『日本夢 ジャパンドリーム』4

<『日本夢 ジャパンドリーム』4>
図書館で『日本夢 ジャパンドリーム』という本を、手にしたのです。
中国夢に対しては、日本夢というのが、ええでぇ♪
・・・覇権国家ともいえる中国に対しては、どうしてもナショナリズムに振れる大使である。


【日本夢 ジャパンドリーム】


劉明福, 加藤嘉一著、晶文社、2018年刊

<出版社>より
中国人民解放軍国防大学教授/上級大佐である劉明福は、中国国内でベストセラーとなった『中国夢』の著者であり、その主張は、習近平国家主席が掲げる指導思想・国家目標「チャイナドリーム」の土台になったと言われる。その劉大佐が突きつけた痛烈な問い、「日本に夢はあるのか?」。中国の指導者層は、日本を、アメリカを、世界をどう見ているのか。日本人青年と人民解放軍将校が繰り広げる、日米中3国の未来をめぐっての激論の記録。

<読む前の大使寸評>
中国夢に対しては、日本夢というのが、ええでぇ♪
・・・覇権国家ともいえる中国に対しては、どうしてもナショナリズムに振れる大使である。

rakuten日本夢 ジャパンドリーム


第9章で、日本夢について、見てみましょう。(続き)
p235~237
<日本人にはいくつの、どんな夢があるのか?>
劉:夢こそが国家を造るのです。明治維新の時代に生きた日本人は“脱亜入欧”というジャパンドリームを掲げアジアで最初の近代化国家、近代日本を造り上げました。“大東亜共栄圏”というジャパンドリームは軍国主義の日本を造り上げました。戦後、韜光養晦のジャパンドリームは経済が急速に発展する日本を造り上げました。

 今日における日本の若年層にとってのジャパンドリームは、伝統日本を超越した新型日本であるべきです。日本の若者世代にはこれまでよりも若くて新しい夢が生まれているはずです。私は、新しいジャパンドリーム、新しい世代のジャパンドリーム、21世紀型のジャパンドリームが現在進行形で醸成されており、遠くない未来に“新型日本”が造り上げられると固く信じているのです。

加藤:全く同意します。日本の若者世代には自らの声と夢が必用です。私は同年代の社会学者である古市憲寿さんと一緒に『頼れない国でどう生きようか』(PHP新書)という本を出版したことがあります。当時、私たち2人が伝えたかったこととは、国家が何を言おうが、国家がどれだけ頼りなかろうが、私たちの世代は自らの目標と夢を持って走り続けようというものでした。

 国家に戦略がないとからといって自分に戦略がないことがあってはならない。国家に思想がないとからといって自分に思想がないことがあってはならない。よりはっきりと言えば、国家に夢がないからこそ私たちの世代は夢を持たなければならない。国家に希望がなければないほど私たちは希望を待たなければならない。私たちの世代の努力と奮闘をもってこの国に希望と夢を与えるくらいの気概と行動が必要だと感じていますし、多くの同世代が実際に同じ思いを持っています。

 実際に、高度経済成長期やバブル期においてこの国を支えてきた先輩たちは、私たちの世代よりも断然強くてしなやかな信念と行動で日々を過ごしていたのだと思います。グローバル化、情報化、多様化する時代に、国民一人一人が独立した思想、行動、夢を持つことで、日本は初めて健全に、安定的に発展していくのだと思っています。

劉:日本は米国の管理下にある“半独立”、“半自主”国家です。日本はまた財閥の力量が巨大な“半民主”、“半金主”国家でもあります。そんな日本における発言者・発言力・発言権の問題に私は関心があります。一体誰がジャパンドリームに対して最大の発言力・発言権を持っているのでしょうか? 政治家、思想家、企業家、有権者、或いは米国側でしょうか? この五者の間の関係性はどのようなもので、ジャパンドリームをどう見積りますか?

加藤:非常に率直でストレートなご指摘ありがとうございます。劉大佐が提起された“半独立”・“半自主”・“半民主”・“半金主”という言葉或いは概念に関して、日本の政治家や官僚の多くは少なくとも公には承認しないでしょう。ただ、官民を問わず、多くの日本国民が内心そのように感じており、フラストレーションを溜め込んでいるものと想像します。
 劉大佐がご指摘になった五つのプレイヤーに関して、私の個人的な感想としては、思想界が弱いという以外には、政治家、思想家、企業家、有権者、米国側の間には相関性が見られ、かつ均衡状態にあるような気がします。
(中略)

 戦後日本はどうしてエネエルギーを経済の発展に集中させ、奇跡的な復興を遂げることができたのか。それは相当程度において米国の核の傘と切っても切り離せないのです。日米安全保障条約という枠組みの中で上記の事柄は初めて現実的に可能になったのです。米国の影響力が日本政治・経済社会に隅々にまで“浸透”してきたのは当然の過程であり、帰結だったのです。

ウン イラチな大使はさっそく『頼れない国でどう生きようか』という本を図書館に借出し予約したのです。
・・・それにしても、この加藤嘉一という人は、かなりの論客やでぇ♪

『日本夢 ジャパンドリーム』3:日本夢について(続き)
『日本夢 ジャパンドリーム』2:日本夢について
『日本夢 ジャパンドリーム』1:“中国時代”はなぜ“米国世紀”を淘汰するのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック