テーマ:SF

『セレモニー』2

<『セレモニー』2> 図書館に予約していた『セレモニー』という本を、図書館に借出し予約して4日後にゲットしたのです。 このところ、『紙の動物園』を読んで以来、中国人のSFにはまっているが・・・ この本の冒頭で、ウィルス対応の手洗いがでてくるのが、なにやら気になるのです。 【セレモニー】 王力雄著、藤原書店、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人SFあれこれ

10  <中国人SFあれこれ> ケン・リュウの『紙の動物園』を読んで以来わりと中国人SFにハマっているわけでおます。 そういえば、オーストラリアで暮らすショーン・タンも中国系SF作家と言えなくもないですね。 ということで、中国人SFを集めてみました。 ・三体(2019年刊) ・紙の動物園(2015年刊) ・夏のルール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ノミのジャンプと銀河系』2

<『ノミのジャンプと銀河系』2> 図書館に予約していた『ノミのジャンプと銀河系』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 この本はSFではないのだが、サイエンスの薀蓄、またハードSFのネタに溢れているわけで・・・ええでぇ♪ 【ノミのジャンプと銀河系】 椎名誠著、新潮社、2000年刊 <出版社>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ノミのジャンプと銀河系』1

<『ノミのジャンプと銀河系』> 図書館に予約していた『ノミのジャンプと銀河系』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 この本はSFではないのだが、サイエンスの薀蓄、またハードSFのネタに溢れているわけで・・・ええでぇ♪ 【ノミのジャンプと銀河系】 椎名誠著、新潮社、2000年刊 <出版社>より …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紙の動物園』2

<『紙の動物園』2> 図書館に予約していた『紙の動物園』というSFを、ようやくゲットしたのです。 中国人の著わしたSFを初めて読むことになるのだが・・・・ 3冠に輝いた現代アメリカSFの新鋭ということで、期待できそうやでぇ♪ 【紙の動物園】 ケン・リュウ著、早川書房 、2015年刊 <「BOOK」データベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オデッセイ』を観た

<『オデッセイ』を観た> ハリウッド映画を極力観ないようにしているのだが・・・ リドリー・スコット監督のハードSF映画となると観ないわけにはいかないだろう。 ということで、封切館にでかけたのです。 大使の場合、2D字幕が第一希望なんですが、観たのは2D吹替えでした。 【オデッセイ】 リドリー・スコット監督、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more