二十四節季の秋分に注目

<二十四節季の秋分に注目>
早朝に散歩する太子であるが、南東の空に月と金星が見えるのです。
ちょうど三日月の内側に金星が位置しているが、これって中東諸国が好むマークではないか。また、このマークは春分と関係があるのではないか?

テレビでは炎暑による熱中症の危険性について注意をうながしているが・・・
このところ「小さい秋」の気配が見えてきたでぇ♪

『日本のならわしとしきたり』という蔵書に二十四節季の記事があることを思い出したのです。


【日本のならわしとしきたり】
しきたり
ムック、 徳間書店、2012年刊

<内容紹介>
ありふれたムック本ということなのか、ネットにはデータがありません。

<大使寸評>
とにかく「今日は二十四節季でいえば、何になるか♪」を知りたいロボジーにとって、座右の書となるでしょう♪

Amazon日本のならわしとしきたり



この本で、秋分のあたりを見てみましょう。太子の場合は鳥の佇まいが気になるのでおます。
和暦p24
<秋分>
太陽が真東から昇り、真西(西方浄土)に沈む日
 秋分は、現行暦では9月23日ころから始まる15日間の節である。秋分に入る当日が「秋分の日」となり、国民の祝日になっている。秋分節季の期間は秋分の日から次節「寒露」の前日までである。

 ちなみに、春分の日と秋分の日は共に「彼岸の中日」にあたる。
 彼岸は雑節のひとつで、春分の日と秋分の日を中日として前後に各3日ある。つまり、春秋の彼岸は各7日間あり、「彼岸」は年間合計で14日間であることになる。この期間に行う仏事が彼岸会であり、最初の日は「彼岸の入り」、最後の日は「彼岸明け」と呼ばれている。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるが、春秋両彼岸に適応した言葉となっている。
 また、『暦便覧』に「陰陽の中分なれば也」と説明があるためか、秋分の日は昼夜の時間がほぼ同じと思われてきたが、実際には昼のほうが約14分長いという科学的な裏付けがあるという。

 秋分の期間の七十二候にあ、次のものがある。
 初候「雷乃収声」。
 次候「蟄虫ふさぐ戸」虫が土中に掘った穴をうさぐ。
 末候「水始涸」田畑の水を干し始める、がある。

 西洋占星術では、秋分の日が天秤宮(てんびん座)の始まりとなっている。


二十四節季の白露に注目
二十四節季の大暑に注目
『鳥と世界の意外な関係』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント