図書館大好き432

今回借りた4冊です。
だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪

<市立図書館>
・尼僧とキューピッドの弓
・海洋プラスティック汚染
・地球星人
・2050年のメディア

<大学図書館>
・(今回もパス)



図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではないかと思ったりする(笑)
************************************************************

【尼僧とキューピッドの弓】


多和田葉子著、講談社、2020年刊

<「BOOK」データベース>より
ドイツの田舎町に千年以上も前からある尼僧修道院を訪れた「わたし」は、家庭を離れて第二の人生を送る女性たちの、あまり禁欲的ではないらしい共同生活に興味が尽きない。そんな尼僧たちが噂するのは、わたしが滞在するのを許可してくれた尼僧院長の“駆け落ち”という事件だったー。紫式部文学賞受賞作。

<読む前の大使寸評>
地元の図書館所蔵で、予約ゼロの場合は、やはり超速ゲットになるんでしょうね。
なお、手にしたのは2010年刊のハードカバーでした。

<図書館予約:(6/03予約、6/06受取)>

rakuten尼僧とキューピッドの弓



【海洋プラスティック汚染】


中嶋亮太著、岩波書店、2019年刊

<「BOOK」データベース>より
待ったなしの危機「プラごみ問題」。とりわけ海の汚染は深刻だ。一刻の猶予も許されないなかで、科学者たちの取り組みにより少しずつ問題の姿が現れてきた。なぜ生きものたちはプラスチックを食べるのか。軽いプラスチックがなぜ深海底にたまるのか。生分解性プラスチックなら問題は解決するのか…。海洋研究開発機構研究員にしてWEBサイト「プラなし生活」運営人でもある若手海洋学者が、現状と問題を整理するとともに研究状況をわかりやすく伝え、現時点での解決策を提示する。

<読む前の大使寸評>
追って記入

rakuten海洋プラスティック汚染



【地球星人】


村田沙耶香著、新潮社、2018年刊

<出版社>より
私はいつまで生き延びればいいのだろう。いつか、生き延びなくても生きていられるようになるのだろうか。地球では、若い女は恋愛をしてセックスをするべきで、恋ができない人間は、恋に近い行為をやらされるシステムになっている。地球星人が、繁殖するためにこの仕組みを作りあげたのだろうー。常識を破壊する衝撃のラスト。村田沙耶香ワールド炸裂!

<読む前の大使寸評>
村田さんの作品では『コンビニ人間』だけを読んだが、なかなかの印象を受けたのでおます。・・・大型新人とでも言うんでしょうか。

<図書館予約:(2/14予約、6/09受取)>

rakuten地球星人



【2050年のメディア】


下山進著、文藝春秋、2019年刊

<「BOOK」データベース>より
読売、日経、ヤフー、インターネット後の地殻変動を描く。紙かデジタルか?技術革新かスクープか?慶應SFC、伝説の講座から生まれた一冊。
【目次】
読売はこのままでは持たんぞ/最初の異変/中心のないネットワーク/青年は荒野をめざす/読売を落とせ/ライントピックス訴訟一審/戦う法務部/日経は出さない/真珠のネックレスのような/朝日、日経、読売が連合する〔ほか〕

<読む前の大使寸評>
ぱらぱらとめくってみると、メディア講座を立ち上げた当人が著わしただけに業界裏話のような章立てになっていて、アナログ老人としては立ちくらみするようでおます。

rakuten2050年のメディア


************************************************************

図書館大好き431

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント