テーマ:AI

(もうすぐ終わる紙の本)シリーズ4

<(もうすぐ終わる紙の本)シリーズ4> 朝日新聞の記事をスクラップしているのだが・・・ (もうすぐ終わる紙の本)シリーズについても、デジタル記事も残しておこうと思ったのです。スクラップとWebデータとで重複保管になるのだが、ま~いいか。 この(もうすぐ終わる紙の本)シリーズ記事が、人間とAIの違いを説いているので、見てみましょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AIが同僚』3

<『AIが同僚』3> 図書館で『AIが同僚』という本を、手にしたのです。 この本は「日経ビックデータ」の連載記事をもとに構成されているので、企業寄りのスタンスかもしれないが・・・ 情報学のプロが説くAIは、果して夢の技術か悪夢なのか?興味深いのです。 この本は2017年刊とやや古くなったが、そんなに陳腐化していないだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AIが同僚』2

<『AIが同僚』2> 図書館で『AIが同僚』という本を、手にしたのです。 この本は「日経ビックデータ」の連載記事をもとに構成されているので、企業寄りのスタンスかもしれないが・・・ 情報学のプロが説くAIは、果して夢の技術か悪夢なのか?興味深いのです。 この本は2017年刊とやや古くなったが、そんなに陳腐化していないだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AIが同僚』1

<『AIが同僚』1> 図書館で『AIが同僚』という本を、手にしたのです。 この本は「日経ビックデータ」の連載記事をもとに構成されているので、企業寄りのスタンスかもしれないが・・・ 情報学のプロが説くAIは、果して夢の技術か悪夢なのか?興味深いのです。 この本は2017年刊とやや古くなったが、そんなに陳腐化していないだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(インタビュー)AIのわな

<(インタビュー)AIのわな>  数学者のキャシー・オニールさんがインタビューで「恵まれた人を優遇、偏見や格差を拡大、負の循環生まれる」と説いているので、紹介します。 (キャシー・オニールさんへのインタビューを11/07デジタル朝日から転記しました) この顧客は金を落とすのか。この学生は内定を辞退するのか。個人の膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『AI VS.教科書が読めない子どもたち』3

<『AI VS.教科書が読めない子どもたち』3> 図書館に予約していた『AI VS.教科書が読めない子どもたち』という本を、待つこと8ヶ月ほどでゲットしたのです。 【AI VS.教科書が読めない子どもたち】 新井紀子著、東洋経済新報社、2018年刊 <「BOOK」データベース>より 大規模な調査の結果わかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シンギュラリティ』2

<『シンギュラリティ』2> 図書館で『シンギュラリティ』という本を、手にしたのです。 いまちょうど朝日新聞で「シンギュラリティーにっぽん」という連載が続いているが・・・この本はまさに流行の先端を行っているんだろうね。 【シンギュラリティ】 神崎洋治著、創元社、2018年刊 <「BOOK」データベース>よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シンギュラリティ』1

<『シンギュラリティ』1> 図書館で『シンギュラリティ』という本を、手にしたのです。 いまちょうど朝日新聞で「シンギュラリティーにっぽん」という連載が続いているが・・・この本はまさに流行の先端を行っているんだろうね。 【シンギュラリティ】 神崎洋治著、創元社、2018年刊 <「BOOK」データベース>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more