テーマ:蔵書録

蔵書録(全項目)改5

<蔵書録(全項目)改5> ある日、やや無謀ではあるが蔵書録を作ろうと思い立ったのです。 さて、数ある蔵書の分類で悩むところであるが・・・ 思いつくまま分類をスタートし、その後ブログの文字数制限にあわせて小区分を繰り返すという節操のない分類となったのが、ユニークな(アホな)ところかと、自負しておる次第です。 各項目の改訂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パンフリストR1

<映画パンフリストR1> 古本屋で買い足したこの際、手持ちの映画パンフレットのリストを作ってみたのです。(ATG作品を除く) ざっと見渡したところ・・・・戦争映画が多いようですね。 なお、近年は極力、ハリウッド作品を抑えておるところです(笑) R1:『ブレードランナー2049』、『ラストエンペラー』を追加 **…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14雑誌類

14 <14雑誌類> ・文芸春秋 ・文芸春秋 ・SAPIO ・THE BIG ISSUE JAPAN ********************************************************************** 【THE BIG ISSUE JAPAN 第2号】 雑誌、ビッグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 経済関連の本R1

2 <経済関連の本R1> 大使の場合、ブログのテーマの一番の関心事が経済となるわけであるが・・・・・ 怒りにまかせて書きちらしているわけで、べつに株をやっているわけではありません。 ・お金のために働く必用がなくなったら、何をしますか?(2018年) ・資本主義の終焉と歴史の危機(2014年) ・週間エコノミスト8/26特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キネマ旬報(2015年12月下旬号

<キネマ旬報(2015年12月下旬号)> 図書館で『キネマ旬報(2015年12月下旬号)』という雑誌を、手にしたのです。 おお「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」特集ではないか♪ 女主人公レイ、それから不良老人のハン・ソロ、チューバッカが登場する「フォースの覚醒」はわりとお気に入りの一作でおます。 図書館放出、いわゆる「リサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13 映画関連の本R1 ③

13 <映画関連の本> 映画パンフレットは数多く集めた大使であるが、映画関連の本は意外に持っていなかったのです。 このたび古書を購入したりして3冊になったので、蔵書録に「映画関連の本」という項目を設けたのです。 ・キネマ旬報(2015年12月下旬号)(2015年) ・リドリー・スコット:フィルムメーカーズ#16(2001年)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12 車の本    ③

12 <車の本> 最近、車を買い換えたせいで車関連の本が増えたので、「車の本」という項目を設けたのです。 ・N-BOX STYLE:Nでくるま旅 ・2015年軽自動車のすべて ・最新軽自動車カタログ2015 ・オーナーのためのホンダN360 **************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10 中国関連の本R1    ③

10 <中国関連の本R1> 2010年の尖閣諸島沖事件、レアアースの禁輸以来、危機感を持ってフォローしています。フォローしているネット情報は多いけど、中国関連の蔵書は意外と少ないのです。 それから、台湾関連の蔵書も含めるものとします。 (嫌中本に喰いつかないように、厳選しているんですが) ・日本の武器で滅びる中華人民共和国(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉善花さんの本

<呉善花さんの本> 図書館で『「近くて遠い国」でいい、日本と韓国』という本を借りてきて、これから読もうとしているのだが・・・ 『朴槿恵の真実』という本も借出し予約しているのです。 呉善花さんの本については、『スカートの風』に出会って以来よく読んでいるので(あるいは読もうとしているので)、それらを並べてみました。 ・朴槿恵の真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異境、辺境を描く著作R1     ③

<異境、辺境を描く著作R1> 今読んでいる『発火点:桐野夏生対論集』という本のなかに異境とか辺境を描く著作がでてくるのだが・・・この種の作品に対しては偏屈な大使のアンテナがうずくのでおます。 ということで、これまで大使が読んできた(あるいはこのあと読む)この種の作品を並べてみます・・・壮観やないけ♪ ・あやしい探検隊不思議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1 漫画の蔵書録R1   ③

1 <漫画の蔵書録R1> 蔵書録を作り始めたので、漫画についても作っておこう。 とにかく、漫画の表紙は変化があるので・・・・並べるときれいだ♪ ・ヤスジのメッタクチャバカ(1977年) ・ガロ(1993年8月号)(1993年) ・鉄コン筋クリート(1994年) ・一億人の漫画連鎖(1998年) ・谷岡ヤスジ傑作選 天才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『老人力自慢』

<『老人力自慢』> 図書館で『老人力自慢』という本を手にしたのです。 おお 赤瀬川さんの老人力やないけ♪ これまで赤瀬川さんの「老人力」を多々読んできたけど、この本には「老人力」発祥のエピソードが載っていて、興味深いのです。 【老人力自慢】 赤瀬川原平著、筑摩書房、1999年刊 <「BOOK」データベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4 戦争、軍事関連の本 ③

<4 戦争、軍事関連の本> 石破さんには及ばないが、軍事オタク(未満)の大使が読んできた、戦争、軍事関連の本を並べてみます。 ・L'histoire vecue de la seconde guerre mondialeII:Le siege(1963年) ・大戦下のヨーロッパ(1970年) ・ノモンハン(1975年) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11 整理、ハウツー本  ③

11 <整理、ハウツー本> 分類したあとの残りというか、ハウツー本とでもいう本です。 整理とかミリマリストなども含めるものとします。 ・情報の「捨て方」(2015年) ・ストレスゼロの整理術(2015年) ・ビジネスマンの教養とは(2013年) ・決定版 整理術(2007年) ・手づくり木工辞典(1997年) ・四季…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9 テクノナショナリズムの本    ③

9 <テクノナショナリズムの本> 中国のレアアース禁輸は衝撃的であったが、日本はそれ以来レアアースに頼らない技術を模索しています。 不肖大使も、それ以来テクノナショナリズムに目覚めたのであるが・・・・そういう主旨の蔵書を並べてみます。 ・日本型モノづくりの敗北(2013年) ・はやぶさの軌跡(2011年) ・モノができる仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13 小説家になるための本   ③

13 <小説家になるための本> 暇な大使は「よしいっちょう 小説でも書いてみるか」と思うわけで… 蔵書録に「小説家になるための本」という項目を設けたのです。 ・読書入門:BRUTUS(2014年) ・街場の文体論(2012年) ・三四郎はそれから門を出た(2010年) ・村上春樹ロングインタビュー(2010年) ・夢を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5 食料、料理関連の本   ③

5 <食料、料理関連の本> 蔵書録のテーマに食料、料理関連を追加するものとします。 人生の楽しみのひとつに、食う飲むがあるわけで、テーマを立てるしかないですね♪ ・焼肉上等。(2016年) ・ごはんぐるり(2016年) ・あやしい探検隊焚火発見伝(1998年) ・全日本食えばわかる図鑑(1989年) ・もの食う人びと(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『書いて稼ぐ技術』3

<『書いて稼ぐ技術』3> 『書いて稼ぐ技術』という新書が積読になっていたが… この本を再読して、「読み書きのしかた」という基本を修めようと思うのです(暇なことで)♪ 【書いて稼ぐ技術】 永江朗著、平凡社、2009年刊 <「BOOK」データベース>より フリーライターは名乗れば誰でもなれるが、それで食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三四郎はそれから門を出た』3

<『三四郎はそれから門を出た』3> 本屋で三浦しをん著『三四郎はそれから門を出た』という文庫本を手にしたが…書評集にしたらけったいなタイトルやで。 でも、朝日新聞の書評欄で、つねづね三浦しをんをフォローしているわけで・・・ こんな軽いタッチのブックガイドもいいかも♪ 手元不如意の大使が、本屋で本を買い求めるのは久々であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三四郎はそれから門を出た』2

<『三四郎はそれから門を出た』2> 本屋で三浦しをん著『三四郎はそれから門を出た』という文庫本を手にしたが…書評集にしたらけったいなタイトルやで。 でも、朝日新聞の書評欄で、つねづね三浦しをんをフォローしているわけで・・・ こんな軽いタッチのブックガイドもいいかも♪ 手元不如意の大使が、本屋で本を買い求めるのは久々であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6 日本人、ナショナリズムの本R1   ③

6 <日本人、ナショナリズムの本R1> 日本人ほど日本人論が好きな国民はいないと、よく言われているが・・・・ 大使自身も体験的に言えてると思うのです。 また、加齢とともにナショナリズムにひかれるのも、よくあることかも。 ・日本人の顔(1975年) ・韓国人が見た日本(1984年) ・人間を幸福にしない日本というシステム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再読シリーズ(#24- )

<再読シリーズ(#24- )> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 で、再読シリーズとして、以下のとおりボツボツ取り上げてみます。 ・#25:書いて稼ぐ技術 ・#24:「無法」中国との戦い方 ・#23:資本主義の終焉と歴史の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書術・書評のインデックスR1 ③

<読書術・書評のインデックスR1> このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ・気になる書棚 ・読書の技法 ・松岡正剛の書棚 ・絵本あれこれ ・文学賞あれこれ ・書いて稼ぐ技術 ・『街場の読書論』3 ・オールドウェーブSFなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9 地図類     ③

9 <地図類> 蔵書録のあちこちに、地図類がちらばっているので、グループを作って並べることにしました。 ・街の達人コンパクト京阪神(2009年) ・今がわかる時代がわかる世界地図(2007年) ・地図で歩く大阪(2007年) ・Cities Maps: Seoul(2006年) ・地図で訪ねる歴史の舞台(日本)(199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西加奈子の世界  ③

<西加奈子の世界> 東京にコンプレックスを抱く大使が、個人的な拘りで「関西人の系譜」を作っているのだが・・・ 系譜のひとり、西加奈子さんが、このたび『サラバ!』で直木賞を受賞したとのこと。 すでにたくさんの小説を刊行している西さんだから、てっきり直木賞や芥川賞を受賞しているものと思っていたが、まだだったのが意外でした。 帰国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11 整理、ハウツー本  ③

11 <整理、ハウツー本> 分類したあとの残りというか、ハウツー本とでもいう本です。 整理とかミリマリストなども含めるものとします。 ・情報の「捨て方」(2015年) ・ストレスゼロの整理術(2015年) ・ビジネスマンの教養とは(2013年) ・手づくり木工辞典(1997年) ・四季の花撮影(1997年) ・超整理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8 メディア関連の本 ③

8 <メディア関連の本> 日進月歩のメディア、ウェブにおいて、比較的に陳腐化していない蔵書を並べたつもりです。 (大使 それより早くスマホを買いましょうね) ・アメリカジャーナリズム報告(1984年) ・追悼!噂の真相(2004年) ・DAYS JAPAN 創刊号(2004年) ・ご臨終メディア(2005年) ・官僚と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13 書評とか出版関連の本   ③

13 <書評とか出版関連の本> 書評集とか、出版とか、本屋とか本に関する本がふえてきたので、蔵書録に「書評とか出版関連の本」という項目を設けたのです。 ・青春と読書:2月号(2015年) ・IN★POCKET 2014年10月号(2014年) ・三四郎はそれから門を出た(2010年) ・新書大賞2010(2010年) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1 漫画の蔵書録      ③

1 <漫画の蔵書録> 蔵書録を作り始めたので、漫画についても作っておこう。 とにかく、漫画の表紙は変化があるので・・・・並べるときれいだ♪ ・ヤスジのメッタクチャバカ(1977年) ・鉄コン筋クリート(1994年) ・谷岡ヤスジ傑作選 天才の証明(1999年) ・ジパング(2001年) ・ナンバーファイブ―吾(2001…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西加奈子『ごはんぐるり』

<『ごはんぐるり』> 西加奈子『ごはんぐるり』という文庫本を、文庫本としては久々に購入したのです。 幸せな食オンチが語る本とのことなので、グルメな読みどころは期待しておりません(笑)。 【ごはんぐるり 】 西加奈子著、文藝春秋、2016年刊 <「BOOK」データベース>より カイロ&大阪育ち、幸せな食オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more