アカデミー賞受賞の『パラサイト 半地下の家族』を観た

アカデミー賞受賞の『パラサイト 半地下の家族』を観たいということで、観る前に個人的予告を作ってみたのです・・・・

これだけ準備して、劇場に足を運ぶことになったのです♪

【パラサイト 半地下の家族】


ポン・ジュノ監督、韓国2019年制作、2020.2.22鑑賞

<movie.walker解説>より
第72回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルムドールを受賞した、「オクジャ/okja」のポン・ジュノ監督によるブラックコメディ。全員失業中で半地下の部屋に暮らす貧しいキム一家の息子ギウは、友人の代理で高台に住む裕福な家の家庭教師を務めることになり……。仕事がなくても楽観的な父を「タクシー運転手 約束は海を越えて」のソン・ガンホが演じる。第92回アカデミー賞国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)、脚本賞、監督賞、作品賞の4冠を韓国映画として初受賞。

<見る前の大使寸評>
韓国では、映画撮影場所がネット用自撮りスポットになっているようで興味深いのでおます。

movie.walkerパラサイト 半地下の家族
『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト


事前に入手したパンフレットには、有名人のコメントが見られます。

【李相日】
笑いながら観ていたはずが、気づけば背筋が凍る衝撃に慄いてしまう。
暗闇を目隠しで疾走するごとく巡る興奮と刺激の奥底に、社会の不浄さ、人間の滑稽さを教訓などで語らずして優雅に描き切るその腕力にただひれ伏す。

【是枝裕和】
「見ろ!」としか言えないし、「面白い!」としか言いようがない。だから、とにかく見て欲しい。


ネットをめぐると、次のような記事がありました。

2020/02/10崖下の半地下に潜む貧困 映画「パラサイト」が描く韓国より
ソン・ソングンさんが暮らす半地下

 昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が9日(日本時間10日)、米アカデミー賞の作品賞や国際映画賞(旧・外国語映画賞)などを獲得した。日本でも全国で公開中だ。物語で描かれた現地の住宅を訪ねると、韓国が抱える格差と社会の歩みが垣間見えた。(ソウル=清水大輔)

■浴室なし 雨降れば浸水
 ソウル南部の冠岳区三聖洞。高層マンションが立つ小高い丘の崖下に、3階建ての集合住宅が並んでいた。1階部分は空間のおよそ半分が地面より低い半地下の部屋になっており、雨が降ると屋内が水浸しになるところもある。

 年金暮らしのソン・ソングンさん(82)は玄関から階段を七つ下りた部屋に、約30年前から住む。約30平方メートルの2DKに浴室はない。道路側にある窓は下枠部分がちょうど地面と同じ高さで、室内は日中も薄暗い。「空気もよくないし、好きで住むわけがない。金がないんだ」

 かつては日雇い工として月200万ウォン(1ウォン=0・09円、約18万円)を稼ぐこともあったが、今は月約15万ウォンの年金が頼りだ。妻が病気で入院しており、月約300万ウォンの治療費を、別居する子供5人と協力して工面する。生活は苦しく、たまに行くサウナと「風にあたるのが楽しみ」という。

 近くの不動産業者によると、一帯に住む約1千世帯のうち、200世帯ほどが半地下住宅や、朽ちかけた戸建て住宅で暮らす。住人には高齢者や職のない独居の人が多いという。

 韓国の賃貸住宅では、入居者が毎月の家賃を払う代わりに家主にまとまった「保証金」を預け、退去時に全額を返してもらう制度がある。家主は入居者の保証金を運用して利益を上げる。ソンさんが払った当時の保証金は3千万ウォン。単純に比較はできないが、近くの高層マンションが約2億ウォンなのを見ても、破格の安さだったのは間違いない。


2020/02/23「貧民のレッテルを貼るのか」…『映画『パラサイト』で観光地化にアヒョン洞住民らため息なんてのもありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント