『たちどまって考える』1

<『たちどまって考える』1> 本屋の店頭で『たちどまって考える』という新書を手にしたのです。 パラパラとめくってみると、ヤマザキマリの最新評論集のような本になっています。 これは図書館予約している場合ではないでえ・・・ということで、衝動買いしたわけでおます。 【たちどまって考える】 ヤマザキマリ著、中央公論新社…
コメント:0

続きを読むread more

『若い読者のための短編小説案内』2

<『若い読者のための短編小説案内』2> 図書館で『若い読者のための短編小説案内』という本を手にしたのです。 村上春樹が取りあげた作者、作品に、時代の古さが感じられます。 【若い読者のための短編小説案内】 村上春樹著、文藝春秋、1998年刊 <「BOOK」データベース>より 戦後日本の代表的な作家六人の短…
コメント:0

続きを読むread more