『壊れた地球儀の直し方』4

<『壊れた地球儀の直し方』4>
図書館で『壊れた地球儀の直し方』という本を、手にしたのです。
政治家やジャーナリストが公言できないようなことを、青山さんは腑分けして目の前にさらしてくれる感があるでぇ。


【壊れた地球儀の直し方】


青山繁晴著、扶桑社、2016年刊

<「BOOK」データベース>より
アメリカもEUも中国も壊れていく。世界大戦の敗者の出番が来た。それは、ぼくらだ。さぁ、何からやろうか。幻の名著が新書で待望の復刊!

<読む前の大使寸評>
政治家やジャーナリストが公言できないようなことを、青山さんは腑分けして目の前にさらしてくれる感があるでぇ。

rakuten壊れた地球儀の直し方


自民党政権がテロリストとの戦争を始めた頃を、見てみましょう。
p90~93
<北朝鮮崩壊後に誕生する「反日連邦」に備えよ>
 2003年11月29日朝、ここまで執筆したところで、イラクとアメリカへの出発まで、あとちょうど1時間になった。

 わたしの思いは、自分を離れて自衛官たちの姿に移っている。わたしは共同通信の記者をおよそ19年、務めてから、三菱総合研究所に移り4年3ヶ月を研究員として過ごした。その時代から、テロリストの手を国民に触らせない仕事に一緒に取り組んでいる自衛隊将校のうち、ひとりは地下鉄サリン事件のときに化学テロ対策部隊を率いて地下へ最初に入った経験も活かして、イラクへ派遣されることが決まっている。
 ひとりは、陸上幕僚監部に泊り込み、ほとんど家族の元へ帰らずにイラク派遣の計画と作戦を練っては壊し、壊しては練っている。

 自衛隊は、宮澤内閣でカンボジアに派遣されたのを皮切りに、これまでも海外派遣を重ねてきた。しかしそれは全て、国連の平和維持活動(PKO)のためであり、戦火の果てに生れた平和を維持するという任務の通り、派遣地はもはや戦地ではなかった。

 戦場へ日本の兵士が往くのは、敗戦後およそ60年を経て初めてのことだ。
 小泉純一郎総理は「自衛隊の行くところは戦場じゃない」と愚かにして自己満足だけがあふれる国会答弁をしているが、まごうことなき戦場だ。

 自衛隊は、戦闘が任務ではない。しかい自らを護るために戦闘となる可能性がる。自衛官がブーツをチグリス川、ユーフラテス川のかつての肥沃な大地に踏み降ろした瞬間が、日本の歴史を変えるときであることは間違いない。

 そして、新しいネットワーク型の世界組織を持つ古いイスラーム原理主義者たち、「アルカーイダ」をはじめテロリストたちは、その瞬間が東京へのテロ攻撃の始まりであると警告している。
(中略)

 日本の政府関係者、そして海外の公的な関係者の情報や見方を総合すると、10人以上20人未満ほどのアルカーイダ・メンバーを含むテロリストないしシンパが日本に入ってくる怖れが高い。
 その一方で、アルカーイダとも連携している北朝鮮に対しては、アメリカのブッシュ政権が「北朝鮮の安全を文書で保証しても良い」と公式に言い始めている。

「イラクに大量破壊兵器がなくとも、民主主義がないから戦争を継続する」と主張するアメリカが、人口の1割5分以上を餓死させつつ豪奢に暮らす北朝鮮の独裁者を守ってやっても良いと言っている。

 もちろん、独裁者が核開発を完璧に断念することがその条件だ。「断念しました」と宣言するだけでは済まず、北朝鮮の全土を自由に査察させることもその条件に入っている。これがもし実現するのなら、北朝鮮がすでに保有していることが間違いない細菌兵器、毒ガス兵器もアメリカが見つけ、無力化することになる。
(中略)

 わたしたち日本の主権者は今こそ、自分たちの目と耳でこの錯綜する現実に立ち向かいたい。

この本の刊行時(2016年6月)、まだトランプ大統領は現れていなかったが・・・
何をするか予測がつかないトランプ大統領は、中間選挙前にどんなカードを切ってくるのでしょうね?


『壊れた地球儀の直し方』3:米朝戦争シミュレーションp249~260
『壊れた地球儀の直し方』2:なぜ胡錦濤は国家主席になれたのかp208~212
『壊れた地球儀の直し方』1:日本の警察には担当大臣がいないp45~49

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック