火の鳥 53

<火の鳥 53> このところ新聞のスクラップとその記事のデジタル保存に勤しんでいるが・・・ なにしろ、コロナウィルス対応の自粛で読む本に事欠いてきたので、連載中のこの「火の鳥」を読んでみようかと思い立ったわけでおます。 デジタル朝日の記事をコピペしたので見てみましょう。 2020年5月16日火の鳥 大地編:53よ…
コメント:0

続きを読むread more

二十四節季の立夏に注目

<二十四節季の立夏に注目> 早朝に散歩する太子であるが、南東の空に月と金星が見えるのです。 ちょうど三日月の内側に金星が位置しているが、これって中東諸国が好むマークではないか。また、このマークは春分と関係があるのではないか? このところ宇宙や占星術の記事を見たり、書いたりしているが『日本のならわしとしきたり』という蔵書に二…
コメント:0

続きを読むread more

台湾あれこれR5

<台湾あれこれR5> 出張で行った台湾とか、台湾映画とか集めてみました。 ・路(ルウ) みどころ ・道半ば ・海角7号(魏徳聖著) ・お言葉ですが・・・別巻2 ・台湾初の女性総統にエール ・台湾旅行計画(工事中) ・『美麗島紀行』2 ・フラガールとアリエッティ、そしてセデックバレ ・「トロッコ」に触発されて、…
コメント:0

続きを読むread more

『「空気」の研究』

<『「空気」の研究』> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 買ったのは2013年だが、第1刷出版は1983年となっています。 とにかく、この本を読んでいないと話にならないほどの名著なんでしょうね。 【「空気」の研究】 …
コメント:0

続きを読むread more

13 映画関連の本R3

13 <映画関連の本R3> 映画パンフレットは数多く集めた大使であるが、映画関連の本は意外に持っていなかったのです。 このたび古書を購入したりして3冊(現在は6冊)になったので、蔵書録に「映画関連の本」という項目を設けたのです。 新刊を買ったゴダール(1969年)の他は、古書または図書館放出本ばかりで・・・ 太子のフトコロ事情が…
コメント:0

続きを読むread more

路(ルウ) みどころ

<路(ルウ) みどころ> NHKと台湾のPTSの共同制作ドラマが今夜から始まるということで・・・ ネットでみどころを探してみたのです。 路(ルウ) みどころより  台湾新幹線プロジェクトの軌跡を縦糸に、日本人と台湾人のあたたかな心の絆を描いた吉田修一の傑作小説「路(ルウ)」を、NHKと台湾の公共放送局・PTSの共…
コメント:0

続きを読むread more

『街並みの美学』

<『街並みの美学』> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・この本を入手した経緯を覚えていないのだが、たぶん古書店か大学学園祭のバザーかなんかだったのでしょう。 とにかく、こんなに堅い本は古書店の100円コーナーに並べてあり…
コメント:0

続きを読むread more

高橋源一郎「歩かないで、考える」

<高橋源一郎「歩かないで、考える」> 新型コロナウイルス対策に関していろんな知識人がコメントしているが・・・ 高橋源一郎さんが、朝日新聞の連載コラム特別編で「読んでは沈思、18歳の独房以来」と説いているので見てみましょう。 (高橋さんのオピニオンを5/15デジタル朝日から転記しました)  作家・高橋源一郎さん…
コメント:0

続きを読むread more

『映画渡世・地の巻―マキノ雅弘自伝 』

<『映画渡世・地の巻―マキノ雅弘自伝 』> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・この本を入手した経緯を覚えていないのだが、たぶん古書店か大学学園祭のバザーかなんかだったのでしょう。 【映画渡世・地の巻―マキノ雅弘自伝 …
コメント:0

続きを読むread more

再読シリーズ(#35-37)

<再読シリーズ(#35-37)> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 で、再読シリーズとして、以下のとおりボツボツ取り上げてみます。 ・#37: 韓国 反日感情の正体 ・#36: トウ小平 ・#35: 日本語と韓国語 ・#…
コメント:0

続きを読むread more

ドライブスルー魚屋

<ドライブスルー魚屋> コロナウィルス自粛のせいで、買い物も控えめに・・・ だけど、オンラインといってもネット注文は割高である。 ネットに「ドライブスルー魚屋」というのがあったので、見てみましょう。 ドライブスルー魚屋より 外食卸に特化した魚屋がこだわりの魚を厳選し、ご奉仕価格にて提供。 スーパーに行く…
コメント:0

続きを読むread more

『韓国 反日感情の正体』2

<『韓国 反日感情の正体』2> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・再読シリーズの一貫として、以下のとおり取り上げてみます。 【韓国 反日感情の正体】 黒田勝弘著、角川学芸出版、2013年刊 <「…
コメント:0

続きを読むread more

『韓国 反日感情の正体』

<『韓国 反日感情の正体』> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・再読シリーズの一貫として、以下のとおり取り上げてみます。 【韓国 反日感情の正体】 黒田勝弘著、角川学芸出版、2013年刊 <「B…
コメント:0

続きを読むread more

『日本語と韓国語』3

<『日本語と韓国語』3> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・再読シリーズの一貫として、以下のとおり取り上げてみます。 【日本語と韓国語】 大野敏明著、文藝春秋、2002年刊 <「BOOK」データベース…
コメント:0

続きを読むread more

『日本語と韓国語』2

<『日本語と韓国語』2> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・再読シリーズの一貫として、以下のとおり取り上げてみます。 【日本語と韓国語】 大野敏明著、文藝春秋、2002年刊 <「BOOK」データベース…
コメント:0

続きを読むread more

『日本語と韓国語』1

<『日本語と韓国語』1> 図書館の本を手当たり次第に、借りている大使であるが・・・・ なんか慌しいので、この際、積読状態の蔵書を再読しようと思い立ったのです。 ・・・再読シリーズの一貫として、以下のとおり取り上げてみます。 【日本語と韓国語】 大野敏明著、文藝春秋、2002年刊 <「BOOK」データベース…
コメント:0

続きを読むread more

個人的言語学12-R7

<個人的言語学12-R7>   異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。 最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。(退職して7年たちましたが) ・地球にちりばめられて ・外国語学習について ・文字渦 ・日本語…
コメント:0

続きを読むread more

内田先生かく語りき(その20)

<内田先生かく語りき(その20)> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。 (池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は…
コメント:0

続きを読むread more

『習近平の中国』4

<『習近平の中国』4> 中国大使をつとめ、習近平を知悉する著者が語る中国の実情とのこと・・・ 本屋で立ち読みしていて衝動買いしたのです。 コロナウイルス対応の図書館閉鎖の折、読む本に事欠いてきたので・・・ 書棚からこの本を引っ張り出してきたのです。 調べてみたら2回目の再読になるので、(その3、その4)としたのです。 …
コメント:0

続きを読むread more

(記者解説)感染対策に「追跡」技術

<(記者解説)感染対策に「追跡」技術> 太子はスマホを持っていないので、警察に位置情報は捕捉されないのだ。 もし太子がコロナ感染し感染経路を探索する必要が生じた場合には、監視カメラと顔認証技術による割り出ししかないのである。 斯様に個人情報に関するセキュリティ感度は高い大使であるが、べつに銀行強盗のような悪事を企てているわけで…
コメント:0

続きを読むread more