アクセスカウンタ

<<  2018年6月のブログ記事 zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
『頭に来てもアホとは戦うな!』2
『頭に来てもアホとは戦うな!』2 デジタルデバイドの鄙の地から神戸に帰ってきました。 4日ぶりにネット環境がととのったので、読書ブログ(のようなもの)を再開します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 23:33
『透明水彩の50作品とキーワード』2
『透明水彩の50作品とキーワード』2 <『透明水彩の50作品とキーワード』2> 図書館で『透明水彩の50作品とキーワード』という本を、手にしたのです。 おお 永山裕子さんの透明水彩ではないか♪ 永山さんの透明水彩は、このところミニブームになった感じがするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 17:13
『頭に来てもアホとは戦うな!』1
『頭に来てもアホとは戦うな!』1 <『頭に来てもアホとは戦うな!』1> 図書館に予約していた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本を、ゲットしたのです。図書館に借出し予約してほぼ半年でゲットしたが・・・ この本はまだ本屋の棚に並んでいるわけで、いわゆるロングセラーなんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 15:34
『透明水彩の50作品とキーワード』1
『透明水彩の50作品とキーワード』1 <『透明水彩の50作品とキーワード』1> 図書館で『透明水彩の50作品とキーワード』という本を、手にしたのです。 おお 永山裕子さんの透明水彩ではないか♪ 永山さんの透明水彩は、このところミニブームになった感じがするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 23:18
図書館大好き311
図書館大好き311 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 21:32
『僕たちの居場所論』2
『僕たちの居場所論』2 <『僕たちの居場所論』2> 図書館で『僕たちの居場所』という新書を、手にしたのです。 内田樹、平川克美、名越さんという朋友が、現状の居場所やニッポンを語っているので見てみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 14:36
『わたしたちが孤児だったころ』
『わたしたちが孤児だったころ』 <『わたしたちが孤児だったころ』> 図書館に予約していた『わたしたちが孤児だったころ』という本を、ゲットしたのです。 カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したことだし・・・ ということで予約していたのだが、ゲッ、かなり分厚い本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 08:10
是枝監督アンソロジーR4
是枝監督アンソロジーR4 <是枝監督アンソロジーR4> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ それから、是枝作品に登場した役者としてはYOUさんの怪演もよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 01:38
『映画の言葉を聞く』3
『映画の言葉を聞く』3 <『映画の言葉を聞く』3> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 22:16
『映画の言葉を聞く』2
『映画の言葉を聞く』2 <『映画の言葉を聞く』2> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 08:55
『僕たちの居場所論』1
『僕たちの居場所論』1 <『僕たちの居場所論』1> 図書館で『僕たちの居場所』という新書を、手にしたのです。 内田樹、平川克美、名越さんという朋友が、現状の居場所やニッポンを語っているので見てみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 06:38
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』2
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』2 <『関西人と関東人の味の違いに驚く本』2> 図書館で『関西人と関東人の味の違いに驚く本』という本を、手にしたのです。 関東コンプレックスがある大使にとって、この種の本は避けて通るわけにはいかないのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 01:46
『亡き人へのレクイエム』2
『亡き人へのレクイエム』2 <『亡き人へのレクイエム』2> 図書館で『亡き人へのレクイエム』という本を、手にしたのです。 池内さんは、米原万里や杉浦日向子を取り上げたりしてかなりシブいので、かねてより注目していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 07:56
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』1
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』1 <『関西人と関東人の味の違いに驚く本』1> 図書館で『関西人と関東人の味の違いに驚く本』という本を、手にしたのです。 関東コンプレックスがある大使にとって、この種の本は避けて通るわけにはいかないのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 01:14
『映画の言葉を聞く』1
『映画の言葉を聞く』1 <『映画の言葉を聞く』1> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 22:28
『亡き人へのレクイエム』1
『亡き人へのレクイエム』1 <『亡き人へのレクイエム』1> 図書館で『亡き人へのレクイエム』という本を、手にしたのです。 池内さんは、米原万里や杉浦日向子を取り上げたりしてかなりシブいので、かねてより注目していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 20:40
図書館大好き310
図書館大好き310 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 16:10
『透明水彩の作品とレッスン』2
『透明水彩の作品とレッスン』2 <『透明水彩の作品とレッスン』2> 図書館で『透明水彩の作品とレッスン』という本を、手にしたのです。 いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。 この本では、14人の作家を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 07:04
『透明水彩の作品とレッスン』1
『透明水彩の作品とレッスン』1 <『透明水彩の作品とレッスン』1> 図書館で『透明水彩の作品とレッスン』という本を、手にしたのです。 いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。 この本では、14人の作家を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 21:28
