『日中海上決戦』

<『日中海上決戦』> 図書館で『日中海上決戦』という本を、手にしたのです。 現実は、台湾沖から尖閣沖にかけて中国軍の大型コーストガードの跳梁は、この小説の想定を越えているのではないかと思ったりするわけで。 【日中海上決戦】 喜安幸夫著、学研パブリッシング、2012年刊 <「BOOK」データベース>より 平…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き440

今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ナショナリズム」でしょうか♪ <市立図書館> ・雪の練習生 ・日本語と日本人の心 ・日中海上決戦 <大学図書館> ・8月末以降にトライ 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方…
コメント:0

続きを読むread more

戦争遺跡 受け継ぐために

<戦争遺跡 受け継ぐために> 8/07朝日新聞が日本の戦争遺跡を取りあげたので、スクラップしたのです。 更に、ブログにも残そうということで、コピペしたのだが・・・ ダブル保管となり、いっこうにペーパーレスにならないのでおます。 このところ、NHK番組と朝日新聞がこぞって鶉野飛行場跡の特攻隊員をとりあげたが、なんだかメディアと…
コメント:0

続きを読むread more