二十四節季の白露に注目

<二十四節季の白露に注目>
早朝に散歩する太子であるが、南東の空に月と金星が見えるのです。
ちょうど三日月の内側に金星が位置しているが、これって中東諸国が好むマークではないか。また、このマークは春分と関係があるのではないか?

テレビでは炎暑による熱中症の危険性について注意をうながしているが・・・
このところ「小さい秋」の気配が見えてきたでぇ♪

『日本のならわしとしきたり』という蔵書に二十四節季の記事があることを思い出したのです。


【日本のならわしとしきたり】
しきたり
ムック、 徳間書店、2012年刊

<内容紹介>
ありふれたムック本ということなのか、ネットにはデータがありません。

<大使寸評>
とにかく「今日は二十四節季でいえば、何になるか♪」を知りたいロボジーにとって、座右の書となるでしょう♪

Amazon日本のならわしとしきたり


玄鳥去

この本で、白露のあたりを見てみましょう。太子の場合は鳥の佇まいが気になるのでおます。
和暦p23
<白露>
白い露降りて、知らせる二百二十日と秋の長雨
「白露」は、処暑の次の節季で、9月6~7日頃に第1日目を迎える。期間は、次の節の「秋分」の前日までの15日間である。 『暦便覧』には、「陰気やうやく重なりて、霧にごりて白色となれば也」と書かれており、これは節季名の由来でもある。

 白露のころは、空が高くなり、芋の葉や草花に朝露が降りてくるようになる。「露時雨」という季語があるが、たくさんの露が草木から滴り落ちるさまを表した言葉である。露は晴れて風のない夜に発生する。

 一方では、南下した大陸からの冷たい高気圧と、太平洋高気圧との間に秋雨前線ができ、これが停滞すると「秋の長雨」となる。秋の長雨には、「秋リン」、「秋微雨」という異称があり、いずれも季語になっている。

 白露の期間には、立春から数えた二百二十日(9月9~10日)があり、長雨に台風が重なると大きな災害への危険が予測される。

 陰暦で暮らした時代は、風の神様を鎮めるための「風鎮祭」がとり行われていた。この風習は、富山県八尾市の「おわら風の盆」に伝承されているようだ。

 白露の期間の七十二候には、初候「草露白」、次候「鶺鴒鳴」鶺鴒が鳴き始める、末候「玄鳥去」燕が南へ帰って行く、がある。


二十四節季の立秋に注目
二十四節季の大暑に注目
『鳥と世界の意外な関係』


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント