二十四節季の小暑に注目

<二十四節季の小暑に注目> 早朝に散歩する太子であるが、南東の空に月と金星が見えるのです。 ちょうど三日月の内側に金星が位置しているが、これって中東諸国が好むマークではないか。また、このマークは春分と関係があるのではないか? このところ宇宙や占星術の記事を見たり、書いたりしているが『日本のならわしとしきたり』という蔵書に二…
コメント:0

続きを読むread more

『新潮日本文学アルバム金子光晴』1

<『新潮日本文学アルバム金子光晴』1> 図書館で『新潮日本文学アルバム金子光晴』という本を、手にしたのです。 新潮日本文学アルバム・シリーズはわりと画像が多くビジュアルで・・・ 太子好みのシリーズでおます。 【新潮日本文学アルバム金子光晴】 金子光晴、新潮社、1994年刊 <「BOOK」データベース>より…
コメント:0

続きを読むread more

『“機関銃要塞”の少年たち』1

<『“機関銃要塞”の少年たち』1> 図書館に予約していた『“機関銃要塞”の少年たち』という本を、図書館に借出し予約して4日後にゲットしたのです。 『ブラッカムの爆撃機』を読んだあとに、同じ著者の本を読むことになってしまったが・・・チェーン状に読む癖があるのです。 【“機関銃要塞”の少年たち】 ロバート・ウェストー…
コメント:0

続きを読むread more

『ブラッカムの爆撃機』3

<『ブラッカムの爆撃機』3> 図書館に予約していた『ブラッカムの爆撃機』という本を、図書館に借出し予約してほぼ4日後にゲットしたのです。 この本には、冒頭と巻末に宮崎駿の漫画を載せているサービス満点の試みがええわけで・・・また、訳者の金原端人さんが、当時の英軍パイロットの皮肉たっぷりの雰囲気を伝えています。 【ブラッカムの…
コメント:0

続きを読むread more

飛行機シリーズ3-R6

<飛行機シリーズ3-R6> 飛行機、戦闘機について集めてみます。 P-51_F-15 ・『ブラッカムの爆撃機』 ・『MRJが訴訟相手と買収交渉』 ・『飛行士たちの話』 ・但馬空港と大阪空港間に新型機就航 ・戦う操縦士 ・古今東西エンジン図鑑 ・MRJとHondaJetに見る事業の“スコープ” ****…
コメント:0

続きを読むread more

『作家の旅』3

<『作家の旅』3> 図書館で『作家の旅』というビジュアル本を、手にしたのです。 コロナ・ブックスというシリーズであるが、全編にわたってカラー画像満載でありこれぞ太子好みのビジュアル本でおます。 【作家の旅】 平凡社編、平凡社、2012年刊 <「BOOK」データベース>より 日本人になったギリシア人、魔都・…
コメント:0

続きを読むread more

『移民の経済学』2

<『移民の経済学』2> 図書館で『移民の経済学』という新書を、手にしたのです。 昨今の最底辺の人たちといえば、シングルマザーか移民であるが ・・・そういう意味でこの新書を読んでみようと思ったのです。 【移民の経済学】 友原章典著、中央公論新社、2020年刊 <「BOOK」データベース>より すでに250…
コメント:0

続きを読むread more

『移民の経済学』1

<『移民の経済学』1> 図書館で『移民の経済学』という新書を、手にしたのです。 昨今の最底辺の人たちといえば、シングルマザーか移民であるが ・・・そういう意味でこの新書を読んでみようと思ったのです。 【移民の経済学】 友原章典著、中央公論新社、2020年刊 <「BOOK」データベース>より すでに250…
コメント:0

続きを読むread more

『作家の旅』2

<『作家の旅』2> 図書館で『作家の旅』というビジュアル本を、手にしたのです。 コロナ・ブックスというシリーズであるが、全編にわたってカラー画像満載でありこれぞ太子好みのビジュアル本でおます。 【作家の旅】 平凡社編、平凡社、2012年刊 <「BOOK」データベース>より 日本人になったギリシア人、魔都・…
コメント:0

続きを読むread more

『作家の旅』1

<『作家の旅』1> 図書館で『作家の旅』というビジュアル本を、手にしたのです。 コロナ・ブックスというシリーズであるが、全編にわたってカラー画像満載でありこれぞ太子好みのビジュアル本でおます。 【作家の旅】 平凡社編、平凡社、2012年刊 <「BOOK」データベース>より 日本人になったギリシア人、魔都・…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き436

今回借りた4冊です。(受取予定分を含む) だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「旅情」でしょうか♪ <市立図書館> ・宮崎駿の雑想ノート ・“機関銃要塞”の少年たち ・作家の旅 ・シャガール <大学図書館> ・8月末以降にトライ 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・…
コメント:0

続きを読むread more

(文化の扉)ルビ 小さな働き者

<(文化の扉)ルビ 小さな働き者> 2/04朝日の(文化の扉)で振り仮名について述べられているので、スクラップしたのです。 更に、ブログにも残そうということで、コピペしたのだが・・・ ダブル保管となり、いっこうにペーパーレスにならないのでおます。 (2019.2.04デジタル朝日からコピペしました) 漢字の読み…
コメント:0

続きを読むread more

燃料電池車あれこれ

<燃料電池車あれこれ> 燃料電池車や水素関連インフラについて、あれこれ集めてみます。 ・エコ商用車の先頭に現代自、世界初の水素電気トラックを輸出(2020年) ・燃料電池車について、自動車メーカー3社が語る(2014年) ・本命は「燃料電池車」か「EV」か(2014年) ・燃料電池車を見に行くか(2013年) FCV …
コメント:0

続きを読むread more

『返事はいらない』

<『返事はいらない』> 図書館で『返事はいらない』という宮部みゆき初期の短編集を、手にしたのです。 ストリーテラーの原点が見えるのではないかということで借りたわけでおます。 【返事はいらない】 宮部みゆき著、新潮社、1994年刊 <「BOOK」データベース>より 目次】 返事はいらない/ドルシネアによう…
コメント:0

続きを読むread more

領土紛争あれこれR2

<領土紛争あれこれR2> 尖閣諸島沖事件が発生して以降、領土紛争に関係する本を集めています。 なお、現在連載が続いているかわぐちかいじの『空母いぶき』には、ぞっこんでおます。 ・日本の武器で滅びる中華人民共和国(2017年刊) ・サイクス=ピコ協定 百年の呪縛(2016年刊) ・恐怖の地政学(2016年刊) ・日本でテロ…
コメント:0

続きを読むread more

『ブラッカムの爆撃機』2

<『ブラッカムの爆撃機』2> 図書館に予約していた『ブラッカムの爆撃機』という本を、図書館に借出し予約してほぼ4日後にゲットしたのです。 この本には、冒頭と巻末に宮崎駿の漫画を載せているサービス満点の試みがええわけで・・・また、訳者の金原端人さんが、当時の英軍パイロットの皮肉たっぷりの雰囲気を伝えています。 【ブラッカムの…
コメント:0

続きを読むread more

『ブラッカムの爆撃機』1

<『ブラッカムの爆撃機』1> 図書館に予約していた『ブラッカムの爆撃機』という本を、図書館に借出し予約して4日後にゲットしたのです。 この本には、冒頭と巻末に宮崎駿の漫画を載せているサービス満点の試みがええわけで・・・また、訳者の金原端人さんが、当時の英軍パイロットの皮肉たっぷりの雰囲気を伝えています。 【ブラッカムの爆撃…
コメント:0

続きを読むread more

『世界地図の読み方』3

<『世界地図の読み方』3> 図書館で『世界地図の読み方』という本を手にしたのだが・・・ 世界中の紛争、領土問題のオンパレードのような本になっていて、面白そうである。 【世界地図の読み方】 池上彰著、小学館、2010年刊 <「BOOK」データベース>より あなたは、世界地図なんてどれも同じと思っていませんか…
コメント:0

続きを読むread more

『世界地図の読み方』2

<『世界地図の読み方』2> 図書館で『世界地図の読み方』という本を手にしたのだが・・・ 世界中の紛争、領土問題のオンパレードのような本になっていて、面白そうである。 【世界地図の読み方】 池上彰著、小学館、2010年刊 <「BOOK」データベース>より あなたは、世界地図なんてどれも同じと思っていませんか…
コメント:0

続きを読むread more

『世界地図の読み方』1

<『世界地図の読み方』1> 図書館で『世界地図の読み方』という本を手にしたのだが・・・ 世界中の紛争、領土問題のオンパレードのような本になっていて、面白そうである。 【世界地図の読み方】 池上彰著、小学館、2010年刊 <「BOOK」データベース>より あなたは、世界地図なんてどれも同じと思っていませんか…
コメント:0

続きを読むread more