『透明水彩なるほどレッスン』4
『透明水彩なるほどレッスン』4 <『透明水彩なるほどレッスン』4> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/10 07:27
見たいDVD-R1
見たいDVD-R1 <見たいDVD-R1> 映画は、すべからく映画館で観るというアナログ人間なんだが・・・ 封切り館と二本立て館に掛からない映画となると、DVDを借りて観るしかないわけです。 たいがいのDVDは大学図書館に置いてあるが、そこにも置いてないDVDもあるわけで・・・とうとう、ツ〇ヤの会員カードを作ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 15:17
文章修業のインデックスR7
文章修業のインデックスR7 <文章修業のインデックスR7> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 14:30
図書館予約の軌跡127
図書館予約の軌跡127 <図書館予約の軌跡127> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 09:53
アヒル(レベル6)との闘い30
アヒル(レベル6)との闘い30 <アヒル(レベル6)との闘い30> 大使は、日々、コンピュータ棋士アヒル(レベル6)との死闘を繰り広げているのだが・・・ 勝率は今のところ5:5くらいの割合であり、大使のサド感覚はご機嫌麗しいのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 09:11
新聞連載コラムのスクラップ
新聞連載コラムのスクラップ <新聞連載コラムのスクラップ> 朝日新聞に連載されているコラムを、クリアファイルにスクラップしているのだが・・・スクラップは増える一方で、クリエイティブかと問われれば、?がつくのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 08:16
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』3
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』3 <『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』3> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 07:32
暇になったら、絵を描くのだったR4
暇になったら、絵を描くのだったR4 <暇になったら、絵を描くのだったR4> おおそうだ、暇になったら、絵を描くのだったんだ♪ ということで・・・画材は買っていないけど、過去の日記から水彩画のページを並べてみます。 やる気が煮詰まってきたら、しめたものだが・・・・はたして? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 23:47
原田マハの世界
原田マハの世界 <原田マハの世界> 図書館で『あなたは、誰かの大切な人』という本を、手にしたのです。 この本のタイトルがええなあ♪ 「あなたは、誰かの大切な人」ってか・・・生きるうえの知恵とでもいうもんやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 21:34
図書館大好き309
図書館大好き309 今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アート」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 16:22
シーナの写真付き旅行記R3
シーナの写真付き旅行記R3 <シーナの写真付き旅行記R3> 図書館で借りた『国境越え』という本を読み始めたのだが… シーナの写真付き旅行記はかなりの数になるようで、この本の出された2012年時点で25冊にものぼるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 15:10
『ONCE UPON A TIME』
『ONCE UPON A TIME』 <『ONCE UPON A TIME』> 図書館に予約していた『ONCE UPON A TIME』という本を、ゲットしたのです。 図書館でこの本を見たとき、「ゲッ 大型本やないけ!」 と驚いたのだが、実物を見ずに予約するので、よくあるパターンでおます、どうでもいいけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 08:41
『透明水彩なるほどレッスン』3
『透明水彩なるほどレッスン』3 <『透明水彩なるほどレッスン』3> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 23:15
『透明水彩なるほどレッスン』2
『透明水彩なるほどレッスン』2 <『透明水彩なるほどレッスン』2> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 22:25
『透明水彩なるほどレッスン』1
『透明水彩なるほどレッスン』1 <『透明水彩なるほどレッスン』1> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 16:26
シェールガスに期待できるか?4
シェールガスに期待できるか?4 <シェールガスに期待できるか?4> 日本の商社が争うように開発権益を取得しているシェールガスであるが・・・・ 環境破壊を伴うような採掘方法が問題視されています。 米国で沸く「シェールガス革命」に期待していいんでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 10:49
予約分受取目録R14
予約分受取目録R14 <予約分受取目録R14> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 01:34
対中最新情報(2018.6.05)
対中最新情報(2018.6.05) 尖閣諸島事件とそれに連動するようなレアアース禁輸があって以降、以下に示す情報収集を思いつき次第に試みてきたが・・・・ 重複、欠落などあったりするので、この際、最新情報を一括して並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 01:00
『図解 シェールガス革命』4
『図解 シェールガス革命』4 <『図解 シェールガス革命』4> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 22:09
是枝監督アンソロジーR3
是枝監督アンソロジーR3 <是枝監督アンソロジーR3> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ それから、是枝作品に登場した役者としてはYOUさんの怪演もよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 21:41
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』2
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』2 <『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』2> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 14:34
