テーマ:

『村上春樹と私』7

<『村上春樹と私』7> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』6

<『村上春樹と私』6> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿絵本あれこれR4

<挿絵本あれこれR4> 先日、観た『アール・デコの挿絵本』という本の美しさにいたく感激した大使であるが・・・ これまで観てきた挿絵本を、その挿絵や装丁とともに並べてみました。 ・絶対製造工場 ・へんちくりん江戸挿絵本 ・「不思議の国のアリス展」 ・ルイス・キャロル小辞典 ・アール・デコの挿絵本 ・ビアズリー怪奇幻想名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロードあれこれR3

<シルクロードあれこれR3> 『糸綢の道はるか』という本を読んだのであるが・・・ この際、これまで読んだシルクロード関連の本を並べてみようと思ったのです。 ・竜宮城と七夕さま     (2017年刊) ・三蔵法師が行くシルクロード(2013年刊) ・シルクロード悠々     (2005年刊) ・熱砂とまぼろし     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通訳、翻訳についてR10

<通訳、翻訳についてR10> 通訳、翻訳について集めてみます。 ・ジェイ・ルービン『村上春樹と私』 ・鴻巣友季子『本の森 翻訳の泉』 ・村上春樹『スメルジャコフ対織田信長家臣団』 ・村上春樹『私たちの隣人、レイモンド・カーヴァー』 ・鴻巣友季子『全身翻訳家』 ・常盤新平『翻訳出版編集後記』 ・工藤幸雄『ぼくの翻訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』5

<『村上春樹と私』5> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』4

<『村上春樹と私』4> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』3

<『村上春樹と私』3> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『妖しい関係』2

<『妖しい関係』2> 図書館で『妖しい関係』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの短篇「女主人」を紹介してくれた作家であり、とにかく阿刀田さんの短篇小説が気になるのです。 【妖しい関係】 阿刀田高著、幻冬舎、2012年刊 <商品の説明>より 突然逝った、美しく年若き妻。未亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『妖しい関係』1

<『妖しい関係』1> 図書館で『妖しい関係』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの短篇「女主人」を紹介してくれた作家であり、とにかく阿刀田さんの短篇小説が気になるのです。 【妖しい関係】 阿刀田高著、幻冬舎、2012年刊 <商品の説明>より 突然逝った、美しく年若き妻。未亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『絶対製造工場』1

<『絶対製造工場』1> 図書館で『絶対製造工場』という本を手にしたのです。 かつて読んだカレル・チャペックの『スペイン旅行記』にはユーモラスな挿絵が載っていて良かったが、この本にもところどころに挿絵が出て来るので、気にいったのです。 【絶対製造工場】 カレル・チャペック著、平凡社、2010年刊 <商品の説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き396

今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ <市立図書館> ・晴れたり曇ったり ・村上春樹と私 ・妖しい関係 ・絶対製造工場 <大学図書館> (今回はパス) 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』1

<『村上春樹と私』1> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晴れたり曇ったり』7

<『晴れたり曇ったり』7> 図書館で『晴れたり曇ったり』という本を、手にしたのです。 ウーム 見覚えが有るような、無いような本である。 帰って調べてみると、この本を借りるのは3度目であることがわかりました(またか) ・・・で、(その6、7)としました。 【晴れたり曇ったり】 川上弘美著、講談社、201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晴れたり曇ったり』6

<『晴れたり曇ったり』6> 図書館で『晴れたり曇ったり』という本を、手にしたのです。 ウーム 見覚えが有るような、無いような本である。 帰って調べてみると、この本を借りるのは3度目であることがわかりました(またか) ・・・で、(その6)としました。 【晴れたり曇ったり】 川上弘美著、講談社、2013年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『銃・病原菌・鉄(上)』3

<『銃・病原菌・鉄(上)』3> 図書館にで『銃・病原菌・鉄(上)』という本を、手にしたのです。 おお 『銃・病原菌・鉄(下)』を読んで以来、ほぼ6年すぎて、やっと上巻にお目にかかったわけである。 それにしても、2000年~2009年に刊行された全ての本の第1位というのが、すごいではないか♪ 【銃・病原菌・鉄(上)】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ソロモンの指環』3

<『ソロモンの指環』3> 図書館に予約していた『ソロモンの指環』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 「BOOK」データベースがこの本を「永遠の名作」と讃えているが・・・さて、如何なるものか♪ 【ソロモンの指環】 コンラート・ローレンツ著、早川書房、2006年刊 <「BOOK」データベース>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『銃・病原菌・鉄(上)』2

<『銃・病原菌・鉄(上)』2> 図書館にで『銃・病原菌・鉄(上)』という本を、手にしたのです。 おお 『銃・病原菌・鉄(下)』を読んで以来、ほぼ6年すぎて、やっと上巻にお目にかかったわけである。 それにしても、2000年~2009年に刊行された全ての本の第1位というのが、すごいではないか♪ 【銃・病原菌・鉄(上)】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『銃・病原菌・鉄(上)』1

<『銃・病原菌・鉄(上)』1> 図書館にで『銃・病原菌・鉄(上)』という本を、手にしたのです。 おお 『銃・病原菌・鉄(下)』を読んで以来、ほぼ6年すぎて、やっと上巻にお目にかかったわけである。 それにしても、2000年~2009年に刊行された全ての本の第1位というのが、すごいではないか♪ 【銃・病原菌・鉄(上)】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナ・スタンダードあれこれR2

<チャイナ・スタンダードあれこれR2> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 北京五輪の聖火リレーで、どこに行っても繰り広げられたいざこざがあり、「どこに行っても嫌われる中国人」という側面が見えてきたわけで・・・ これがチャイナ・スタンダードというものかと思ったものです。 つまり、いつまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字文化圏あれこれR5

<漢字文化圏あれこれR5> 本屋に出向くと、文芸春秋、SAPIO、週刊現代の特集のタイトルは、もはや開戦前夜であり・・・ メディアの警鐘だとしても、売り上げUPに協力する我が身をちょっと反省しないでもない昨今ですね。 領土に目を向けると、日中韓による共同体など永遠に実現できないとするのが、先人の教えであるが・・・・ 日中韓そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ソロモンの指環』2

<『ソロモンの指環』2> 図書館に予約していた『ソロモンの指環』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 「BOOK」データベースがこの本を「永遠の名作」と讃えているが・・・さて、如何なるものか♪ 【ソロモンの指環】 コンラート・ローレンツ著、早川書房、2006年刊 <「BOOK」データベース>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の本あれこれR6

<鳥の本あれこれR6> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ・ナショナルジオグラフィック2018年シリーズ(2018年刊) ・鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。(2017年刊) ・にっぽんスズメしぐさ(2017年刊) ・鳥の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国人のものさし日本人のものさし』6

<『中国人のものさし日本人のものさし』6> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるような、ないような・・・帰って調べるとおよそ10ヶ月前に借りていたのです。で、(その4、その5)としました。 【中国人のものさし日本人のものさし】 村山孚著、草思社、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ソロモンの指環』1

<『ソロモンの指環』1> 図書館に予約していた『ソロモンの指環』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 「BOOK」データベースがこの本を「永遠の名作」と讃えているが・・・さて、如何なるものか♪ 【ソロモンの指環】 コンラート・ローレンツ著、早川書房、2006年刊 <「BOOK」データベース>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国人のものさし日本人のものさし』5

<『中国人のものさし日本人のものさし』5> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるような、ないような・・・帰って調べるとおよそ10ヶ月前に借りていたのです。で、(その4、その5)としました。 【中国人のものさし日本人のものさし】 村山孚著、草思社、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国人のものさし日本人のものさし』4

<『中国人のものさし日本人のものさし』4> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるような、ないような・・・帰って調べるとおよそ10ヶ月前に借りていたのです。で、(その4)としました。 【中国人のものさし日本人のものさし】 村山孚著、草思社、1995年刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アジア幻想』4

<『アジア幻想』4> 図書館で『アジア幻想』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるので、再読しようということでかりたわけでおます。いわゆる確信犯というわけで・・・帰って調べるとおよそ11ヶ月前に借りていたのです。で、(その3、その4)としました。 この本の副題が「モームを旅する」となっているが、和田誠さんの本で『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予約分受取目録R21

<予約分受取目録R21> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ・・・ということで、(注意喚起の意味もあり)予約分受取目録を作った次第でおます。 <2015年予約分受取>24-39 ・日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う(12/15予約、5/2受取) ・ダイオウイカは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡193

<図書館予約の軌跡193> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・多和田葉子「献灯使」(12/09予約、副本4、予約94)現在9位 ・日本が売られる(2/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more