テーマ:経済

『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』5

<『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』5> 図書館で『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』という本を、手にしたのです。タイム誌ベストノンフィクション部門の第1位になったとか・・・さて、どんなグローバル社会なのか。 【コロンブスからはじまるグローバル社会I493】 チャールズ・C・マン著、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』4

<『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』4> 図書館で『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』という本を、手にしたのです。タイム誌ベストノンフィクション部門の第1位になったとか・・・さて、どんなグローバル社会なのか。 【コロンブスからはじまるグローバル社会I493】 チャールズ・C・マン著、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』3

<『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』3> 図書館で『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』という本を、手にしたのです。タイム誌ベストノンフィクション部門の第1位になったとか・・・さて、どんなグローバル社会なのか。 【コロンブスからはじまるグローバル社会I493】 チャールズ・C・マン著、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』2

<『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』2> 図書館で『コロンブスからはじまるグローバル社会I493』という本を、手にしたのです。タイム誌ベストノンフィクション部門の第1位になったとか・・・さて、どんなグローバル社会なのか。 【コロンブスからはじまるグローバル社会I493】 チャールズ・C・マン著、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』3

<『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』3> 図書館で『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』を手にしたが・・・ 全項目に、カラー写真、カラー画像満載で、まさに図説という感じで、ええでぇ♪ 【日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術】 日経BP社編、日経BP、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術

<日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術> 図書館で『日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術』を手にしたが・・・ 全項目に、カラー写真、カラー画像満載で、まさに図説という感じで、ええでぇ♪ 【日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術】 日経BP社編、日経BP、2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが町のイオン・モール

<わが町のイオン・モール> エスカレーターを1基増設し、わが町のイオン・モールの改装がほぼ終わったようである。ここの土地代が高いのでモール内の店舗の入れ代わりの多いことには定評があるのだが・・ でもね、住民としては物が安くて店が綺麗であればそれでいいのである。 わが町はダイエー発祥の地とでもいうわけで、町の中には中内さんの威光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新・日本の階級社会』4

<『新・日本の階級社会』4> 図書館に予約していた『新・日本の階級社会』という新書を、待つこと約1ヵ月でゲットしたのです。 おお 楽天の日別ランキング (美容・暮らし・健康・料理) のトップではないか♪ でも、ジャンル分けがちょっとヘンやで。 【新・日本の階級社会】 橋本健二著、講談社、2018年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベ-シックインカムがつなぐ輪R2

<ベ-シックインカムがつなぐ輪R2> 『お金のために働く必用がなくなったら、何をしますか?』という新書を、読んでいるのだが・・・ この本はベ-シックインカム導入を題材にして、望まれる社会保障制度を論じているわけです。 ・・・ということで、ベ-シックインカムについて集めてみます。 ・「ベーシックインカム」実験 疑問の声も(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新・日本の階級社会』3

<『新・日本の階級社会』3> 図書館に予約していた『新・日本の階級社会』という新書を、待つこと約1ヵ月でゲットしたのです。 おお 楽天の日別ランキング (美容・暮らし・健康・料理) のトップではないか♪ でも、ジャンル分けがちょっとヘンやで。 【新・日本の階級社会】 橋本健二著、講談社、2018年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新・日本の階級社会』2

<『新・日本の階級社会』2> 図書館に予約していた『新・日本の階級社会』という新書を、待つこと約1ヵ月でゲットしたのです。 おお 楽天の日別ランキング (美容・暮らし・健康・料理) のトップではないか♪ でも、ジャンル分けがちょっとヘンやで。 【新・日本の階級社会】 橋本健二著、講談社、2018年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新・日本の階級社会』1

<『新・日本の階級社会』1> 図書館に予約していた『新・日本の階級社会』という新書を、待つこと約1ヵ月でゲットしたのです。 おお 楽天の日別ランキング (美容・暮らし・健康・料理) のトップではないか♪ でも、ジャンル分けがちょっとヘンやで。 【新・日本の階級社会】 橋本健二著、講談社、2018年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『限界都市あなたの街が蝕まれる』4

<『限界都市あなたの街が蝕まれる』4> 図書館で『限界都市あなたの街が蝕まれる』という新書を、手にしたのです。 少子高齢化の昨今、日本はいまだに「新築志向」から抜け出せずにいる・・・ほんま、バカの一つ覚えというか、アホやで! 【限界都市あなたの街が蝕まれる】 日本経済新聞社著、日本経済新聞出版社、2019年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『限界都市あなたの街が蝕まれる』3

<『限界都市あなたの街が蝕まれる』3> 図書館で『限界都市あなたの街が蝕まれる』という新書を、手にしたのです。 少子高齢化の昨今、日本はいまだに「新築志向」から抜け出せずにいる・・・ほんま、バカの一つ覚えというか、アホやで! 【限界都市あなたの街が蝕まれる】 日本経済新聞社著、日本経済新聞出版社、2019年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『限界都市あなたの街が蝕まれる』2

<『限界都市あなたの街が蝕まれる』2> 図書館で『限界都市あなたの街が蝕まれる』という新書を、手にしたのです。 少子高齢化の昨今、日本はいまだに「新築志向」から抜け出せずにいる・・・ほんま、バカの一つ覚えというか、アホやで! 【限界都市あなたの街が蝕まれる】 日本経済新聞社著、日本経済新聞出版社、2019年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『限界都市あなたの街が蝕まれる』1

<『限界都市あなたの街が蝕まれる』1> 図書館で『限界都市あなたの街が蝕まれる』という新書を、手にしたのです。 少子高齢化の昨今、日本はいまだに「新築志向」から抜け出せずにいる・・・ほんま、バカの一つ覚えというか、アホやで! 【限界都市あなたの街が蝕まれる】 日本経済新聞社著、日本経済新聞出版社、2019年刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『テクノロジーの地政学』2

<『テクノロジーの地政学』2> 図書館で『テクノロジーの地政学』という本を、手にしたのです。 トランプさんのファーウェイ排除は極めて傲慢にも見えるが・・・ いやいや、中国が狙う「ソフトウェア経済圏」は侮りがたいのである。 【テクノロジーの地政学】 シバタ ナオキ, 吉川 欣也著、日経BP、2018年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『テクノロジーの地政学』1

<『テクノロジーの地政学』1> 図書館で『テクノロジーの地政学』という本を、手にしたのです。 トランプさんのファーウェイ排除は極めて傲慢にも見えるが・・・ いやいや、中国が狙う「ソフトウェア経済圏」は侮りがたいのである。 【テクノロジーの地政学】 シバタ ナオキ, 吉川 欣也著、日経BP、2018年刊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テクノナショナリズムに目覚めた12-R4

<テクノナショナリズムに目覚めた12-R4>   テクノナショナリズムという耳新しい言葉があるが・・・・ 中国がレアアースの輸出統制を始めて以来、テクノナショナリズムに目覚めたのです。 とにかく、技術流出とか中国製電気自動車と聞くと、ついヒートアップするのです。 ・『テクノロジーの地政学』 ・中国、月の裏側に着陸 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『これからを稼ごう』2

<『これからを稼ごう』2> 図書館に予約していた『これからを稼ごう』という本を待つことおよそ6ヶ月でゲットしたのです。 このところ突出するGAFAに対して、疑問あるいは抗議が提示されるようになりましたね。一方で、仮想通貨市場などはまさしくフェイクであるが・・・ フェイクの中で立ち回る堀江さんは、どう見ているのか? 【これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『これからを稼ごう』1

<『これからを稼ごう』1> 図書館に予約していた『これからを稼ごう』という本を待つことおよそ6ヶ月でゲットしたのです。 このところ突出するGAFAに対して、疑問あるいは抗議が提示されるようになりましたね。一方で、仮想通貨市場などはまさしくフェイクであるが・・・ フェイクの中で立ち回る堀江さんは、どう見ているのか? 【これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の取次苦境、ほころぶ流通網

<本の取次苦境、ほころぶ流通網> 紙の本にこだわる太子にとって、昨今の出版不況が気になっているのです。 デジタル朝日に気になる記事があったので、コピペしたのです。 (もちろん、紙面もスクラップするアナログ老人ではあるが) 2019年06月12日本の取次苦境、ほころぶ流通網 出版社「作っても届かない」懸念より 出版業界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『稲を選んだ日本人』2

<『稲を選んだ日本人』2> 図書館で『稲を選んだ日本人』という本を、手にしたのです。 注目点は要するに、水稲耕作という文化衝撃に抗った縄文人がいたのではないか?と思うわけです。 【稲を選んだ日本人】 坪井洋文著、未来社、1982年刊 <「BOOK」データベース>より 古書につきデータなし   <読む前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『稲を選んだ日本人』1

<『稲を選んだ日本人』1> 図書館で『稲を選んだ日本人』という本を、手にしたのです。 注目点は要するに、水稲耕作という文化衝撃に抗った縄文人がいたのではないか?と思うわけです。 【稲を選んだ日本人】 坪井洋文著、未来社、1982年刊 <「BOOK」データベース>より 古書につきデータなし   <読む前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産機開発の技術戦略R1

<国産機開発の技術戦略R1> 準国産機といえなくもないB787機がこのところの故障で飛行禁止になっている昨今であるが・・・ 純国産の中型ジェットMRJの初飛行が2015年内に予定されています。 MRJ ところで・・・ ゼロ戦、YS-11、F2、MRJ、心神と並べてみて何のシリーズか判る人・・・はい、貴方!そうです。戦中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機シリーズ3-R5

<飛行機シリーズ3-R5> 飛行機、戦闘機について集めてみます。 P-51_F-15 ・『MRJが訴訟相手と買収交渉』 ・『飛行士たちの話』 ・但馬空港と大阪空港間に新型機就航 ・戦う操縦士 ・古今東西エンジン図鑑 ・MRJとHondaJetに見る事業の“スコープ” ******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ関連の最新報道

<ファーウェイ関連の最新報道> 格安スマホ市場が、ファーウェイ排除に動いているようである。 テクノナショナリズムに凝り固まった太子もこの動きに注目しているのだ。 ということで・・・ ファーウェイ関連の最新報道を見てみましょう。 2019年6月01日(多事奏論)ファーウェイ排除 「テクノ冷戦」、第三の道は:吉岡桂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カズオ・イシグロ』3

<『カズオ・イシグロ』3> 図書館で『カズオ・イシグロ』という本を、手にしたのです。 カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞したのは2017年であるが、2011年にこれだけの本(本邦初のイシグロ論とのこと)が出ていたことに驚くわけでおます。 【カズオ・イシグロ】 平井杏子著、水声社、2011年刊 <「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パナマ文書』4

<『パナマ文書』4> 図書館で『パナマ文書』という本を、手にしたのです。 オフショアといえば、悪人の隠し口座であり、タックスヘイブン(租税回避地)でもある。 2016年4月、「パナマ文書」がタックスヘイブン利用者を公表し、世界は大きな衝撃を受けた。 【パナマ文書】 渡邉哲也著、徳間書店、2016年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パナマ文書』3

<『パナマ文書』3> 図書館で『パナマ文書』という本を、手にしたのです。 オフショアといえば、悪人の隠し口座であり、タックスヘイブン(租税回避地)でもある。 2016年4月、「パナマ文書」がタックスヘイブン利用者を公表し、世界は大きな衝撃を受けた。 【パナマ文書】 渡邉哲也著、徳間書店、2016年刊 <…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more