テーマ:映画

『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R3

<『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R3> 『図説不思議の国のアリス』という本を読んだのだが、『不思議の国のアリス』がつなぐ輪が大きいことに驚くのです。 ・・・ということで『不思議の国のアリス』がインスパイアするイラストなどを集めてみました。 ・「不思議の国のアリス展」開幕 ・定松正編『ルイス・キャロル小辞典』:ジョン・テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリント・イーストウッド監督作品集R1

<クリント・イーストウッド監督作品集R1> 昨日、大学図書館で「アウトロー」を観たのだが、大使好みの映画でした。 「グラントリノ」にも似たテイストの映画というか、「グラントリノ」の原点のような映画なんでしょう。 とにかく歳を経ても基本がぶれないのがいいではないですか。 監督としても秀逸なクリント・イーストウッド・・・・長生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イーストウッド最新作2

<イーストウッド最新作2> 大使は原則として、アップル製品は買わないこと、ハリウッド映画は見ないことにしているのだが・・・ リドリー・スコットとイーストウッドの作品だけは別扱いで、これらはわりとフォローしているのです。 で、イーストウッドの最新作の『運び屋』が気になるのです。 (3/09より全国公開中とのこと) ・・・とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2本立て館で観た映画R15

<2本立て館で観た映画R15>   2本立て館で観た映画を集めてみました。 ま~個人的な鑑賞目次みたいなものです。 R15:「すばらしきミュージカル映画」を追記 ・すばらしきミュージカル映画2019.2.08 ・年末特集#3:イタリアにてH30.12.26 ・大女優を偲んで・・・H30.11.24 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばらしきミュージカル映画・・・2本立て館

<すばらしきミュージカル映画・・・2本立て館> 寒波到来のなか、くだんの2本立て館に繰り出したが・・・・ 今回の出し物は「グレイテスト・ショーマン」と「リメンバー・ミー」であり、館主の設けたテーマは「すばらしきミュージカル映画たち」となっています。 毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているのですが、今回のテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周防正行の世界R1

<周防正行の世界R1> 「『Shall weダンス?』アメリカを行く」という本を読んだのだが、面白いアメリカ紀行、フィールドワークであった。 寡作の周防監督は、冤罪とか終末医療とかシビアな題材を取り上げるようになったが・・・ 『Shall weダンス?』以来、娯楽作品が見られないのが惜しまれるのである。 ・・・ということで、大使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周防正行監督映画最新作『カツベン!(仮)』

<周防正行監督映画最新作『カツベン!(仮)』> 東映の作品公式サイトで周防正行監督映画最新作というのを見かけたので紹介します。 公開予定は今年12月とのことで、かなり先になるが待ち遠しいものです♪ 周防正行監督映画最新作『カツベン!(仮)』キャスト発表!より  周防正行監督最新作の主人公は“活動弁士”!!  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無頼の輩たちR1

<無頼の輩たちR1> 「うつ」状態に落ち込んだような世相であるが・・・ ここは、スカッとした無頼の輩たちを描いた映画、映像を挙げてみようではないか。 ・極夜 記憶の彼方へ(2018年) ・スリー・ビルボード(2017年) ・百円の恋 (2014年) ・イングロリアス・バスターズ(2009年) ・テルマ&ルイーズ(19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安藤サクラあれこれ

<安藤サクラあれこれ> いま朝ドラの『まんぷく』に安藤サクラに出ていて、もうすぐインスタントラーメン誕生という佳境となります。 ところで、朝ドラのヒロインといえば女優の登竜門というのが一般の認識であるが・・・今回の安藤サクラは年増の中堅女優というのが異色ですね、どうでもいいが。 大使はこれまで、わりと安藤サクラの映画を観てきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(視界良好)@安藤桃子監督の革命地・高知

<(視界良好)@安藤桃子監督の革命地・高知> 朝日新聞の(視界良好)シリーズが安藤桃子監督を取り上げているが・・・ そうだ 朝日デジタルがあるではないかと気づいたわけです♪ スクラップファイルとデジタルデータとダブルで保存するところが、いかにもアナログ老人ではあるなあ。 (2019.1.20朝日デジタル(視界良好)からコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『螢・納屋を焼く・その他の短編』1

<『螢・納屋を焼く・その他の短編』1> 図書館に予約していた『螢・納屋を焼く・その他の短編』という本を、ゲットしたのです。 年末のNHKで村上春樹原作『バーニング』という韓国版映画を観たのだが・・・ その勢いでこの本を予約していたわけです。 【螢・納屋を焼く・その他の短編 】 村上春樹著、新潮社、1987年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『空の冒険』2

<『空の冒険』2> 図書館で『空の冒険』という本を、手にしたのです。 この本はANAグループ機内誌『翼の王国』に連載した短篇小説とエッセイをまとめた本のようである。 そういえば、浅田次郎さんも同じような趣向の本を出していたなあ・・・ ということで借りたわけでおます。 【空の冒険】 吉田修一著、木楽舎、2010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹原作の『納屋を焼く』を観た

<村上春樹原作の『納屋を焼く』を観た> 年末のNHKドラマで村上春樹原作の『納屋を焼く』を観たのだが、興味深いドラマであった。  村上春樹原作で舞台は韓国、監督も韓国人というのが異色であるが・・・ まず感じたのは、ドラマの構成が『騎士団長殺し』のそれと似ていることである。 ・・・ということで、ネットで番組サイトを覗いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無頼の輩たち

<無頼の輩たち> 「うつ」状態に落ち込んだような世相であるが・・・ ここは、スカッとした無頼の輩たちを描いた映画を挙げてみようではないか。 ・スリー・ビルボード(2017年) ・イングロリアス・バスターズ(2009年) ・テルマ&ルイーズ(1991年) ・兵隊やくざ(1965年) なお、思いつき次第に追記するもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2本立て館で観た映画R14

<2本立て館で観た映画R14>   2本立て館で観た映画を集めてみました。 ま~個人的な鑑賞目次みたいなものです。 R14:「年末特集#3:イタリアにて」を追記 ・年末特集#3:イタリアにてH30.12.26 ・大女優を偲んで・・・H30.11.24 ・穏やかに自己貫徹H30.10.18 ・雨降って・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末特集#3:イタリアにて・・・2本立て館

<年末特集#3:イタリアにて・・・2本立て館> お天気は、まあまあでんな。 ちょっと寒いけど、くだんの2本立て館に繰り出したのです。 今回の出し物は「フェリーニに恋して」と「いつだってやめられる」であり、館主の設けたテーマは「年末特集#3:イタリアにて」となっています。 毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバイバル術あれこれ

<サバイバル術あれこれ> このたび角幡唯介著『極夜行』が大仏次郎賞を受賞し、本屋大賞と合わせて2冠達成となったのです。とにかく『極夜行』には角幡さんのサバイバル感覚が余すことなく描かれているようで、すごい♪ ・・・で、この際、個人的に評価するサバイバル術を集めてみました。 ・極夜行(2018年) ・火星で生きる(2018…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R2

<『不思議の国のアリス』がつなぐ輪R2> 『図説不思議の国のアリス』という本を読んだのだが、『不思議の国のアリス』がつなぐ輪が大きいことに驚くのです。 ・・・ということで『不思議の国のアリス』がインスパイアするイラストなどを集めてみました。 ・定松正編『ルイス・キャロル小辞典』:ジョン・テニエルの挿絵、他 ・ムック『図説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『森は知っている』再掲

<『森は知っている』再掲> 水道「民営化」法案が今日にも衆院委で強行採決されるようです。 ウーム 与党がこれだけ拙速で採決するとは、(政・官・業にとって)よっぽど旨味がある業界なんだろうね。 フランスでの議員視察の際は、フランスの水メジャーが議員に便宜を図ったとのことで、今国会で疑惑の追及があったところです。 ・・・とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊坂幸太郎の世界R3

<伊坂幸太郎の世界R3> 伊坂幸太郎の作品といえば、ジャンルとしては希望を語るエンタテイメント小説とでも言えるのではないか・・・ ということで、わりと好きなわけですね。 それから「ゴールデンスランバー」に代表されるように・・・ シュールな暴力とか、犯罪が出てきて、これがエンタテイメントの味付けになっているのです。 野性時代84…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『字幕の花園』4

<『字幕の花園』4> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 それから、スーパースターたちとの交友が語られているが、役得というか彼女の人徳もあるんでしょうね♪ 【字幕の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『森は知っている』

図書館で『森は知っている』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、フランスの巨大水企業が出てくるのだが・・・ 水道インフラの老朽化や、水道事業民営化の問題が出て来るなら面白そうである。 昨今では上水道、下水処理に対するコンセッション方式という官民連携が検討されているし、フランスでは民営→再公営の動きがあるわけで、1周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸田奈津子の世界

<戸田奈津子の世界> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 ・・・この際、戸田奈津子について集めてみます。 ・人生の贈りもの:戸田奈津子(2014年朝日コラム) ・字幕の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『字幕の花園』3

<『字幕の花園』3> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 それから、スーパースターたちとの交友が語られているが、役得というか彼女の人徳もあるんでしょうね♪ 【字幕の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『字幕の花園』2

<『字幕の花園』2> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 それから、スーパースターたちとの交友が語られているが、役得というか彼女の人徳もあるんでしょうね♪ 【字幕の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『字幕の花園』1

<『字幕の花園』1> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 それから、スーパースターたちとの交友が語られているが、役得というか彼女の人徳もあるんでしょうね♪ 【字幕の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大女優を偲んで

<大女優を偲んで> くだんの2本立て館が「大女優を偲んで・・・」と題して樹木希林さんの出演作品を取り上げたが・・・ この際、大使が見た作品を集めてみました。 ・モリのいる場所(2018年制作) ・あん(2015年制作) ・そして父になる(2013年制作) ・わが母の記(2011年制作) ・悪人(2010年制作) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2本立て館で観た映画R13

<2本立て館で観た映画R13>   2本立て館で観た映画を集めてみました。 ま~個人的な鑑賞目次みたいなものです。 R13:「大女優を偲んで・・・」を追記 ・大女優を偲んで・・・H30.11.24 ・穏やかに自己貫徹H30.10.18 ・雨降って・・・H30.10.03 ・ニクソン政権×パルシネマH3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大女優を偲んで・・・2本立て館

<大女優を偲んで・・・2本立て館> お天気、良~し・・・ ちょっと寒いけど、くだんの2本立て館に繰り出したのです。 今回の出し物は「東京タワー・オカンとボクと時々オトン」と「わが母の記」であり、館主の設けたテーマは「日本が誇る大女優を偲んで」となっています。 毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2本立て館で観た映画R12

<2本立て館で観た映画R12>   2本立て館で観た映画を集めてみました。 ま~個人的な鑑賞目次みたいなものです。 R12:「穏やかに自己貫徹」を追記 ・穏やかに自己貫徹H30.10.18 ・雨降って・・・H30.10.03 ・ニクソン政権×パルシネマH30.8.22 ・彼らをつき動かすものH30.7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more