村山斉の時空自在 6

<村山斉の時空自在 6>
朝日の(村山斉の時空自在)シリーズをスクラップしているのだが・・・今回分が興味深いので紹介します。


(2020.4.01デジタル朝日から転記しました)


<感染死者数、気になる「傾き」>
 志村けんさんの命を奪った新型コロナウイルスが米国で猛威をふるっている。ここサンフランシスコ近郊は3月17日から基本的に外出禁止になった。今は自宅軟禁状態だ。レストランはテイクアウトのみ。医療、食品、電気、ガス、メディア、銀行など必要不可欠な仕事や調達以外の外出はダメだ。

 大学の授業や学生の指導、各種会合もすべてインターネットによる動画中継だ。自宅にいても業務は減らず、準備に手間がかかるのでかえって忙しい。ほぼ一日中パソコンの前にいる。

 米国から見ると日本は不思議だ。学校の一斉休校やイベント自粛の要請はあったものの、他の国に比べると割と緩い制限で感染を抑えている。他の人にうつさないようにマスクをつけ、まめに手を洗う習慣があり、あいさつで握手やハグ、キスをしないのが影響しているのだろうか。気になると、データを見て自分で理由を考え、予測したくなるのが研究者の性分だ。

 新型コロナウイルスは感染しても8割が軽症またはほとんど症状がなく、自覚なく他の人にうつしてしまう。そのため潜在的な感染者が相当数いてはっきりしないので、死者数を指標に考えてみる。誰も免疫のない新しいウイルスは対策を打たないと感染者は指数関数的に増えていく。対数グラフでは直線になり、この傾きは欧米の国ではほぼ同じだ。このまま進むとひと月で1千倍以上になる。世界的危機だ。

 一方、日本の傾きはすでに頭打ちになっている韓国とほぼ同じで、死者の数が欧米のように爆発的に増えていないのが救いだ。それでもひと月で10倍になる傾きだ。それに死者数は数週間前に感染した人のもので、最近の感染拡大はまだデータに表れていない。これからオーバーシュートすることは十分ありうる。外出自粛で拡大は止まる。警戒しよう。(素粒子物理学者)


(村山斉の時空自在)感染死者数、気になる「傾き」(2020.4.01)

デジタルデータとダブルで保存するところが、いかにもアナログ老人ではあるなあ。

村山斉の時空自在 5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント