テーマ:建築

非定常空間あれこれR2

<非定常空間あれこれR2> 図書館で借りた『夢の棲み家』を読んだのだが…若手建築家の遊び心がええでぇ♪ ・・・でこの際、非定常空間という括りで、大使好みの建築や場所を集めてみました。、 ・中国の風土と民居 ・マイクロシェルター ・南極建築 ・大地に埋もれた住居 ・夢の棲み家 ・縦穴式住居がすごい♪ ・「廊の家」もすごい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国の風土と民居』5

<『中国の風土と民居』5> 図書館で『中国の風土と民居』という本を、手にしたのです。 中国の風土と言ったって、これだけ広大な地域であれば・・・ 材料も工法も住み方も多様な民居が見られます。 カラー写真、画像も多数載っていてビジュアルなのが、ええでぇ♪ 【中国の風土と民居】 北原安門著、里文出版、1998年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国の風土と民居』3

<『中国の風土と民居』3> 図書館で『中国の風土と民居』という本を、手にしたのです。 中国の風土と言ったって、これだけ広大な地域であれば・・・ 材料も工法も住み方も多様な民居が見られます。 カラー写真、画像も多数載っていてビジュアルなのが、ええでぇ♪ 【中国の風土と民居】 北原安門著、里文出版、1998年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国の風土と民居』2

<『中国の風土と民居』2> 図書館で『中国の風土と民居』という本を、手にしたのです。 中国の風土と言ったって、これだけ広大な地域であれば・・・ 材料も工法も住み方も多様な民居が見られます。 カラー写真、画像も多数載っていてビジュアルなのが、ええでぇ♪ 【中国の風土と民居】 北原安門著、里文出版、1998年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国の風土と民居』1

<『中国の風土と民居』1> 図書館で『中国の風土と民居』という本を、手にしたのです。 中国の風土と言ったって、これだけ広大な地域であれば・・・ 材料も工法も住み方も多様な民居が見られます。 カラー写真、画像も多数載っていてビジュアルなのが、ええでぇ♪ 【中国の風土と民居】 北原安門著、里文出版、1998年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本人はどう住まうべきか?』4

<『日本人はどう住まうべきか?』4> 図書館で『日本人はどう住まうべきか?』という本を手にしたのです。 おお 養老さんと隈さんが、ニッポンの住宅を語り合った本ではないか♪ 住宅政策や住宅広告の裏まで突き通してばらしてしまうような内容ではないかと、期待するのです。 ところで、隈さんは今年春の褒章があったようですね…おめでとうご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本人はどう住まうべきか?』3

<『日本人はどう住まうべきか?』3> 図書館で『日本人はどう住まうべきか?』という本を手にしたのです。 おお 養老さんと隈さんが、ニッポンの住宅を語り合った本ではないか♪ 住宅政策や住宅広告の裏まで突き通してばらしてしまうような内容ではないかと、期待するのです。 ところで、隈さんは今年春の褒章があったようですね…おめでとうご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館の企画展がええでぇ

<竹中大工道具館の企画展がええでぇ> 先日、竹中大工道具館の企画展を観に行ったのだが、今後も観に行くことになるので・・・ 以下の通りこれまでの企画展を整理して、今後の企画展もフォローしようと思ったのです。 ・竹中大工道具館を観に行こう♪ ・日中韓 棟梁の技と心 ・常設館についてもオマケだ。 *************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館を観に行こう♪

<竹中大工道具館を観に行こう♪> お天気好~し♪・・・ということで、先日(16日)竹中大工道具館に出向いたのです。 竹中大工道具館の企画展は、常々チェックしているが・・・ 竹中大工道具館のサイトで、今回の企画展を見てみましょう。 水車大工より    水車はかつて日本の各地で利用されていました。電気がなかった時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『うだつ』2

<『うだつ』2> 図書館で『うだつ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、古今東西のウダツの画像がたくさん載っていて、ビジュアル本のようなところが・・・ええでぇ♪ 【うだつ】 中西徹著、二瓶社、1990年刊 <「BOOK」データベース>より データなし。 <読む前の大使寸評> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『うだつ』1

<『うだつ』1> 図書館で『うだつ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、古今東西のウダツの画像がたくさん載っていて、ビジュアル本のようなところが・・・ええでぇ♪ 【うだつ】 中西徹著、二瓶社、1990年刊 <「BOOK」データベース>より データなし。 <読む前の大使寸評> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非定常空間あれこれR1

<非定常空間あれこれR1> 図書館で借りた『夢の棲み家』を読んだのだが…若手建築家の遊び心がええでぇ♪ ・・・でこの際、非定常空間という括りで、大使好みの建築や場所を集めてみました。 ・マイクロシェルター ・南極建築 ・大地に埋もれた住居 ・夢の棲み家 ・縦穴式住居がすごい♪ ・「廊の家」もすごい ・大人の秘密基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主体的な住居とはR4

<主体的な住居とはR4> 『住まいの冒険』という本を読んでいたら、次のような指摘があり、戸建て2世帯住宅に住んでいる大使ははたと考え込んでいるのです。 この本は多面的な事例をもとに、「主体的な住居」を模索するわりと哲学的なトーンで綴られているのです。 【高度成長期に核家族のための住まいとして造られた庭付き郊外一戸建ては、もはや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の家

<『日本の家』1> 図書館で『日本の家』という大型本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、丹下謙三自邸、レーモンド自邸、赤瀬川原平のニラハウス、安藤忠雄の住吉の長屋など、めぼしい家屋はすべて網羅しているのが、すごい♪ 【日本の家】 新建築住宅特集別冊、新建築社、2017年刊 <「BOOK」データベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空き家問題あれこれR9

<空き家問題あれこれR9> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ・・・ということで、少子高齢化にさらされる中、持ち家志向とか空き家問題とかあれこれ考えてみます。そらからシェアハウスについても。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本人はどう住まうべきか?』2

<『日本人はどう住まうべきか?』2> 図書館で『日本人はどう住まうべきか?』という本を手にしたのです。 おお 養老さんと隈さんが、ニッポンの住宅を語り合った本ではないか♪ 住宅政策や住宅広告の裏まで突き通してばらしてしまうような内容ではないかと、期待するのです。 【日本人はどう住まうべきか?】 養老孟司, 隈研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主体的な住居とはR3

<主体的な住居とはR3> 『住まいの冒険』という本を読んでいたら、次のような指摘があり、戸建て2世帯住宅に住んでいる大使ははたと考え込んでいるのです。 この本は多面的な事例をもとに、「主体的な住居」を模索するわりと哲学的なトーンで綴られているのです。 【高度成長期に核家族のための住まいとして造られた庭付き郊外一戸建ては、もはや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本人はどう住まうべきか?』1

<『日本人はどう住まうべきか?』1> 図書館で『日本人はどう住まうべきか?』という本を手にしたのです。 おお 養老さんと隈さんが、ニッポンの住宅を語り合った本ではないか♪ 住宅政策や住宅広告の裏まで突き通してばらしてしまうような内容ではないかと、期待するのです。 【日本人はどう住まうべきか?】 養老孟司, 隈研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『郊外の20世紀』4

<『郊外の20世紀』4> 図書館で『郊外の20世紀 テーマを追い求めた住宅地』という本を、手にしたのです。 戸建て2世帯住宅を苦労して建てた大使は、この種の住宅絡みの本はよく読んできたので・・・借りる決め手になったのです。 【郊外の20世紀】 角野幸博著、学芸出版社、2000年刊 <商品の説明>よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『郊外の20世紀』3

<『郊外の20世紀』3> 図書館で『郊外の20世紀 テーマを追い求めた住宅地』という本を、手にしたのです。 戸建て2世帯住宅を苦労して建てた大使は、この種の住宅絡みの本はよく読んできたので・・・借りる決め手になったのです。 【郊外の20世紀】 角野幸博著、学芸出版社、2000年刊 <商品の説明>よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『郊外の20世紀』2

『郊外の20世紀』2 図書館で『郊外の20世紀 テーマを追い求めた住宅地』という本を、手にしたのです。 戸建て2世帯住宅を苦労して建てた大使は、この種の住宅絡みの本はよく読んできたので・・・借りる決め手になったのです。 【郊外の20世紀】 角野幸博著、学芸出版社、2000年刊 <商品の説明>より 郊外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主体的な住居とはR2

<主体的な住居とはR2> 『住まいの冒険』という本を読んでいたら、次のような指摘があり、戸建て2世帯住宅に住んでいる大使ははたと考え込んでいるのです。 この本は多面的な事例をもとに、「主体的な住居」を模索するわりと哲学的なトーンで綴られているのです。 【高度成長期に核家族のための住まいとして造られた庭付き郊外一戸建ては、もはや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程2

<3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程2> 図書館で『3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程』という本を手にしたのです。 高台移転や高防潮堤も必用だろうが・・・ 完工までのスピードが遅いと被災者の役に立たないわけで、そのあたりがどうなっているか知りたいので借りたわけでおます。 【3.11復興プロジェクトの挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程1

<3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程1> 図書館で『3.11復興プロジェクトの挑戦とその射程』という本を手にしたのです。 高台移転や高防潮堤も必用だろうが・・・ 完工までのスピードが遅いと被災者の役に立たないわけで、そのあたりがどうなっているか知りたいので借りたわけでおます。 【3.11復興プロジェクトの挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主体的な住居とはR1

<主体的な住居とはR1> 『住まいの冒険』という本を読んでいたら、次のような指摘があり、戸建て2世帯住宅に住んでいる大使ははたと考え込んでいるのです。 この本は多面的な事例をもとに、「主体的な住居」を模索するわりと哲学的なトーンで綴られているのです。 【高度成長期に核家族のための住まいとして造られた庭付き郊外一戸建ては、もはや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アパート経営商法の闇?

<アパート経営商法の闇?> ネットをめぐっていて、『大東建託の内幕』の出版を中止せよという記事があり気になったのです。 MyNewsJapanの調査報道と企業の言論弾圧との戦いのようだが・・・ このあと調べてみます。 なんでこの記事が気になるのか?  買うにしろ、借りるにしろ、貸すにしろ、住宅は高額商品の最たるもので、庶民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クマラボ イン トウホク』1

<『クマラボ イン トウホク』1> 図書館で『クマラボ イン トウホク』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、日本文と英文が半々くらいの構成であり・・・ 世界的な視点で東北復興を考えるという趣向でしょうか♪ 【クマラボ イン トウホク】 隈研吾著、東京大学出版会、2018年刊 <出版社>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『まちを読み解く』2

<『まちを読み解く』2> 図書館で、『まちを読み解く』という本を手にしたのです。 中をめくると釜石の復興計画が載っているが・・・ 釜石は出張で寄ったことがあるので、個人的に気になるのでおます。 【まちを読み解く】 西村幸夫, 野澤康編、朝倉書店、2017年刊 <「BOOK」データベース>より 【目次】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『まちを読み解く』

<『まちを読み解く』> 図書館で、『まちを読み解く』という本を手にしたのです。 中をめくると釜石の復興計画が載っているが・・・ 釜石は出張で寄ったことがあるので、個人的に気になるのでおます。 【まちを読み解く】 西村幸夫, 野澤康編、朝倉書店、2017年刊 <「BOOK」データベース>より 【目次】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『TOKYO 0円ハウス 0円生活』3

<『TOKYO 0円ハウス 0円生活』3> 図書館で『TOKYO 0円ハウス 0円生活』という本を、手にしたのです。 今、加村一馬著『洞窟おじさん』という本を借出し予約して半年以上も待っているのだが・・・要するに、金がなくても生きていくサバイバル術に関心があるわけです。 この「洞窟おじさん」よりも現実味のあるサバイバル術がこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more