本 ・ビアズリー怪奇幻想名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロードあれこれR3

<シルクロードあれこれR3> 『糸綢の道はるか』という本を読んだのであるが・・・ この際、これまで読んだシルクロード関連の本を並べてみようと思ったのです。 ・竜宮城と七夕さま     (2017年刊) ・三蔵法師が行くシルクロード(2013年刊) ・シルクロード悠々     (2005年刊) ・熱砂とまぼろし     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通訳、翻訳についてR10

<通訳、翻訳についてR10> 通訳、翻訳について集めてみます。 ・ジェイ・ルービン『村上春樹と私』 ・鴻巣友季子『本の森 翻訳の泉』 ・村上春樹『スメルジャコフ対織田信長家臣団』 ・村上春樹『私たちの隣人、レイモンド・カーヴァー』 ・鴻巣友季子『全身翻訳家』 ・常盤新平『翻訳出版編集後記』 ・工藤幸雄『ぼくの翻訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』5

<『村上春樹と私』5> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』4

<『村上春樹と私』4> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』3

<『村上春樹と私』3> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『妖しい関係』2

<『妖しい関係』2> 図書館で『妖しい関係』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの短篇「女主人」を紹介してくれた作家であり、とにかく阿刀田さんの短篇小説が気になるのです。 【妖しい関係】 阿刀田高著、幻冬舎、2012年刊 <商品の説明>より 突然逝った、美しく年若き妻。未亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『妖しい関係』1

<『妖しい関係』1> 図書館で『妖しい関係』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの短篇「女主人」を紹介してくれた作家であり、とにかく阿刀田さんの短篇小説が気になるのです。 【妖しい関係】 阿刀田高著、幻冬舎、2012年刊 <商品の説明>より 突然逝った、美しく年若き妻。未亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『絶対製造工場』1

<『絶対製造工場』1> 図書館で『絶対製造工場』という本を手にしたのです。 かつて読んだカレル・チャペックの『スペイン旅行記』にはユーモラスな挿絵が載っていて良かったが、この本にもところどころに挿絵が出て来るので、気にいったのです。 【絶対製造工場】 カレル・チャペック著、平凡社、2010年刊 <商品の説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き396

今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ <市立図書館> ・晴れたり曇ったり ・村上春樹と私 ・妖しい関係 ・絶対製造工場 <大学図書館> (今回はパス) 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』2

<『村上春樹と私』2> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(気候の危機)アマゾンが二酸化炭素の荒野に 温暖化拍車

<(気候の危機)アマゾンが二酸化炭素の荒野に 温暖化拍車> 朝日新聞では1面トップで、また朝日デジタルでもアマゾンの大規模火災を報じています。 スクラップに勤しむアナログ老人としては、注目すべきテーマである。 (2019.9.15デジタル朝日からコピペしました)  9日午後、南米ブラジルの北部パラ州。世界最大の熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』1

<『村上春樹と私』1> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分すっきり一発勝負

<気分すっきり一発勝負> まもなくMGCマラソンが始まるが、気分すっきり一発勝負との感があるわけです♪ ぽっと出の選手はダメだ マラソン代表一発勝負MGCは、どん底から始まったより  どん底から始まった。16年リオデジャネイロ五輪で男子は佐々木の16位、女子は福士の14位が最高。かつての強豪国の面影はなく、男子は6大会、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(シンギュラリティーにっぽん)AI・バイオ技術の進化、脅威に

<(シンギュラリティーにっぽん)AI・バイオ技術の進化、脅威に> 朝日新聞の記事をスクラップしているのだが・・・ (シンギュラリティーにっぽん)シリーズについても、デジタル記事も残しておこうと思ったのです。スクラップとWebデータとで重複保管になるのだが、ま~いいか。 ・・・この(シンギュラリティーにっぽん)記事が伝える自律型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(時時刻刻)停電 復旧見通し暗転

<(時時刻刻)停電 復旧見通し暗転> 朝日新聞の記事をスクラップしているのだが・・・ 台風15号による大規模停電の記事が聞き捨てならないので、デジタル記事も残しておこうと思ったのです。 それにしても、温暖化で台風の威力が増しているので、現在の各種設計基準ではおっつかないのだろう(送電線鉄塔の倒壊など) 千葉県の惨状は、今後ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晴れたり曇ったり』7

<『晴れたり曇ったり』7> 図書館で『晴れたり曇ったり』という本を、手にしたのです。 ウーム 見覚えが有るような、無いような本である。 帰って調べてみると、この本を借りるのは3度目であることがわかりました(またか) ・・・で、(その6、7)としました。 【晴れたり曇ったり】 川上弘美著、講談社、201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晴れたり曇ったり』6

<『晴れたり曇ったり』6> 図書館で『晴れたり曇ったり』という本を、手にしたのです。 ウーム 見覚えが有るような、無いような本である。 帰って調べてみると、この本を借りるのは3度目であることがわかりました(またか) ・・・で、(その6)としました。 【晴れたり曇ったり】 川上弘美著、講談社、2013年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more