図書館予約の軌跡126
図書館予約の軌跡126 <図書館予約の軌跡127> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 08:34
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』1
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』1 <『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』1> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 06:29
『図解 シェールガス革命』3
『図解 シェールガス革命』3 <『図解 シェールガス革命』3> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/05 14:10
『図解 シェールガス革命』2
『図解 シェールガス革命』2 <『図解 シェールガス革命』2> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 09:53
『図解 シェールガス革命』1
『図解 シェールガス革命』1 <『図解 シェールガス革命』1> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 09:30
イザベラ・バードの世界
イザベラ・バードの世界 <イザベラ・バードの世界> 慶大渡辺教授が古い紀行文の魅力を、いみじくも「リアルに追体験」と表現しているが・・・ 大使がイザベラ・バードの「日本奥地紀行」読んだときの感想が、まさにそのとおりだった。 昔の、はたまた現代の人類学的紀行が興味深いのであるが、そんな本を集めてみました。 ・日本奥地紀行1 ・中国奥地紀行1 ・イトウの恋 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 07:35
『短編小説より愛をこめて』1
『短編小説より愛をこめて』1 <『短編小説より愛をこめて』1> 図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を、手にしたのです。 巻末い載っている“私の愛した短編小説20”というリストがええでぇ♪ なお、借りたのは2006年刊のハードカバーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 07:21
図書館大好き308
図書館大好き308 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ集」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 20:01
『役者リリー・フランキー』
『役者リリー・フランキー』 <『役者リリー・フランキー』> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 13:49
日本語変換あれこれR1
日本語変換あれこれR1 <日本語変換あれこれR1> 大使が日々お世話になっている日本語入力システムは、多分マイクロソフトのIMEだと思うのだが・・・ 漢字かな混じりの日本語を、分節単位でローマ字入力から日本語に変換してくれています。 昨今では、初期のシステムに比べると格段に使い勝手が良くなっていて、漢字に詳しい優れものとの感がありますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 00:25
ロアルド・ダールと阿刀田高の出会い
ロアルド・ダールと阿刀田高の出会い <ロアルド・ダールと阿刀田高の出会い> 図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を借りて読んでいるのだが・・・ 阿刀田さんが、いかに短編小説を愛でているかよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 23:49
新聞スクラップの断捨離R1
新聞スクラップの断捨離R1 <新聞スクラップの断捨離R1> 朝日デジタルに契約し、書評や論評などをブログに取り込んで利用しているのだが・・・朝日デジタルに契約したあとも、アナログな新聞スクラップは増えこそすれ、いっこうに減らないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 16:05
『マリコ/マリキータ』2
『マリコ/マリキータ』2 <『マリコ/マリキータ』2> 図書館で『マリコ/マリキータ』という本を、手にしたのです。 池澤さんの初期の短篇集であるが・・・ 名も知らぬ遠き島より流れ着いたような感じがするわけで、チョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 06:06
『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』2
『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』2 <『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』2> 図書館で『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』という本を手にしたのです。 大使思うに「そんなに買いかぶられる覚えはないんやけど」ということで、気になるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 08:07
『イトウの恋』
『イトウの恋』 <『イトウの恋』> 図書館で『イトウの恋』という本を手にしたのです。 おお イザベラ・バードの通訳と関係を重ねて描くという着想が、いいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 23:57
中島京子の世界R6
中島京子の世界R6 <中島京子の世界R6> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 22:20
池澤夏樹の世界R3
池澤夏樹の世界R3 <池澤夏樹の世界R3> 先日、池澤夏樹の新作『キトラ・ボックス』を図書館に予約したが、借りられるのは3、4ヶ月ほど先になるのではと予想されるのです。 この小説が気になるのは、新疆ウイグル自治区から赴任した女性研究員が登場するとのことで、『氷山の南』で登場したアボリジニの絵描きを彷彿とするわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 14:42
新海誠の空 R1
新海誠の空 R1 <新海誠の空 R1> 新海誠のネット画像がきれいです。特に空がいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 14:31
『マリコ/マリキータ』1
『マリコ/マリキータ』1 <『マリコ/マリキータ』1> 図書館で『マリコ/マリキータ』という本を、手にしたのです。 池澤さんの初期の短篇集であるが・・・ 名も知らぬ遠き島より流れ着いたような感じがするわけで、チョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 08:08

<<  2018年6月のブログ記事

トップへ

カツラの葉っぱ 大好き! 2018年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる