ヨーロッパの景観

<ヨーロッパの景観・・・2本立て館>
前回(11/7)に続いて、くだんの2本立て館に繰り出したが・・・・
今回の出し物は「孤独のススメ」と「プロヴァンスの休日」であり、館主の設けたテーマは「離れても家族」となっています。

毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているのですが、今回のテーマとしてはピリッとしていません。
確かに、家族愛を描いた2作品ではあるが・・・
大使はどうしても「ヨーロッパの景観」が気になったわけでおます。


【孤独のススメ】
孤独

ディーデリク・エビンゲ監督、2013年、蘭制作、H28.11.18観賞

<Movie Walker作品情報>より
ロッテルダム国際映画祭観客賞を始め、世界各国の映画祭で数々の賞に輝いた作品。田舎町で1人静かに暮らす初老の男性の前に、奇妙な男が現われ共同生活を始めたことから人生が変わってゆく。監督のディーデリク・エビンゲは本作で長編デビュー。出演はオランダで活躍し、演技力に定評のあるトン・カス、ルネ・ファント・ホフ。

<大使寸評>
冒頭で田舎道を走るバスのシーンが出てくるが・・・
定規で書いたような人工的な畑の風景は、最もオランダを表しているんだろう。

事故で脳障害をうけた男は子どものように家畜を愛でるが・・・・
その無垢な姿を見たフレッドは、彼との共同生活を始めたのです。

それにしても、整然としたオランダの街並みの違和感には、息がつまりそうです。
オランダ人で老後の心配をする人は0.5%となっているそうで・・・・
日本とは対照的な国なんでしょうね。

Movie Walker孤独のススメ


この映画館では毎回、幕間にお昼の弁当を食べるのだが・・・・
今回もダイエーで買ったサンドウィッチでした♪

【プロヴァンスの休日】
プロヴァンス

ローズ・ボッシュ監督、2014年、仏制作、H28.11.18観賞

<Movie Walkerストーリー>より
レア、アドリアン、テオ(ルーカス・ペリシエ)の3きょうだいは、母との間に確執があったためこれまで疎遠だった祖父ポール(ジャン・レノ)に会いに、南フランスのプロヴァンスを訪れる。初めて対面したポールは頑固で近寄りがたかったが、生来聴覚に障害があるテオが懐いていくにつれ、きょうだいとポールは次第に馴染んでいく。そんな中、アドリアンがSNSにポールを登録したことから、ポールのかつてのバイク仲間が現れる。

<大使寸評>
ポールが集めたバイク仲間は陽気で気のいい仲間なんだが・・・歌うオールディーズが英語の歌ばっかりで、反米の大使としてはいただけないのです。

なんでフランス人が英語の歌なんかを!
それよりも、シロッコの吹きすさぶオリーブ園とか、カマルグの中を駆ける馬群などが、いかにも南仏という感じで・・・ええでぇ♪

Movie Walkerプロヴァンスの休日


どこに居ようと家族愛に変わりはないが・・・
この2作品では、違和感とか景観のほうが気になったのです。
・・・と、大使の評価はいまいちなんだけど、あくまでも個人的感想なんで。

パルシネマ上映スケジュール
2本立て館で観た映画

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック