フィリップ・マーロウがつなぐ輪R1

フィリップ・マーロウがつなぐ輪R1
『ブレ-ドランナー』と『チャイナタウン』をつなぐのがフィリップ・マーロウなんですね。
もっと製作サイドから言えば・・・監督スコットの愛する『チャイナタウン』であり、脚本家ファンチャーが愛する『さらば愛しき女よ』ということになります。

さらに、個人的な話になりますが・・・
『さらば愛しき女よ』を図書館で借りて入院し、入院中に痛みに耐えて読破した大使である。
医者が「本が読めるんですか」と感心していたが・・・・フィリップ・マーロウが好きなんですよ。

・大いなる眠り(2012年刊)
・さよなら、愛しい人(2009年刊)
・ロング・グッドバイ(2007年刊)

R1:『大いなる眠り』を追加
***********************************************************************
村上春樹訳「大いなる眠り」は2012年刊となっていて比較的新しいが、チャンドラーの長編小説としてはいちばん最初に出版されていたとのことです。


【大いなる眠り】


レーモンド・チャンドラー著、早川書房、2012年刊

<「BOOK」データベース>より
マーロウは話をつけると約束して、早速ガイガーの経営する書店を調べはじめる。「稀覯書や特装本」販売との看板とは裏腹に、何やらいかがわしいビジネスが行われている様子だ。やがて、姿を現したガイガーを尾行し、その自宅を突き止めたものの、マーロウが周囲を調べている間に、屋敷の中に三発の銃声が轟いたーアメリカ『タイム』誌「百冊の最も優れた小説(1923-2005)」、仏「ル・モンド」紙「20世紀の名著百冊」に選出の傑作小説。待望の新訳版。

<読む前の大使寸評>
レーモンド・チャンドラー著、村上春樹訳の『さらば愛しき女よ』が良かったので・・・二匹目のドジョウを狙うように借りたわけでおます。

rakuten大いなる眠り



【さよなら、愛しい人】
さらば
レイモンド・チャンドラー著、早川書房、2009年刊、11年1月読破

<「BOOK」データベースより>
刑務所から出所したばかりの大男、へら鹿(ムース)マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探しに黒人街の酒場にやってきた。しかし、そこで激情に駆られ殺人を犯してしまう。偶然、現場に居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらましたマロイと女を探して紫煙たちこめる夜の酒場をさまよう。狂おしいほど一途な愛を待ち受ける哀しい結末とは?読書界に旋風を巻き起こした『ロング・グッドバイ』につづき、チャンドラーの代表作『さらば愛しき女よ』を村上春樹が新訳した話題作。

<大使寸評>
映画『チャイナタウン』が、パクリとは言わないまでも、この本をを下敷きにしていることが良くわかります。ただ、フィリップ・マーロウは、エロ話で盛り上がるジェイク・ギテスよりは上品ですね(笑)

Amazonさよなら、愛しい人


レイモンド・チャンドラーといえば、村上春樹のロング・グッドバイも良かった。


【ロング・グッドバイ】
ロング・グッドバイ

レイモンド・チャンドラー著、早川書房、2007年刊、2009年5月6日読破

<「BOOK」データベースより>
私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた…大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞受賞作。

<大使寸評>
ミステリーというジャンルに初めて手を出したのは、フィリップ・マーロウの魅力もあるが、村上春樹訳に惹かれたからでもある。
翻訳本は翻訳者の創作とも言われるように、翻訳者の能力、感性が作用するようですが、村上訳は原本に忠実と言われているようです。(原本を読んだわけでは、ありませんが)
Amazonロング・グッドバイ


リドリー・スコットも「未来のフィリップ・マーロウ」というアイデアに執着したようですね。
ところで、村上春樹は未来のフィリップ・マーロウともいえる『ブレードランナー』のデッカードについて、どう思っているんでしょうね。(調べてみます。)


フィリップ・マーロウがつなぐ輪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント