『エッセイ脳』2

<『エッセイ脳』2> 図書館で『エッセイ脳』という本を、手にしたのです。 おお 我がブログに面白い記事を書くうえで参考になるかも♪・・・ということでんな。 【エッセイ脳】 岸本葉子著、中央公論新社、2010年刊 <「BOOK」データベース>より 言葉の選び方、書き出しの心得、起承転結の「転」を利かし書き手…
コメント:0

続きを読むread more

『GOSICK RED(レッド)』1

<『GOSICK RED(レッド)』1> 図書館で『GOSICK RED(レッド)』という本を、手にしたのです。 たまには気楽に小説を読んでみるかということでチョイスした次第でおます。 朝日新聞に週1回、著者の小説『火の鳥』が連載されていて、エンタメの実力は申し分なしだし。 【GOSICK RED(レッド)】 …
コメント:0

続きを読むread more

内田先生かく語りき(その26)

<内田先生かく語りき(その26)> 「内田樹の研究室」の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。 最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。 (池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は…
コメント:0

続きを読むread more

『サル化する世界』5

<『サル化する世界』5> 図書館に予約していた『サル化する世界』という本を、待つことおよそ5ヵ月で、ゲットしたのです。 内田先生には毎度「内田樹の研究室」の紹介を務めている太子である。この本には期待できそうやでぇ♪ 【サル化する世界】 内田樹著、文藝春秋、2020年刊 <「BOOK」データベース>より 現代社…
コメント:0

続きを読むread more

『メーター検針員テゲテゲ日記』2

<『メーター検針員テゲテゲ日記』2> 図書館に予約していた『メーター検針員テゲテゲ日記』という本を、待つこと8ヵ月ほどでゲットしたのです。 入荷待ちで予約の先客が12人もいたが・・・図書館側で副本を増やしたのかもね。 【メーター検針員テゲテゲ日記】 川島徹著、三五館シンシャ、2020年刊 <「BOOK」…
コメント:0

続きを読むread more

『メーター検針員テゲテゲ日記』1

<『メーター検針員テゲテゲ日記』1> 図書館に予約していた『メーター検針員テゲテゲ日記』という本を、待つこと8ヵ月ほどでゲットしたのです。 入荷待ちで予約の先客が12人もいたが・・・図書館側で副本を増やしたのかもね。 【メーター検針員テゲテゲ日記】 川島徹著、三五館シンシャ、2020年刊 <「BOOK」…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き446

今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「支離滅裂」でしょうか♪ <市立図書館> ・メーター検針員テゲテゲ日記 ・GOSICK RED(レッド) ・エッセイ脳 <大学図書館> ・8月末以降にトライ 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館…
コメント:0

続きを読むread more

『サル化する世界』4

<『サル化する世界』4> 図書館に予約していた『サル化する世界』という本を、待つことおよそ5ヵ月で、ゲットしたのです。 内田先生には毎度「内田樹の研究室」の紹介を務めている太子である。この本には期待できそうやでぇ♪ 【サル化する世界】 内田樹著、文藝春秋、2020年刊 <「BOOK」データベース>より 現代社…
コメント:0

続きを読むread more

『サル化する世界』3

<『サル化する世界』3> 図書館に予約していた『サル化する世界』という本を、待つことおよそ5ヵ月で、ゲットしたのです。 内田先生には毎度「内田樹の研究室」の紹介を務めている太子である。この本には期待できそうやでぇ♪ 【サル化する世界】 内田樹著、文藝春秋、2020年刊 <「BOOK」データベース>より 現代社…
コメント:0

続きを読むread more

図書館予約の軌跡227

<図書館予約の軌跡227> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。 <予約中> ・ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(11/13予約、副本19、…
コメント:0

続きを読むread more

『漱石のパリ日記』1

<『漱石のパリ日記』1> 図書館で『漱石のパリ日記』という本を、手にしたのです。 夏目漱石といえば、ロンドン修業で苦労した作家という認識である。 その漱石さんがパリ万博を見に行ったそうで、興味深いのでおます。♪ 【漱石のパリ日記】 山本順二著、筑摩書房、2014年刊 <「BOOK」データベース>より 百…
コメント:0

続きを読むread more

『古典を読んでみましょう』3

<『古典を読んでみましょう』3> 図書館で『古典を読んでみましょう』という新書を、手にしたのです。 橋本治さんといえば、パソコンを使わず原稿を手書きしたとのことで、アナログ老人の鑑のような存在でおましたなぁ♪ 【古典を読んでみましょう】 橋本治著、筑摩書房、2014年刊 <「BOOK」データベース>より …
コメント:0

続きを読むread more

『古典を読んでみましょう』2

<『古典を読んでみましょう』2> 図書館で『古典を読んでみましょう』という新書を、手にしたのです。 橋本治さんといえば、パソコンを使わず原稿を手書きしたとのことで、アナログ老人の鑑のような存在でおましたなぁ♪ 【古典を読んでみましょう】 橋本治著、筑摩書房、2014年刊 <「BOOK」データベース>より …
コメント:0

続きを読むread more

留鳥ウォッチング

<留鳥ウォッチング> 朝夕には、裏山沿いのケヤキ並木をメジロやシジュウカラが群れになって猛スピードで飛びまわっております。 裏山のメジロやシジュウカラは留鳥なのか漂鳥なのか?・・・どうも留鳥のようですね。 書斎から見えるケヤキ並木を訪れる留鳥を眺めるのが、太子のものぐさ「留鳥ウォッチング」でおます。 メジロ w…
コメント:0

続きを読むread more

『書き出し「世界文学全集』3

<『書き出し「世界文学全集』3> 図書館で『書き出し「世界文学全集』という本を、手にしたのです。 柴田元幸さんが選ぶ世界文学(目次参照)がなかなかのもので、期待できそうでおます♪ 【書き出し「世界文学全集】 柴田元幸著、河出書房新社、2013年刊 <「BOOK」データベース>より “書き出し”だけで、世界…
コメント:0

続きを読むread more

『書き出し「世界文学全集』2

<『書き出し「世界文学全集』2> 図書館で『書き出し「世界文学全集』という本を、手にしたのです。 柴田元幸さんが選ぶ世界文学(目次参照)がなかなかのもので、期待できそうでおます♪ 【書き出し「世界文学全集】 柴田元幸著、河出書房新社、2013年刊 <「BOOK」データベース>より “書き出し”だけで、世界…
コメント:0

続きを読むread more

『書き出し「世界文学全集』1

<『書き出し「世界文学全集』1> 図書館で『書き出し「世界文学全集』という本を、手にしたのです。 柴田元幸さんが選ぶ世界文学(目次参照)がなかなかのもので、期待できそうでおます♪ 【書き出し「世界文学全集】 柴田元幸著、河出書房新社、2013年刊 <「BOOK」データベース>より “書き出し”だけで、世界…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き445

今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「書評集」でしょうか♪ <市立図書館> ・装丁・装画の仕事 ・書き出し「世界文学全集」 ・漱石のパリ日記 <大学図書館> ・8月末以降にトライ 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し…
コメント:0

続きを読むread more

『雪の練習生』2

<『雪の練習生』2> 図書館に予約していた『雪の練習生』という本を、待つこと1週間ほどでゲットしたのです。 ホッキョクグマ三代の物語とのことで、興味深いのでおます。 【雪の練習生】 多和田葉子著、新潮社、2011年刊 <「BOOK」データベース>より サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。…
コメント:0

続きを読むread more

『雪の練習生』

<『雪の練習生』> 図書館に予約していた『雪の練習生』という本を、待つこと1週間ほどでゲットしたのです。 ホッキョクグマ三代の物語とのことで、興味深いのでおます。 【雪の練習生】 多和田葉子著、新潮社、2011年刊 <「BOOK」データベース>より サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。そ…
コメント:0

続きを読むread more