『オランダの文豪が見た大正の日本』4

<『オランダの文豪が見た大正の日本』4>
図書館で『オランダの文豪が見た大正の日本』という本を手にしたのです。
おお この本のタイトルからして、超級レア物やおまへんか♪



【オランダの文豪が見た大正の日本】


ルイ・クペールス著、作品社、2019年刊

<「BOOK」データベース>より
長崎から神戸、京都、箱根、東京、そして日光へ。東洋文化への深い理解と、美しきもの、弱きものへの慈しみの眼差しを湛えた、ときに厳しくも温かい、五か月間の日本紀行。写真70点収録!

<読む前の大使寸評>
この本のタイトルからして、超級レア物やおまへんか♪

rakutenオランダの文豪が見た大正の日本


「第12章 病床」で日本と中国を、見てみましょう。
p132~135 
<日本の国民>
 わたしは、しずかに横臥している。叫ぶことも、人を呼ぶことも、呼び鈴を鳴らすこともしない。人は、苦しみにも痛みにも、何事にも慣れるものなのだ。目からいくら大粒の涙が流れ出ようと、というのも、これは拷問なのだ、今ではもう普通のことになってしまった、静かな拷問だ。わたしは静かに身を横たえる。そして考える。日本の国民のことを。

 さまざまな思いがわたしの中に押し寄せる。思うに、この国民は屈強で活力にあふれているが、粗野である。東洋の洗練されたものが、西洋に追従する中で失われてしまっている。ある国民が自分を失われずにいられるのは幸せなことなのだ。日本の民はそうしなかった。雑種になってしまったのだ。東洋と西洋との両生類になってしまったのだ。もしかしたら、先を見越して、そこに生命線を見出したと思っているのかもしれないが、そう思っているのだとすれば、それこそ、最低の物質主義なのだ。

 日本人は、永遠に模倣者であり、輸入者である。その文明のすべては、何世紀も何世紀も前から、栄えある知識人の国、中国より輸入したものだ。中国の文明に目を向け、追随したことは、もとより高く評価できるが、そこに毛ほどの独自性をつけ加えることはなかった。

 日本人の起源はいまなお不思議な秘密に満ちている。そこには、アイヌやポリネシア人が関わっている。住居や衣服についても、その起源は謎である。中国的でも韓国的でもないのだ。その両者、家屋と着物は、日本の文明の中で、なかなか解明できない要素なのだ。とても多くの日本人が猿に似ていることも非常に目につく。決して不快な言い草をしようと思って言っているのではない。何人も注意してみれば、まぎれもない事実だということにすぐ気づくだろう。

 皇子であろうが、公爵であろうが、客室係のボーイと同じように、類人猿のタイプである。ひじょうに不細工なのだ、男たちが。客室係のボーイというのが、実にいいやつなのだが、部屋の窓を掃除する時、そこに登り、窓枠に指やつま先をひっかける。わたしは転がり落ちやしないかと気が気ではないのだが、まるで猿のように平気なのだ。

 もったいぶった日本人が、大好きなフロックコートとシルクハットを身につけた姿は滑稽至極で、まさに着飾った猿である。このような侮辱的な言葉を用いるのは大人げないかもしれないが、まさにそのとおりで、否定するものはいないだろう。

<模倣者>
 彼らは、類人猿の模倣者なのだ。まず、視野に入った高貴な中国の文化をすべて模倣し、そして、西洋を摸倣したなだ。後者は彼らの破滅の元になるであろう。どの民族もその出自を否定することはできないのだ。オランダの農民が、日本人の農民のように、着物を着て、藁で編んだ蓑をまとい、キノコそっくりな蓑笠をあぶったりして、日本や中国やジャワの農具を用い、土地を耕そうものなら、たちまち立ちゆかなくなってしまうだろう。(中略)

 わたしには日本に将来があるとは思われない。アメリカ人たちは(わたしは好感を持っていないが)彼ら民族の掟に基づく法に従って暮らしている。彼らは遠からず(個人的にわたしの最も忌むところだが)この世界、金塊とビジネスの忌むべい世界の強国となるであろう。模倣者の日本人は、そのアメリカの真正さ、独自性に決して対抗することはできないだろう。この民族は、盆栽のように、日本の庭師の技によって手入れされることがなくなってしまうならば、将来、枯れ死にしてしまうだろう。

ウーム 過激なご意見である。模倣者という日本評と過大評価の中国が見られるが・・・アメリカ勝利の予感は当たりましたね。

『オランダの文豪が見た大正の日本』3:日本の歴史
『オランダの文豪が見た大正の日本』2:第1章 長崎
『オランダの文豪が見た大正の日本』1:序章 中国

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント