『紅蓮亭の狂女』1

<『紅蓮亭の狂女』1>
図書館で『紅蓮亭の狂女』という本を、手にしたのです。
清国皇帝一族に接近した軍事探偵ってか…
軍事探偵というのは007のようなものなので期待できるかも♪


【紅蓮亭の狂女】
狂人

陳舜臣著、毎日新聞社、1994年刊

<「BOOK」データベース>より
清国皇帝一族に接近した軍事探偵が体験する魔訶不思議の世界―表題作ほか、文学者・郁達夫の死の謎に迫まる「スマトラに沈む」など六篇。

<読む前の大使寸評>
清国皇帝一族に接近した軍事探偵ってか…
軍事探偵というのは007のようなものなので期待できるかも♪

amazon紅蓮亭の狂女


「紅蓮亭の狂女」冒頭の語り口を、見てみましょう。
p3~5
<紅蓮亭の狂女一> 
 明治18年。…清国では光緒11年の早春。
 京城事件をめぐって、清国と日本の関係が緊張していたころである。ときの駐清国日本公使は榎本武揚だった。近く本国から全権大使伊藤博文の一行が北京にのりこみ、談判にあたるというので、榎本公使はあらかじめ清国がわの意向をさぐるために、いろいろと情報を集めていた。

 清国の外交は、一応、総理衛門の管轄となっているが、宮廷関係者の発言力もつよく、内情は複雑をきわめている。

 古川恒造は、商況視察のため北京滞在ということになっているが、じつは榎本公使の密偵の一人であった。彼はおもに宮廷関係の情報をさぐるように命じられていた。
 資金はたっぷりもらっていた。顕門に近づくには、金がかかるのである。

 李という宦官の弟を通じて、めぼしい皇族や貴族たちに、日本からとりよせた蒔絵や金銀細工などを献上してあった。

 「十刹海の貝勒さまが、近いうちに会ってもよいと申されました」
 と、李が報告にきた。
 「十刹海か…」
 古川はすこし失望した。
 何人かの皇族に餌をまいてあったが、まっさきにかかったのは、あまり役に立ちそうもない人物だった。

 親王の子を『貝勒』という。遊牧時代の満州族の部族長を意味することばで、いまでは一種の爵位となっている。北海公園の北にあって、蓮で名高い十刹海のほとりに住む貝勒といえば、恭親王の長男、載チェンのことなのだ。

 恭親王はときの皇帝光緒帝の父の実兄だから、十刹海の貝勒は現皇帝の従兄弟にあたる。清朝の皇族は、その名で世代や血縁の親疎がわあるようになっている。名前は二字だが、上の字は康熙帝のつぎの世代から、
 弁―弘―永―綿―〇―載―〇―〇―恒
 の順でつけて行く。

 そして下の字は、近いグループの者たちは扁や旁をおなじくする。
 光緒帝の名は載チェン。
 十刹海の貝勒は、現皇帝とおなじ『載』の字をいただき、しかもおなじサンズイ扁を第二字にもつ。数多い宋室関係者のなかでも、とくに皇帝と近い間柄にある。

 しかし、諜報活動の対象としては、皇帝と血のつながりが濃いというだけでは、かならずしも価値があるとはかぎらない。
 
 載チェンは素行が悪いことで有名な貝勒であった。熱中するところは、もっぱら遊蕩にあって、政治についてはさっぱり関心をもっていないという。そんな人物から、宮廷内における対日政策の動向といったものをきけるだろうか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック