テーマ:神戸

『神戸と平家』3

<『神戸と平家』3> 図書館で『神戸と平家』という本を手にしたのです。 我がドングリ国の名所旧跡といえば、平家に因むものが圧倒的多数であるのです。 ・・・で、神戸と平家について、系統だてて読んでみようではないか。 【神戸と平家】 歴史資料ネットワーク編、神戸新聞総合出版センター、1999年刊 <「BO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『神戸と平家』2

<『神戸と平家』2> 図書館で『神戸と平家』という本を手にしたのです。 我がドングリ国の名所旧跡といえば、平家に因むものが圧倒的多数であるのです。 ・・・で、神戸と平家について、系統だてて読んでみようではないか。 【神戸と平家】 歴史資料ネットワーク編、神戸新聞総合出版センター、1999年刊 <「BO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸マラソンの応援

<神戸マラソンの応援> 昨日、暇な太子は神戸マラソンの応援に繰り出したのです。 マラソンレースといえば、以前は出走するものだったけど・・・ 今では応援というていたらくで(汗) 3時間台ランナーたちの体形は絞られてまんな~。 このコース最後の登りで、ここからは沿道の応援がなくて走りに専念するコース設定になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館へ行こう♪

<竹中大工道具館へ行こう♪> 大使がリピーターとして通っているミュージアムを、その頻度順に並べてみると・・・ ・横尾忠則現代美術館 ・県立美術館 ・竹中大工道具館 ・市立美術館 ・・・あたりになるのです。 竹中大工道具館の企画展には、大使のツボがうずくわけで・・・・ ネットで見てみると、以下ヒットしました♪ 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『BE KOBE』3

<『BE KOBE』3> 図書館で『BE KOBE』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ この本には阪神・淡路大震災を経験した人たちのさまざまな思い、決意が見られるわけで、神戸市民という立場で読ましてもらおうと思ったのです。 【BE KOBE】 E KOBEプロジェクト編、ポプラ社、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼の日

<追悼の日> 1・17は阪神・淡路大震災の追悼の日である・・・ ということで、今年も東遊園地にでかけてみました。 追悼24年目の神戸には、一人暮らしの高齢被災者とそれを支える復興ボランティアがいるが・・・ 神戸は被災、復興の原点という思いがするのです。 2019/1/18神戸・長田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「直筆原稿で探る~陳舜臣の神戸」記念講演

<企画展「直筆原稿で探る~陳舜臣の神戸」記念講演> 神戸文学館で表記の記念講演があるので、昼前から出かけます。 なお、記念講演の感想は追って書き込む予定でおます。 【企画展「直筆原稿で探る~陳舜臣の神戸」記念講演】神戸文学館ホームページより 「“落地生根”の行方~『枯草の根』を出立点として」 文学館正面玄関 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月11日に神戸新開地・喜楽館がオープン

<7月11日に神戸新開地・喜楽館がオープン> 7月11日に神戸新開地・喜楽館がオープンするようです♪ この上方落語の常設館は、大使がよく行く2本立て館のすぐ近くにあって、まさにドングリ国の文化施設というかんじでんな♪ さっそく、喜楽館公式サイトをのぞいてみました。 神戸新開地 喜楽館より 昼席料金:前売 ¥2,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春節到来

<春節到来> 神戸・南京町では16~18日に「春節祭」が開かれるようである。 春めいた天気に大使も浮かれて、観に行こうと思うのです。 春節祭 デジタル朝日の記事によれば、第1回メンバーによる龍舞も登場するようである。 2018/02/14南京町30回目の春節祭より  神戸市中央区の中華街・南京町で16~18日に開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関帝廟参り

<関帝廟参り> 日本で関帝廟がある町は、中華街のある神戸、長崎、横浜くらいであるが・・・ 大使は神戸に住んでいながら、今まで関帝廟に参ったことがなかったのです。 関帝廟のお盆が今日まで(8/28~8/30)ということで・・・ どんなかな?という野次馬根性もあり、見に出かけたわけです。 関帝廟より 財の神と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more