テーマ:メディア

『間違う力』2

<『間違う力』2> 図書館で『間違う力』という新書を、手にしたのです。 これこれ、高野さんの「間違う力」については、かねてより注目していたのです。 【間違う力】 高野秀行著、KADOKAWA、2018年刊 <「BOOK」データベース>より 人生は脇道にそれてこそ。ソマリランドに一番詳しい日本人になり、アジ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高野秀行の世界R4

<高野秀行の世界R4> 図書館で『世にも奇妙なマラソン大会』を手にしたが・・・おや、著者の名前に見覚えがあるのです。 『青春と読書:2月号』にも出ていたし、『謎の独立国家ソマリランド』を読んで、実に面白かったのです。 探検部で鍛えた著者の破天荒なパーソナリティが、ええでぇ♪ ・・・ということで『世にも奇妙なマラソン大会』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『間違う力』1

図書館で『間違う力』という新書を、手にしたのです。 これこれ、高野さんの「間違う力」については、かねてより注目していたのです。 【間違う力】 高野秀行著、KADOKAWA、2018年刊 <「BOOK」データベース>より 人生は脇道にそれてこそ。ソマリランドに一番詳しい日本人になり、アジア納豆の研究でも第一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内田先生かく語りき9-R8

<内田先生かく語りき9-R8> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。 (池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は★、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内田先生かく語りき9-R7

<内田先生かく語りき9-R7> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。 (池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は★、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡183

<図書館予約の軌跡183> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・三浦しおん「愛なき世界」(11/25予約、副本23、予約366)現在11位 ・多和田葉子「献灯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡182

<図書館予約の軌跡182> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・三浦しおん「愛なき世界」(11/25予約、副本23、予約366)現在23位 ・多和田葉子「献灯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き382

今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アジア史」でしょうか♪ <市立図書館> ・江戸幕末滞在記 ・太平洋戦争入門 <大学図書館> ・奇想の系譜 ・長征 毛沢東の歩いた道 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リビア砂漠探検記』4

<『リビア砂漠探検記』4> 図書館で『リビア砂漠探検記』という文庫本を、手にしたのです。 かなり古い本であるが・・・ 冒頭に梅棹忠夫さんの寄稿文が載っているわけで、わりと格調が高いのである♪ 【リビア砂漠探検記】 石毛直道著、講談社、1979年刊 <「BOOK」データベース>より 古書につき、データなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リビア砂漠探検記』3

<『リビア砂漠探検記』3> 図書館で『リビア砂漠探検記』という文庫本を、手にしたのです。 かなり古い本であるが・・・ 冒頭に梅棹忠夫さんの寄稿文が載っているわけで、わりと格調が高いのである♪ 【リビア砂漠探検記】 石毛直道著、講談社、1979年刊 <「BOOK」データベース>より 古書につき、データなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リビア砂漠探検記』2

<『リビア砂漠探検記』2> 図書館で『リビア砂漠探検記』という文庫本を、手にしたのです。 かなり古い本であるが・・・ 冒頭に梅棹忠夫さんの寄稿文が載っているわけで、わりと格調が高いのである♪ 【リビア砂漠探検記】 石毛直道著、講談社、1979年刊 <「BOOK」データベース>より 古書につき、データなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『やさしい古典案内』4

<『やさしい古典案内』4> 図書館で『やさしい案内』という本を、手にしたのです。 太子が親しんできた古典といえば国語の教科書に載っている方丈記、徒然草、枕草子程度であり、やや寂しいのである。 ・・・というわけで、この本でさらなる古典に目を向けようと思うのです。 【やさしい古典案内】 佐々木和歌子著、KADOKA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』6

<『巨大ブラックホールの謎』6> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き381

今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「古典」でしょうか♪ <市立図書館> ・やさしい古典案内 ・もっと知りたい長谷川等伯 <大学図書館> ・原典で楽しむ江戸の世界 ・リビア砂漠探検記 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の取次苦境、ほころぶ流通網

<本の取次苦境、ほころぶ流通網> 紙の本にこだわる太子にとって、昨今の出版不況が気になっているのです。 デジタル朝日に気になる記事があったので、コピペしたのです。 (もちろん、紙面もスクラップするアナログ老人ではあるが) 2019年06月12日本の取次苦境、ほころぶ流通網 出版社「作っても届かない」懸念より 出版業界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡181

<図書館予約の軌跡181> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・三浦しおん「愛なき世界」(11/25予約、副本23、予約366)現在23位 ・多和田葉子「献灯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヒャエル・エンデ著『モモ』5

<ミヒャエル・エンデ著『モモ』5> 駅前のバザーでミヒャエル・エンデ著『モモ』という文庫本を、手にしたのです。 お値段は100円という「持ってけ泥棒」値段であり、汚れもない状態であり・・・ 即、購入したのです。 ぱらぱらとめくると・・・ エンデ自筆の挿絵も載っていて、サービス満点でおます♪ 【モモ】 ミヒャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』5

<『巨大ブラックホールの謎』5> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エンデと語る』3

<『エンデと語る』3> 図書館に予約していた『エンデと語る』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 岩波少年文庫『モモ』を読んでいるところだが、含蓄が深いというか、けっこう難しいのです。 ・・・で、『エンデと語る』と併せて読んでみようと思った次第です。 【エンデと語る】 子安美智子著、朝日新聞出版、198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エンデと語る』2

<『エンデと語る』2> 図書館に予約していた『エンデと語る』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 岩波少年文庫『モモ』を読んでいるところだが、含蓄が深いというか、けっこう難しいのです。 ・・・で、『エンデと語る』と併せて読んでみようと思った次第です。 【エンデと語る】 子安美智子著、朝日新聞出版、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』4

<『巨大ブラックホールの謎』4> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エンデと語る』1

<『エンデと語る』1> 図書館に予約していた『エンデと語る』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 岩波少年文庫『モモ』を読んでいるところだが、含蓄が深いというか、けっこう難しいのです。 ・・・で、『エンデと語る』と併せて読んでみようと思った次第です。 【エンデと語る】 子安美智子著、朝日新聞出版、198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』3

<『巨大ブラックホールの謎』3> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『科学する心』4

<『科学する心』4> 図書館に予約していた『科学する心』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 福岡伸一は科学者から科学的物書きとなったが、池澤夏樹はその逆で、物書きが科学エッセイストをめざしているような感じですね。 【科学する心】 池澤夏樹、集英社インターナショナル、2019年刊 <「BOOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内田先生かく語りき9-R6

<内田先生かく語りき9-R6> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。 (池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は★、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』2

<『巨大ブラックホールの謎』2> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『巨大ブラックホールの謎』1

<『巨大ブラックホールの謎』1> 図書館に予約していた『巨大ブラックホールの謎』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。 昨今の報道によれば、世界中の望遠鏡が組んでブラックホールの画像を捉えたようで、謎はかなり狭まったようですね♪ なお、著者は国際研究チームの日本側のチームリーダーを務めたとのことです。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックホールを見たいR2

<ブラックホールを見たいR2> リタイアして以降、自由時間が増えたというか暇になったせいかもしれないが・・・・ 晴れた夜にはベランダの椅子にすわって、星座を眺めることが多くなった。 図書館でも宇宙・天体関連の本をいろいろと借りて読んでいるが・・・・ つきつめると、パルサーとかブラックホールを見てみたいわけですね。 図書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『へそまがり日本美術』1

<『へそまがり日本美術』1> 図書館で『へそまがり日本美術』というビジュアル本を、手にしたのです。 地方の美術館がこれだけ多彩でかつ面白い本を編纂したことに、驚くわけでおます。 ヘタウマ、禅画、俳画、南画の違いにも触れているあたりも、ええでぇ♪ 【へそまがり日本美術】 府中市美術館編、講談社、2019年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き380

今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「日本美術」でしょうか♪ <市立図書館> ・巨大ブラックホールの謎 ・エンデと語る ・もっと知りたい長沢蘆雪 <大学図書館> ・へそまがり日本美術 ・江戸の想像力 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more