アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カツラの葉っぱ 大好き!
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『知性は死なない』2
『知性は死なない』2 <『知性は死なない』2> 図書館に予約していた『知性は死なない』という本を、待つこと5ヶ月ほどでゲットしたのです。 自身の「うつ」からカミングアップした著者の近作であるが・・・ 副題が「平成の欝をこえて」となっているのがええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 22:29
『知性は死なない』1
『知性は死なない』1 <『知性は死なない』1> 図書館に予約していた『知性は死なない』という本を、待つこと5ヶ月ほどでゲットしたのです。 自身の「うつ」からカミングアップした著者の近作であるが・・・ 副題が「平成の欝をこえて」となっているのがええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 15:03
『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』2
『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』2 <『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』2> 図書館で『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』という本を、手にしたのです。 井伏鱒二といえば、以前に読んだ『徴用中のこと』にあるとおり戦中派の作家という印象も強いし、『黒い雨』の作者でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 13:09
内田先生かく語りき9−R2
内田先生かく語りき9−R2 <内田先生かく語りき9−R2> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 10:51
WTO改革案、ターゲットは中国
WTO改革案、ターゲットは中国 <WTO改革案、ターゲットは中国> トランプ攻勢に耐えかねた中国が、最近ではWTO重要視を口にしているが、そうはいくか! ・・・もともとWTOとチャイナ・スタンダードがなじまないのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 07:35
『歴史と戦争』1
『歴史と戦争』1 <『歴史と戦争』1> 図書館に予約していた『歴史と戦争』という本を、待つこと5ヵ月でゲットしたのです。 おお 半藤日本史のエッセンスってか・・・ なるほど、既刊本から短文を集めた構成になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 23:31
『TOKYO 0円ハウス 0円生活』2
『TOKYO 0円ハウス 0円生活』2 <『TOKYO 0円ハウス 0円生活』2> 図書館で『TOKYO 0円ハウス 0円生活』という本を、手にしたのです。 今、加村一馬著『洞窟おじさん』という本を借出し予約して半年以上も待っているのだが・・・要するに、金がなくても生きていくサバイバル術に関心があるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 09:42
「新潮日本文学アルバム」シリーズ
「新潮日本文学アルバム」シリーズ <「新潮日本文学アルバム」シリーズ> 図書館で『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』という本を、手にしたのです。 井伏鱒二といえば、以前に読んだ『徴用中のこと』にあるとおり戦中派の作家という印象も強いし、『黒い雨』の作者でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 08:07
『極楽ですか』2
『極楽ですか』2 <『極楽ですか』2> 図書館に予約していた『極楽ですか』という本を、待つこと1週間でゲットしたのです。 この本は著者から、政治家、思想家、作家等に出された手紙という構成となっています。あまり見かけない構成であるが、なるほどこういう手もあったのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 00:53
井伏鱒二あれこれ
井伏鱒二あれこれ <井伏鱒二あれこれ> 図書館で『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』という本を、手にしたのです。 井伏鱒二といえば、以前に読んだ『徴用中のこと』にあるとおり戦中派の作家という印象も強いし、『黒い雨』の作者でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 22:23
『極楽ですか』1
『極楽ですか』1 <『極楽ですか』1> 図書館に予約していた『極楽ですか』という本を、待つこと1週間でゲットしたのです。 この本は著者から、政治家、思想家、作家等に出された手紙という構成となっています。あまり見かけない構成であるが、なるほどこういう手もあったのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 16:00
『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』1
『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』1 <『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』1> 図書館で『新潮日本文学アルバム井伏鱒二』という本を、手にしたのです。 井伏鱒二といえば、以前に読んだ『徴用中のこと』にあるとおり戦中派の作家という印象も強いし、『黒い雨』の作者でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 14:23
『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R1
『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R1 <『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R1> 『図説不思議の国のアリス』という本を読んだのだが、『不思議の国のアリス』がつなぐ輪が大きいことに驚くのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 22:30
『TOKYO 0円ハウス 0円生活』1
『TOKYO 0円ハウス 0円生活』1 <『TOKYO 0円ハウス 0円生活』1> 図書館で『TOKYO 0円ハウス 0円生活』という本を、手にしたのです。 今、加村一馬著『洞窟おじさん』という本を借出し予約して半年以上も待っているのだが・・・要するに、金がなくても生きていくサバイバル術に関心があるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 20:51
図書館大好き347
図書館大好き347 今回借りた6冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 20:07
『韃靼漂流記』8
『韃靼漂流記』8 <『韃靼漂流記』8> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 08:53
『韃靼漂流記』7
『韃靼漂流記』7 <『韃靼漂流記』7> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/07 23:29
『韃靼漂流記』6
『韃靼漂流記』6 <『韃靼漂流記』6> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/07 15:50
『韃靼漂流記』5
『韃靼漂流記』5 <『韃靼漂流記』5> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/07 14:18
満州あれこれR3
満州あれこれR3 <満州あれこれR3> 『張学良の昭和史最後の証言』という本を読んでいるのだが・・・ このところ集中的に満州関連の本を読んでいるので、それらを集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/07 11:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる