『オランダの文豪が見た大正の日本』5

<『オランダの文豪が見た大正の日本』5> 図書館で『オランダの文豪が見た大正の日本』という本を手にしたのです。 おお この本のタイトルからして、超級レア物やおまへんか♪ 【オランダの文豪が見た大正の日本】 ルイ・クペールス著、作品社、2019年刊 <「BOOK」データベース>より 長崎から神戸、京都…
コメント:0

続きを読むread more

縄文人の世界R9

<縄文人の世界R9> 図書館で借りた『縄文の思考』という新書を読んだところです。 これまで読んだ本、テレビ番組などを以下に並べてみるが・・・ 縄文人の世界がおぼろげながら見えてくる気がします。 ・『(耕論)縄文、若者もハマる』(2019年デジタル朝日) ・縄文人はどう生きたか。(Discover Japan 9月号)(2…
コメント:0

続きを読むread more

『一切なりゆき』1

図書館に予約していた『一切なりゆき』という本を、待つこと約10ヶ月でゲットしたのです。 ベストセラー本を予約すると、こうなるのか・・・ぱらぱらとめくってみると、生きる知恵が溢れています。 【一切なりゆき】 樹木希林著、文藝春秋、2019年刊 <「BOOK」データベース>より 「求めすぎない。欲なんてきりなく…
コメント:0

続きを読むread more