再発・転移する元凶「がん幹細胞」が見つかった

<再発・転移する元凶「がん幹細胞」が見つかった>
19日のNHKクローズアップ現代が「がん幹細胞」を扱っていました。
がんが再発・転移する元凶「がん幹細胞」が見つかったそうですね♪
これは3ヶ月に一度、病院で検査し、早期発見に努めている大使にとっても、明るいニュースでした。


9/19がん“根治”の時代は来るか~“がん幹細胞”研究最前線~より
細胞

「5年生存率は20年後に80%になるかもしれない。がん幹細胞の発見は大きく寄与するはずだ。」(国立がん研究センター研究所長)。いま、がん幹細胞と呼ばれる特殊な細胞の発見によって、がん治療が大きく変わろうとしている。がん幹細胞とは、あたかも“女王蜂”のように、がん細胞を次々と生み出し腫瘍をつくる、親玉的な細胞だ。しかも、がん幹細胞には抗がん剤が効かない。一度は治ったと思ったのに再発や転移が起きる、その原因もこのがん幹細胞にあるのではないかと言われ始めている。しかし今、最新の研究によってその弱点が明らかになりつつある。4月には、国立がん研究センターで実際の患者を対象にした臨床研究が始まるなど、がん幹細胞をたたく研究が進み始めている。がん治療の根本を変える可能性を秘める「がん幹細胞」との格闘の最前線に迫っていく。


がんの転移と言えば、胃のない大使にとっては、他人ごとではないのです。
「がん幹細胞」は分裂が遅いので、従来の抗がん剤が効かないという厄介な性質を持つようです。
でも、「がん幹細胞」が見つかったので、これから「がん幹細胞」をターゲットにした薬の開発が進むものと予想されます。
いずれにしても、この動きはがん患者にとっては、明るい進展なんでしょうね。

(気になるワード)
・CD44:胃がん検出マーカー
・ポンプの蓋:リューマチ薬が「がん幹細胞」を抑制する。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック