宇宙の果てへの旅行

<宇宙の果てへの旅行>
ネットっを巡っていて、まちい ひさおさんのサイトで「宇宙の果てへの旅行」というエントリーにぶち当ったのです。

おお 宇宙の果てってか・・・
太子のツボがうずくのです。♪


2018・1・17宇宙の果てへの旅行(5章の中から)より

【宇宙の果てへの旅行】


 昔、地球は平らでその果ては断崖絶壁になっていると信じられていた時もありました。しかしそうではなく私たちの住んでいる地球上を西に向かってまっすぐに進んで行くとやがてぐるりと地球を一周して東側から出発地点に戻って来ることは子供でも知っています。それでは私たちの太陽系を脱出して天の川を飛び越え、そのまま進んで行くとどこに行きつくのでしょうか。


 以前、宇宙の果てと思しき所に案内されたことがある。でもこれは夢と思っていた。なぜならその時、布団のぬくもりを感じていたからである。また、はっきりと宇宙の果てについて覚えてもいない。こんなこと信じろといっても無理なことなのである。それは、土星の領域から宇宙の果てに案内されたこと。しかし、今度案内されたのは別な方法でまさしく宇宙の果てに案内された。今度こそ信じるだろうといって。そして、案内した目的はあなたを満足させるためではないとも伝えられた。


 天の川を飛び越えて光の速度の何億倍か何兆倍かわからないけれど矢のような速さで宇宙を突き進んでいく。正確には進んで行くというよりは水面を飛び跳ねる小石のようにジャンプしながら宇宙を進んで行くと言ったらいいのだろうか。宇宙船内に浮かぶ立体空間パネルには私たちが見ることが出来る三次元の世界の宇宙図のようなものが浮かんでいる。

 そこに現在の宇宙船の位置が赤い点で表示されている。その点は宇宙図の中を連続的に移動しているのではなく、ジャンプしながら点々と移動しているのである。別な宇宙図には並行する宇宙と現在の宇宙の位置が対応するような形で表示されている。多分、別な世界とこちらの世界を行ったり来たりしながら進んでいるのだろう。丁度、潜水艦が海中と水上を交互に航行するように。

 やがて遠くに天の川のような銀河が密集しているのが見えてきた。そこに向かって進んで行く。その銀河は何千、何万と思えるような集団であることが分かってきた。銀河がパネルにクローズアップされると腕が二つに伸びて回転している銀河、アンドロメダ星雲のような銀河等などみんな少しずつ形が異なっている。

 銀河全てが個性を持っているかのように見える。でも一つ一つの銀河の距離は光の速度で何十万年から何百万年もかかる距離なのだろう。そして圧巻は衝突する銀河。衝突する銀河はすざまじい勢いでお互いの星々を砕きながら交じり合い、新しい星を生んでいる。そこをすり抜けるように通り過ぎるとまた新たな銀河の集団が現れた。
 スクリーンに表示されている銀河をよく観察していると銀河の集団は各々が独立して存在しているのではなく丁度サッカーボールのつなぎ目に沿って集中しているように見える。つなぎ目でない大きな空間の部分には銀河はほとんどない。

 なぜだろう。そう考えていた時「この宇宙の反対側には双子の宇宙特有の半物質の世界があって、空間がこちらの世界と対応するような形で複雑に湾曲・変化しながら、宇宙が始まったばかりの様相をしています。こちらの世界の銀河がほとんどない空間の反対側は反物質の重力効果が強く生じて反物質が集中しています。また、こちらの世界の銀河が集中している場所も物質の重力効果が強く働いています。そのためお互いの世界の間には反重力効果が生じてこのような宇宙の構造が出来上がるのです。

 別の言い方をすれば、水の上に沈まない程度の野球のボール(物質)を浮かべるとボールの下側の水(反物質)は押しのけられますね。それと同じと考えてもいいでしょう。ということは地球の反対側の反物質の空間でも地球に対応して空間が変化しているから重力を利用すれば反対側の世界を観測出来るのではないかとあなたは今考えていますね。その通りです。

 あなた方の世界には光学望遠鏡と電波望遠鏡があり、宇宙を調べて大きな成果が得られていますね。その望遠鏡を使って半物質の世界を観測するのにはどうしたらいいのだろうかとも思っていますね。答えはどのような観測をしても不能(可能でも不可能でもなく不能なのです。不能と言った意味を考えてください。半物質の世界で宇宙船が故障したからといって電波での通信で救助を求めても、この世界の誰もが救助に行くことが出来ないのです。

 誰もそのことを知ることはできないのです。別な通信手段を考えなければならないのです。別な通信手段とは何でしょうか。一つは重力波です。もう一つはすでに説明してあります。その通信速度はおおよそ光速度C×10の7000乗になります。)です。重力波望遠鏡でなければ観測することはできません。いずれあなた方は重力波望遠鏡を発明してこの世界を見ることが出来るようになるでしょう。」


 多くの銀河の集団が後ろに後ろにと矢のように遠ざかっていく。矢のようにといっても連続ではない、映画の一コマ一コマのように途切れながら遠ざかっているのである。前方からはさらに多くの銀河の集団が迫ってくる。通り過ぎると矢のように遠ざかっていく。
 やがて銀河もまばらになり、それに混じって遠くにいくつか銀河系の中心太陽のような輝きの星とも太陽とも言い難い強烈な光を放っている天体が前より多く銀河に混じって輝いているのに気づいた。銀河が生まれているのだろうかと思った。説明はない(その時は説明がなかったが、令和元年7月16日に説明がなされたその内容は末尾※に記載した)。それも通り過ぎるとしばらくの間、殺風景な空間が通り過ぎていった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント