映画パンフリストR1

<映画パンフリストR1>
古本屋で買い足したこの際、手持ちの映画パンフレットのリストを作ってみたのです。(ATG作品を除く)
ざっと見渡したところ・・・・戦争映画が多いようですね。

なお、近年は極力、ハリウッド作品を抑えておるところです(笑)

ロレンス

R1:『ブレードランナー2049』、『ラストエンペラー』を追加
**********************************************************************
【日本映画】
・あひるのうたがきこえてくるよ(1993年)
・Shall weダンス?(1996年)
・もののけ姫(1997年)
・千と千尋の神隠し(2001年)
・たそがれ清兵衛(2002年)

【アメリカ映画】
・スター・ウォーズ(1977年)
・太陽の帝国(1987年)
・ブラック・レイン(1989年)
・ダンス・ウィズ・ウルブス(1990年)
・スターゲイト(1994年)
・ウォーターワールド(1995年)
・エイリアン4(1997年)
・プライベート・ライアン(1998年)
・スター・ウォーズエピソード1(1999年)
・U-571(2000年)
・ラスト・サムライ(2003年)
・アレキサンダー(2004年)
・父親たちの星条旗(2006年)
・硫黄島からの手紙(2006年)
・FURY(2014年)
・ブレードランナー2049(2017年)

【ヨーロッパ映画】
・アラビアのロレンス(1962年英)
・遠すぎた橋(1977年英)
・Uボート(1981年独)
・ラストエンペラー(1988年伊)
・真珠の耳飾りの少女(2002年英)
・戦場のピアニスト(2002年ポーランド、仏)
・ナイロビの蜂(2005年英)
・サンジャックへの道(2006年仏)
・onceダブリンの街角で(2006年アイルランド)
・エディット・ピアフ愛の賛歌(2007年仏、英、チェコ)

【その他】
・ブラザーフッド(2004年韓国)
・牛の鈴音(2008年韓国)
**********************************************************************

【ブレードランナー 2049】


ドゥニ・ビルヌーブ監督、松竹、ソニーピクチャー、2017年刊


<商品の説明>より
リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF「ブレードランナー」から、35年の時を経て生み出された続編。スコット監督は製作総指揮を務め、「メッセージ」「ボーダーライン」などで注目を集めるカナダ出身の俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督が新たにメガホンをとる。脚本は、前作も手がけたハンプトン・ファンチャーと、「LOGAN ローガン」「エイリアン コヴェナント」のマイケル・グリーン。

<大使寸評>
このパンフレットは劇場で700円くらいで買ったのだが、今のアマゾン価格は1800円となっています。
・・・でも、売る気はないで!

amazonブレードランナー 2049



【ラストエンペラー】


ベルナルド・ベルトルッチ監督、1987年イタリア・中国制作

<商品の説明>より
映画パンフレット「ラスト・エンペラー」(1988年刊)、出演 ジョン・ローン/坂本龍一/ジョアン・チェン/ピーター・オトゥール/高松英郎/立花ハジメ

<大使寸評>
新開地の古書店で、このパンフレットを300円で買ったのだが・・・
定価500円だからリーズナブルなんでしょうね。

amazonラストエンペラー


『FURY』もおまけでつけときます。

【フューリー FURY】


デヴィッド・エアー監督、東宝・映像事業部、2014年刊

<商品の説明>より
 1945年、第二次世界大戦下。連合軍がドイツに侵攻を進める中、【激しい怒り】を意味する"フューリー"と名付けられたシャーマン戦車に乗る、5人の兵士たちがいた。繰り返される戦闘の果て、300人ものドイツ軍に包囲された彼らは、無謀にも立ち向かう決意をする。
 一瞬一瞬に命を懸けた極限状況の中、彼らは何に“怒り”を抱き、戦い続けたのか―。何故、死をも意味する戦いに自ら挑んだのか―。そして、彼らの覚悟の果てに待つ運命とは―。第二次世界大戦70周年目を目前にした今、世界を超えて心に深く訴える熱い感動ドラマが誕生した。

<大使寸評>
映画パンフはアマゾンでは在庫切れになっています。

amazonフューリー FURY

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック