NHKスペシャル『追跡 パラダイスペーパー』

<NHKスペシャル『追跡 パラダイスペーパー』>
昨夜(23日)のNHKスペシャル『追跡 パラダイスペーパー』再放送を観たのだが、興味深い内容であった。


2017.11.23追跡 パラダイスペーパーより
パラダイス

 11月上旬、世界に衝撃が走った。アメリカのウィルバー・ロス商務長官による新たなロシア疑惑、F1界のスーパースター、ルイス・ハミルトンによる巨額の税逃れの疑惑。世界各国の指導者や富裕層が、不透明な資産運用や税逃れを行っている実態が浮かび上がってきたのだ。きっかけとなったのは、「パラダイスペーパー」と名付けられた文書。

 バミューダ諸島の法律事務所などから流出した膨大な内部資料で、去年「パナマ文書」報道を手がけたICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が新たに入手した。NHKはパラダイスペーパーを各国のメディアと共同で分析。一握りの権力者や富裕層たちが、国境をまたいで税率の低いタックスヘイブンに金を動かし、払うべき税金を逃たり巧妙に資産を隠したりする現実が見えてきた。

 楽園と呼ばれる島々から流出した権力者たちの不都合な真実。パラダイスペーパーを徹底追跡する。


タックスヘイブンといえば、バミューダ諸島が知られているが・・・
昨今では、別の地域で、手口がさらに巧妙になって登場した。

イギリス近海のマン島に、税金逃れのペーパーカンパニーが乱立している。
マン島がタックスヘイブンに利用されているわけだが…
税金逃れの疑惑が追及されると、また別のタックスヘイブンに逃げてゆく。

イタチゴッコであるが、ICIJのようなメディアが、もぐら叩きのように叩き続けるしかないようです。

11/17のNHK報道を見てみましょう。

2017.11.17パラダイスペーパー 2万5000社のデータ公開より
 タックスヘイブン=租税回避地に関する新たな流出文書「パラダイスペーパー」の分析を進めている「ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合」は17日夜、タックスヘイブンにある法人およそ2万5000社の所有者や株主の名前などをホームページで公開しました。

「パラダイスペーパー」は、北大西洋のバミューダを拠点とする法律事務所などから流出した膨大な量の内部文書で、ドイツの南ドイツ新聞が入手し、ICIJがNHKを含む世界67か国の報道機関や記者と連携して分析を進めています。

 ICIJはこれまでの分析で判明したタックスヘイブンなどに設立された法人およそ2万5000社に関する情報を、日本時間の17日午後10時にホームページで公開しました。

 公開したのは、バミューダの法律事務所「アップルビー」が設立に関わった法人の役員や実質的な株主の名前や住所などです。日本に関係する個人や企業の名前も1000件余り含まれていて、これまでの分析では、その多くは海外事業を展開するためにタックスヘイブンに子会社を設立している大企業とその社員と見られます。

 こうした法人に関する基礎的な情報は多くの国では法人登記などに記載され、一般に公開されていますが、タックスヘイブンでは秘匿されることも多く、税逃れなど不正の温床になっていると国際的に批判されていることから、ICIJは情報を公開することの公益性は高いとしています。

世界の120人超 タックスヘイブンとのつながり判明
 ICIJは「パラダイスペーパー」の分析によって、120人を超える世界各国の首脳や指導者、その関係者とタックスヘイブンとのつながりが判明したとしています。

 このうち、アメリカではトランプ政権のロス商務長官が実質的に出資する海運会社が、ロシアのプーチン大統領の親族らが役員を務めるエネルギー関連企業との取り引きで、日本円で77億円の収入を得ていることがわかりました。このロシア企業の役員にはアメリカの経済制裁の対象になっているロシア人の富豪もいて、トランプ政権がいわゆるロシア疑惑に揺れる中、議論を呼んでいます。

 カナダではトルドー首相の顧問で、親友でもあるスティーブン・ブロンフマン氏が巨額の資金を運用していたことがわかりました。資金は一時、数千万ドル(数十億円)規模に上っていました。ICIJはブロンフマン氏が税金がかからない融資の形に装って、資金を移してカナダでの課税を逃れた可能性があると指摘しています。ブロンフマン氏は取材に対し、「税逃れのためではなく合法的なものだ」と答えています。

 イギリスではエリザベス女王が2005年に、「王族公領」と呼ばれる個人資産から750万ドル、現在の日本円で8億5000万円余りをケイマン諸島のファンドに投資し、3年後に36万ドル(およそ4000万円)の配当を受けたことがわかりました。女王の広報担当者はケイマン諸島への投資を認めたうえで、「女王は受け取った収入に対し自主的に税金を支払っている」と説明しています。

 F1界のスーパースターのイギリス人のレーサールイス・ハミルトン氏は、イギリス王室の属領、マン島の会社を通じてジェット機を所有していますが、リース事業にすることで消費税を免れる制度を悪用していた疑惑を、イギリスの有力紙ガーディアンやBBCが報じました。ハミルトン氏は「弁護士に確認したところ違法性はないものだと返答があった」とコメントしています。

 日本の政治家では鳩山由紀夫元総理大臣が、香港を拠点にするエネルギー会社の名誉会長を務めていたことがわかりました。この会社は北大西洋のバミューダに登記されていますが、鳩山元総理は「タックスヘイブンに登記されているとは知らなかった。報酬は適切に税務申告しています」とコメントしています。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック