テーマ:探検

コンラッド『闇の奥』2

コンラッド『闇の奥』2 図書館に予約していた『闇の奥』という本を、待つこと3日の速攻でゲットしたのです。 先日、間違って辻原登著『闇の奥』を先に読んだのだが・・・ 今度は本物の『闇の奥』にとりかかるわけでおます。 なお、村上春樹『羊をめぐる冒険』に、このコンラッド著『闇の奥』が引用されているわけで・・・それで図書館に借出し予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『極夜行』3

<『極夜行』3> 図書館に予約していた『極夜行』という本を、待つこと5ヵ月でゲットしたのです。 昨年末のETV特集『極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~』を観たのだが、壮絶な内容であった。 …で、イラチな大使はこの本の図書館借出しを予約していたのです。 【極夜行】 角幡唯介著、文藝春秋、2018年刊 <「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『極夜行』2

<『極夜行』2> 図書館に予約していた『極夜行』という本を、待つこと5ヵ月でゲットしたのです。 昨年末のETV特集『極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~』を観たのだが、壮絶な内容であった。 …で、イラチな大使はこの本の図書館借出しを予約していたのです。 【極夜行】 角幡唯介著、文藝春秋、2018年刊 <「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『闇の奥』1

<『闇の奥』1> 図書館に予約していた『闇の奥』という本を、待つこと6日でゲットしたのです。 ジョセフ・コンラッド『闇の奥』を予約したつもりが、この本だった。 でも面白そうだから…ま いいか♪ 【闇の奥】 辻原登著、文藝春秋、2013年刊 <「BOOK」データベース>より 太平洋戦争末期、北ボルネオで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『極夜行』1

<『極夜行』1> 図書館に予約していた『極夜行』という本を、待つこと5ヵ月でゲットしたのです。 昨年末のETV特集『極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~』を観たのだが、壮絶な内容であった。 …で、イラチな大使はこの本の図書館借出しを予約していたのです。 【極夜行】 角幡唯介著、文藝春秋、2018年刊 <「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探検本あれこれ(その13)

<探検本あれこれ(その13)> 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』という本を図書館に予約しているんだけど・・・ 副本4冊で17番の順番待ちでは、受取りはたぶん3ヶ月後くらいになるかな。 読書の秋ということで・・・ 文学関連の新聞スクラップファイルを見ていたら、スクラップ記事「探検心がわき上がる」を見っけ♪ ・・・で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『TOKYO 0円ハウス 0円生活』1

<『TOKYO 0円ハウス 0円生活』1> 図書館で『TOKYO 0円ハウス 0円生活』という本を、手にしたのです。 今、加村一馬著『洞窟おじさん』という本を借出し予約して半年以上も待っているのだが・・・要するに、金がなくても生きていくサバイバル術に関心があるわけです。 この「洞窟おじさん」よりも現実味のあるサバイバル術がこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『韃靼漂流記』2

<『韃靼漂流記』2> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 【韃靼漂流記】 園田一亀著、平凡社、1991年刊 <カスタマーレビュー>よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『韃靼漂流記』1

<『韃靼漂流記』1> 図書館で『韃靼漂流記』という東洋文庫を、手にしたのです。 興味深い史実であるが・・・ぱっと見とにかく、漢字の密度が多い文章である。 歴史的仮名遣いは丸谷才一さんほどではないけど、読みにくいことこの上ないのだ。 【韃靼漂流記】 園田一亀著、平凡社、1991年刊 <カスタマーレビュー>よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探検本あれこれ(その10)

<探検本あれこれ(その10)> 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』という本を図書館に予約しているんだけど・・・ 副本4冊で17番の順番待ちでは、受取りはたぶん3ヶ月後くらいになるかな。 読書の秋ということで・・・ 文学関連の新聞スクラップファイルを見ていたら、スクラップ記事「探検心がわき上がる」を見っけ♪ ・・・で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーナの写真付き旅行記R5

<シーナの写真付き旅行記R5> 図書館で借りた『国境越え』という本を読み始めたのだが… シーナの写真付き旅行記はかなりの数になるようで、この本の出された2012年時点で25冊にものぼるそうです。 …ということで、大使の読んだこのジャンルの本を並べてみます。 (なお、文章なしの写真集『ONCE UPON A TIME』も含め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アイスランド』3

<『アイスランド』3> 図書館で『アイスランド』という本を手にしたが・・・ ビジュアル本と言っていいほど、カラー写真、モノクロ写真が載っています。 それらはナショジオの絶景写真と著者撮り下ろし!とのこと。…旅するカメラマンの面目躍如ではないか♪ 【アイスランド】 椎名誠著、日経ナショナルジオグラフィック社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アイスランド』2

<『アイスランド』2> 図書館で『アイスランド』という本を手にしたが・・・ ビジュアル本と言っていいほど、カラー写真、モノクロ写真が載っています。 それらはナショジオの絶景写真と著者撮り下ろし!とのこと。…旅するカメラマンの面目躍如ではないか♪ 【アイスランド】 椎名誠著、日経ナショナルジオグラフィック社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アイスランド』

<『アイスランド』1> 図書館で『アイスランド』という本を手にしたが・・・ ビジュアル本と言っていいほど、カラー写真、モノクロ写真が載っています。 それらはナショジオの絶景写真と著者撮り下ろし!とのこと。…旅するカメラマンの面目躍如ではないか♪ 【アイスランド】 椎名誠著、日経ナショナルジオグラフィック社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探検本あれこれ(その9)

<探検本あれこれ(その9)> 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』という本を図書館に予約しているんだけど・・・ 副本4冊で17番の順番待ちでは、受取りはたぶん3ヶ月後くらいになるかな。 読書の秋ということで・・・ 文学関連の新聞スクラップファイルを見ていたら、スクラップ記事「探検心がわき上がる」を見っけ♪ ・・・で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more