カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS シリーズ『家族はつらいよ』

<<   作成日時 : 2018/05/29 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<シリーズ『家族はつらいよ』>
大使が観た『家族はつらいよ』シリーズについて集めてみました。(予告1作を含む)
山田監督のシリーズ映画といえば「男はつらいよ」シリーズが圧巻であるが・・・
『家族はつらいよ』シリーズの今日的テーマ、リアリズムに注目するのです。
『家族はつらいよ2』では、無縁の友人の急死と火葬の立会いを描いていて、今日的な視点が冴えていたが、『家族はつらいよ3』では妻の不満、家出を扱っているとのことで、これまた今日的である。さて、どんなかな・・・

しかしまあ、86歳にしてシリーズ映画に挑戦する監督の気力には脱帽するのみでおます♪山田監督はイーストウッド監督(87)と張り合っているとのことです。イヤハヤ。

・家族はつらいよ3(2018年)
・家族はつらいよ2(2017年)
・家族はつらいよ(2016年)
・東京家族(2012年)




【妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3】


山田洋次監督、2018年制作

<fashion-press情報>より
『家族はつらいよ』は、50年以上にわたり、常にその時代に生きる“家族”を撮り続けてきた山田洋次が、国民的映画「男はつらいよ」シリーズ終了後20年ぶりに製作した喜劇映画。2017年5月に公開された『家族はつらいよ2』は、「男はつらいよ」48作、「学校」4作、「虹をつかむ男」2作につづき、山田洋次16年ぶりのシリーズ化となり話題を集めた。そんな人気を受けて、決定した続編、第3弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』の製作。本作では、妻の反乱で、“あのドタバタ一家”に史上最大のピンチが訪れる。


<観る前の大使寸評>
あのドタバタ一家に史上最大のピンチが訪れるってか・・・
封切館で観るか、半年後に二本立て館で観るか、迷っております。

fashion-press家族はつらいよ3





【家族はつらいよ2】
家族

山田洋次監督、2017年制作、H29.10.04観賞

<Movie Walker作品情報>より
巨匠・山田洋次監督によるホームコメディの第2弾。熟年離婚の危機を乗り越えた平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれるさまがつづられる。一家の主である周造を橋爪功、その妻・富子を吉行和子が演じるなど、個性派キャストが再集結。一家に新たな騒動を引き起こす周造の同級生・丸田を小林稔侍が演じる。

<大使寸評>
このまえ「家族はつらいよ1」を見たとき、シリーズ化が予感されたのだが…やはり、その2が出たか♪
「家族はつらいよ」シリーズは、同じ庶民シリーズではあるが寅さんとはテイストというか、文体が違うのである。
とにかく、監督のあのお年で…新しい文体でシリーズものを創るという精神年齢の若さに驚くのです。

Movie Walker家族はつらいよ2





【家族はつらいよ】
家族

山田洋次監督、2016年制作、H28.8.14観賞

<Movie Walker作品情報>より
巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

<大使寸評>
この映画の中に小津さんの「東京家族」が劇中劇のように出てくるわけで・・・
山田さんの映画としては「東京家族」その2のような作りになっています。
今回のはコメディタッチで、よく笑わせてもらったが・・・もしかして「家族はつらいよ」シリーズ化を狙っているのかも?♪

Movie Walker家族はつらいよ





【東京家族】
家族

山田洋次監督、2012年制作

<作品情報>
小津安二郎監督の不朽の名作『東京物語』をモチーフに、山田洋次監督が現代の家族像を描くヒューマン・ドラマ。子供たちに会うために東京へやってきた老夫婦の姿を通して、家族の絆を映し出す。老夫婦に橋爪功と吉行和子、長男を西村雅彦、次男を妻夫木聡が演じるなど、新旧実力派たちが多数顔をあわせた。

<大使寸評>
最後のクレジット画面で、監督は山田洋次となっていたが、うかつにも山田監督の作品であることを失念したままで観た映画でした。
(何しろ2本立て1000円なので、飛び込みで観にいったりするもんで―笑)
この作品は小津安二郎監督へのオマージュとのことであるが・・・
小津監督風に現代の『東京物語』を描いて見事な結果をだしていると思ったのです。
こんな自然体の演技は、実は入念に計画されて演技しているはずではないか?・・・・
監督の厳しい注文があって、役者がきっちりと応えたのでしょうね。
どの役者もうまかったが、大使の一押しは吉行和子かな♪

Movie.Walker東京家族

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シリーズ『家族はつらいよ』 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる