テーマ:翻訳

『書き出し「世界文学全集』3

<『書き出し「世界文学全集』3> 図書館で『書き出し「世界文学全集』という本を、手にしたのです。 柴田元幸さんが選ぶ世界文学(目次参照)がなかなかのもので、期待できそうでおます♪ 【書き出し「世界文学全集】 柴田元幸著、河出書房新社、2013年刊 <「BOOK」データベース>より “書き出し”だけで、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代女性翻訳家の揃い踏み

<現代女性翻訳家の揃い踏み> 8.11朝日新聞に現代女性翻訳家の揃い踏みのような記事があったので、スクラップしたのです。 すなわち、小川洋子、多和田葉子、辛島デイヴィッドのお三方であり、ここに村上春樹や柴田元幸あたりを加えたら・・・現代翻訳家の勢揃いみたいなもんでんがな♪ (現代女性翻訳家について8.11デジタル朝日から転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『文学界(2019年1月号)』1

<『文学界(2019年1月号)』1> 図書館の放出本のラックで『文学界(2019年1月号)』という雑誌を、手にしたのです。 表紙に出ている特集に多和田葉子の名前が載ているのがゲットする決め手となりました。 【文学界(2019年1月号)】 雑誌、文芸春秋、2019年刊 <商品の説明>より ▼2019年を占うビッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸田奈津子の世界R1

<戸田奈津子の世界R1> 図書館で『字幕の花園』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、彼女が訳した映画がずらりと並んでいて圧巻です。 各作品の中の決めセリフ、名セリフが英文と訳文で出てきます。 ・・・この際、戸田奈津子について集めてみます。 ・人生の贈りもの:戸田奈津子(2014年朝日コラム) ・字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ぼくの翻訳人生』8

<『ぼくの翻訳人生』8> 図書館の放出本コーナーで『ぼくの翻訳人生』という新書を、手にしたのです。 巻末の著者来歴を見ると、東大仏文科卒で、共同通信社の記者、ワルシャワ大学の日本語学科講師などを経て翻訳家になったようです。 とにかく、米国留学を中退し、ポーランド文学、ロシア文学を専攻するというヘソ曲がり具合が大使のツボを打つのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ぼくの翻訳人生』7

<『ぼくの翻訳人生』7> 図書館の放出本コーナーで『ぼくの翻訳人生』という新書を、手にしたのです。 巻末の著者来歴を見ると、東大仏文科卒で、共同通信社の記者、ワルシャワ大学の日本語学科講師などを経て翻訳家になったようです。 とにかく、米国留学を中退し、ポーランド文学、ロシア文学を専攻するというヘソ曲がり具合が大使のツボを打つのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『翻訳出版編集後記』2

<『翻訳出版編集後記』2> 図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。 【翻訳出版編集後記】 常盤新平著、幻戯書房、2016年刊 <「BOOK」データベース>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『翻訳出版編集後記』1

<『翻訳出版編集後記』1> 図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。 【翻訳出版編集後記】 常盤新平著、幻戯書房、2016年刊 <「BOOK」データベース>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『他諺の空似』4

<『他諺の空似』4> 図書館で『他諺の空似』という本を、手にしたのです。 米原ワールドの遺作とのこと。・・・ とにかく、エッセイストとしての米原さんの存在感はすごかったなあ♪ 【他諺の空似】 米原万里著、光文社、2006年刊 <「BOOK」データベース>より “世界はことわざで連帯する”米原ワールド炸裂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通訳、翻訳についてR5    ③

<通訳、翻訳についてR5> 通訳、翻訳について集めてみます。 ・『ぼくの翻訳人生』 ・『愛の見切り発車』 ・『小川洋子対話集』4 ・『翻訳夜話』 ・翻訳のさじかげん ・日本語は天才である(その2) ・映画字幕は翻訳ではない ・翻訳は文化である(工事中) ・通訳案内士試験(工事中) ・読み、書き、訳すこと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ぼくの翻訳人生』1

<『ぼくの翻訳人生』1> 大学図書館の放出図書コーナーで『ぼくの翻訳人生』という本を、ゲットしたのです。 著者はポーランド語翻訳の第一人者であり、英語、仏語もこなすマルチリンガルでもあるが・・・ 言葉や日本語に対する薀蓄も、ええでぇ♪ 【ぼくの翻訳人生】 工藤幸雄著、中央公論新社、2004年刊 <「BOO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通訳、翻訳についてR3    ③

<通訳、翻訳についてR3> 通訳、翻訳について集めてみます。 ・『小川洋子対話集』4 ・『翻訳夜話』 ・翻訳のさじかげん ・日本語は天才である(その2) ・映画字幕は翻訳ではない ・翻訳は文化である(工事中) ・通訳案内士試験(工事中) ・読み、書き、訳すこと ・関西弁の通訳 ・翻訳困りっ話 R3:『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more