『ドローイングの教室』2

<『ドローイングの教室』2>
図書館で『ドローイングの教室』という本を、手にしたのです。
暇な大使は、かねてより水彩画を始めようとして、必用な画材を取り揃えているのだが、なかなか踏ん切りがつかないのです。・・・で、この本を読んで腰をあげようという目論みでおます。



【ドローイングの教室】


カーラ・ソンハイム著、ボーンデジタル、2013年刊

<商品の説明>より
お絵かきの楽しさを再発見!
小さな教室をめぐるように、1週間に1つずつラボをこなしていけば、1年間かけてじっくりと52個のドローイング(お絵かき)課題に取り組めます。

<読む前の大使寸評>
暇な大使は、かねてより水彩画を始めようとして、必用な画材を取り揃えているのだが、なかなか踏ん切りがつかないのです。・・・で、この本を読んで腰をあげようという目論みでおます。

amazonドローイングの教室



一見、子供の絵のようなクレーの絵ではあるが、誰でも描けるわけではない。
及ばずながらも、クレー風なテクニックを、見てみましょう。
p62~63
<21 クレー風の転写画>
 パウル・クレーが考案したテクニックは、鉛筆を使って紙に黒の油彩絵の具を転写することによって、表情豊かな線を作り出すというものです。その独特な風合いを持つ線は、次に紹介する2つの転写テクニックで再現できます。

■カーボン紙を用いた転写方法
1.水彩紙の上に、カーボン紙をインク面を下にして置きます。

2.爪を使って(代わりになるものでもよい)、カーボン紙の上に直接線画を描きます。

3.作業中は描いている結果がほとんど見えませんが、重なってしまった線や「間違い」も作品のアクセントになります。

4.水彩絵の具、色鉛筆、または好みの画材で彩色します。

■アクリル絵の具とハンドローラーを用いた転写方法
(省略)

■クレーについて
 1879年にスイスで生れた画家、パウル・クレーは、分類の難しい画家です。彼の極めて個人的な作品は、表現主義、キュービズム、シュルレアリスム、さらには子供の作品からも影響を受けています。


『ドローイングの教室』1:「はじめに」から

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック