吉岡桂子記者の渾身記事37

<吉岡桂子記者の渾身記事37>
朝日新聞の吉岡記者といえば、チャイナウォッチャーとして個人的に注目しているわけで・・・・
その論調は骨太で、かつ生産的である。
中国経済がらみで好き勝手に吹きまくる経済評論家連中より、よっぽどしっかりしていると思うわけです。
吉岡


朝日のコラム「多事奏論」に吉岡桂子記者の記事を見かけたので紹介します。
*****************************************************************************

2020年6月20日(多事奏論)香港が香港であるためにより

 
 香港の金融街にある英系金融大手HSBCのビルの前に、一対のライオン像が鎮座している。英国の植民地時代、1935年に造られたスティーブンとスティットだ。第2次世界大戦中には、香港を占領した日本軍に連れ去られた。溶かされて軍需物資にされそうだったが、戦後、米兵が大阪で見つけて無事、戻った。時は流れて香港が中国に返還された97年以降も、同行は通貨香港ドルの発券を担う特権を維持し、ライオンは紙幣の図案にも使われている。

 英中のはざまをうまく渡ってきたHSBCが、政治的な踏み絵を踏まされた。中国が香港で反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」について、である。

     *
 この法制は、中国政府が香港議会の頭越しに導入を決めたことで、市民のみならず国際社会からも批判が噴出している。香港に高度な自治を約束した「一国二制度」の崩壊といえるからだ。近年、支配を強めてきた中国が一線を越えた。

 「HSBCの態度が明らかでない。(中略)中国や香港での業務は一晩にして他の銀行に奪われる」。親中派の梁振英・前行政長官が5月末、自身のフェイスブックに書き込んだ。中国共産党機関紙人民日報もSNSで「客に刃向かえば全ての客を失う」という中国紙の記事を拡散した。

 脅しだ。同行アジアトップは法制の支持を鮮明にした。他の英系企業も続いた。
 香港は返還後も、社会主義中国における資本主義の「出島」である。中国大陸とは違って、透明性の高いルールに基づく自由なお金のやりとりと将来の予見可能性が、力の源泉だ。強引に「中国化」を進めれば、司法の独立と自由な言論に支えられた市場の価値はあせる。中国政府はルール変更に対する国際社会の批判を「内政干渉」とはねつけるが、中国と外国のマネーの結節点である香港には、世界中の利害が累積する。だからこその国際金融都市なのだ。

     *
 「香港問題から国際的連帯を考える」――。東京・衆議院議員会館で9日に開かれたセミナーに、約100人が集まった。衆議院議員の山尾志桜里さん、長島昭久さんの呼びかけで、20人近い国会議員も党派を超えて出席した。香港からオンラインで参加した民主活動家の大学生、周庭さんは「明日何が起きるかわからない。こうした交流もできなくなるかもしれない」。国際社会に監視を訴えた。

 香港の区議会議員で民主派の葉錦龍さんの発言に、はっとした。「今まで黙っていた日本の国会議員が動いてくれるとは思わなかった。驚いた」
 確かに、世界の民主活動家から日本を頼りにする声はあまり聞かない。日本政府はどこの国に対しても、外交関係の安定と経済を重んじ、相手国政府が嫌う言論の自由を含む人権問題を指摘したり、外交交渉のカードに用いたりすることに消極的だからだ。たとえば中国当局の弾圧を逃れて出国を模索する人たちは米国やドイツなど欧州を目指す。取材で幾度かきいた。「日本はビザをくれないだろう。近いし、友人もいるから残念だけど」

 人権は反中の旗印ではない。普遍的な価値だ。人権か経済か、でもない。人権と経済は一体だ。中国の国際的な影響力は、経済ルールからプライバシーのあり方まで強まっている。「香港は香港のままでいたい」という叫びに無関心でいれば、私が私のままでいられなくなる日が来る。民主国家における政府の姿勢は、その社会を映す。頼りにならない日本で良いのか。

 香港で昨年来、激化する反政府デモのなか、親中とみなされたHSBCのライオンは火をつけられたこともあった。今も囲いで覆われたままだ。社会の分断の象徴のごとく板挟みになるスティーブンらが、繁栄の守護神に戻る日は来るのか。世界と深くつながる香港から目をそらさずにいたい。(編集委員)


*****************************************************************************

多事奏論一覧に吉岡記者の中国論が載っています。
<吉岡桂子記者の渾身記事35>:2020年3月12日
<吉岡桂子記者の渾身記事34>:2020年1月25日






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント