図書館大好き444

今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ミニブーム」でしょうか♪ ミニブームすなわち、浅田次郎作品、建築関連問題でんな♪ <市立図書館> ・草原からの使者 沙高楼奇譚 ・古典を読んでみましょう ・団地へのまなざし <大学図書館> ・8月末以降にトライ 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではないかと思ったりする(笑) ************************************************************
【草原からの使者 沙高楼奇譚】 浅田次郎著、文芸春秋、2005年刊(画像データは2011年版文春文庫) <「BOOK」データベース>より ロンドンの超高級カジノの一夜は夢のように過ぎたー。大資産と才気、家柄、すべてを持った青年の驚愕の告白とは。総裁選の真実、大馬主が体験した運命の勝負、そしてアメリカ人退役軍人たちの「もう一つの戦い」。金と名誉を得た者だけが味わう甘美と戦慄を、浅田次郎が精緻に織り上げた傑作短編集。 【目次】 宰相の器/終身名誉会員/草原からの使者/星条旗よ永遠なれ <読む前の大使寸評> 浅田さんの傑作短編集とあれば、まず「外れ」はないだろうし、期待できそうやでぇ♪ <図書館予約:(9/05予約、9/13受取予定)> rakuten草原からの使者 沙高楼奇譚
************************************************************
【古典を読んでみましょう】 橋本治著、筑摩書房、2014年刊 <「BOOK」データベース>より えっ、浦島太郎はじいさんじゃなくて、鶴になったの?一寸法師はじつは性格が悪くてやりたい放題だった?日本の古典は自由で、とても豊かだ。時代によっていろいろある古典が、これで初めてよくわかる。 【目次】 「古典」て、なんでしょう/古典を読んでみましょう/ちょっと意地悪な樋口一葉/和文脈の文章と漢文脈の文章/日本語は不思議に続いている/はっきりした説明をしない小野小町/春はどうして「曙」なのか?/分からないものを読んでもよく分からない/亀の恩返し/古典を読んだ方がいい理由/今とは違うこと/意外に今と同じこと/歴史はくるくると変わる/日本語が変わる時/人の声が言葉を作る/漢文の役割/『日本書紀』の読み方/王朝の物語を読んでみましょう <読む前の大使寸評> 橋本治さんといえば、パソコンを使わず原稿を手書きしたとのことで、アナログ老人の鑑のような存在でおましたなぁ♪ rakuten古典を読んでみましょう
************************************************************
【団地へのまなざし】 岡村圭子著、新泉社、2020年刊 <「BOOK」データベース>より 草加松原団地をフィールドに、団地のなかで今まさに起こっていることを、日本社会が直面している課題と捉える。 【目次】 序章 団地への視角/第1章 団地へのまなざしー描かれた羨望、忌避、偏愛/第2章 ローカルな記憶の記録/第3章 団地のローカル・ネットワーク/第4章 松原団地の相互扶助的な関係/終章 団地をめぐる現代の問題ーネットワークから考える <読む前の大使寸評> 追って記入 rakuten団地へのまなざし
************************************************************ 図書館大好き443

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント