二十四節季の秋分に注目

<二十四節季の秋分に注目> 早朝に散歩する太子であるが、南東の空に月と金星が見えるのです。 ちょうど三日月の内側に金星が位置しているが、これって中東諸国が好むマークではないか。また、このマークは春分と関係があるのではないか? テレビでは炎暑による熱中症の危険性について注意をうながしているが・・・ このところ「小さい秋」の気配…
コメント:0

続きを読むread more

『朝鮮人のみた中世日本』3

<『朝鮮人のみた中世日本』3> 図書館で『朝鮮人のみた中世日本』という本を手にしたが・・・・ 中国人海商や倭寇の活動が興味深いのでおます。 【朝鮮人のみた中世日本】 関周一著、吉川弘文館、2013年刊 <「BOOK」データベース>より 室町時代、使節や漂流者として日本を訪れた朝鮮の人びと。当時の衣服・髪型…
コメント:0

続きを読むread more

(インタビュー)不確実性と向き合う

<(インタビュー)不確実性と向き合う>  小林傳司・大阪大名誉教授がインタビューで「データや知見不足、誤りから学ぶ科学、受け入れる社会を」と説いているので、紹介します。 (小林教授へのインタビューを8/28デジタル朝日から転記しました)  コロナ禍に直面する人類にとって、科学は危機打開のための欠かせない手立てだ。だ…
コメント:0

続きを読むread more