オンライン授業の導入

<オンライン授業の導入>
学校の休校が9月まで続くので、オンライン授業を行う計画があるとのこと。
・・・格好はいいのだが、現状のオンライン授業の実施率は5%程度ということで、言うは易し行うは難い状況のようです。

だいたい、デジタルに疎い自民党議員と文科省などお役所のお寒い現状があるわけで、ツイッターに「オンライン授業は現状では無理@SankeiBiz」とのツイートがおました。

ある公立小学校には、配信に必要な機材がそろっており、一部の保護者からライブでの授業配信の要望があるが、「ネット環境やPCがない家庭がある以上、学習に大きな差の出るやり方はできない」と配信に踏み切れないという。


心配になった大使は、オンライン会議について調べてみました。
関連するネット記事を見てみましょう。

テレワーク・在宅勤務向け LoopGateスタートパックより


■テレビ会議とWEB会議の違い、他製品との比較
テレビ会議には、主に専用機を使った「テレビ会議システム」とパソコンやスマートフォンを使った「WEB会議」の2種類の製品があります。

テレビ会議専用機の特徴は、高画質・高音質で通信的なトラブルも少なく安定した運用が行えます。しかし、専用機器は高価なものが多く、設置や運用にIT知識を持つ担当者が必要となるケースが多くあります。そのため、大企業の経営会議や国際会議で利用されるシーンをよく見かけます。

一方でパソコンやスマホを使ったWEB会議の場合、各社が様々な料金体系やオプション機能を用意しており、無料で利用できるサービスもあります。しかし、音声や映像が不安定になるなどトラブルが発生することもあり、対応できる知識を持った個人間での利用には向いていますが、社内会議といったシーンには不向きです。

LoopGateは、専用機タイプでありながら、パソコンタイプ(WEB会議)の手軽さを兼ね備えた製品となっております。


WEB会議の場合、ハンドル名の消費者が特定される恐れがあるそうです。
スマホを持たない太子は、当分の間は安全といえるわけだが・・・スマホべったりのアホな女学生などが危険なようですね。

だいたい、グーグルだってお客のセキュリティなんて気にしてないようです。
2020/1/23グーグル、クッキー提供完全廃止の衝撃度合い…ネット広告業界は存亡の危機に陥るのか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント