図書館大好き439

今回借りた3冊です。
だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪

<市立図書館>
・ねむり
・歓待する文学
・サイバー空間を支配する者

<大学図書館>
・8月末以降にトライ

図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではないかと思ったりする(笑)
************************************************************

【ねむり】


村上春樹著、新潮社、2010年刊

<「BOOK」データベース>より
覚醒する新世界。目覚めつづける女の不定形な日常を描いた短編『眠り』が、21年ぶりの“ヴァージョンアップ”を経ていま再生するードイツ語版イラストレーション、日本版のためのあとがきを収録した、村上世界の新しい「かたち」。

<読む前の大使寸評>
ぱらぱらとめくるとカット・メンシックさんの挿絵が独特で・・・ええでぇ♪


rakuten『ねむり』1



【歓待する文学】


小野正嗣著、NHK出版、2018年刊

<「BOOK」データベース>より
文学は私たちの心にどう入り込み、個人の生活や社会に影響を与えるのか。芥川賞作家である著者が欧米、アフリカ、中東、アジアの選りすぐりの作品を紹介。書き手がどのような土地に根ざし、どういう言語で作品を生み出したのか、それが読み手にどう作用するのかを探る。

<読む前の大使寸評>
追って記入

rakuten歓待する文学




【サイバー空間を支配する者】


持永大×村野正泰著、日本経済新聞出版社、2018年刊

<「BOOK」データベース>より
未来を制するのは誰か?後退する米国、台頭する欧州、支配力を高める中国。そして国家だけでなく、企業などの組織、個人がパワーを発揮するサイバー空間。その実態、支配力をめぐる競争の構図をはじめて明らかにする。

<読む前の大使寸評>
追って記入

rakutenサイバー空間を支配する者


************************************************************

図書館大好き438


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント