占星術と自然科学

<占星術と自然科学>
我々のご先祖さまたちは、天体の位置を観測し、それらを占ったり、科学的に観測してきたわけであるが、そのあたりをネットから見てみましょう。




占星術より
 占星術または占星学は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う(占い)。古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができる。

<占星術と自然科学>
 星がどのような周期的な動きをするものであるか、というところに焦点が当たっていた時代では、占星術と天文学は未分化で混然一体の状態であった。 現代考えるような自然科学は19世紀になってようやく誕生したものである(「scientist 科学者」という言葉が造語されたのは、あくまで19世紀になってからである)。

 それ以前は、自然についての考察は自然哲学という体系で行われていた。アイザック・ニュートンは、1687年の『自然哲学の数学的諸原理』によって分離がすすみ、決して一足飛びにではなく、徐々に、占星術と自然科学の距離が離れていったのである。現代の天文学者は、一般に、天体の配置や動きを用いて予想しようとするのは、あくまで天体の位置や動きであり、決して人間の性格・運勢、国家の未来などではない。

 現代の多くの占星術専門家が、惑星の位置を用いて予想しようとするのは、あくまで人の運命などであって、彼らは現代自然科学を用いて、より正確な惑星の位置などを予測することには興味が無い。このように、占星術と天文学は、現代では、目的も手法も、原則的に別のものになっているのである。

ただし、若干の例外はあり、占星術と自然科学が重なるような、微妙な領域での研究がいくつかありはする。



運命を占う占星術を見てみましょう。

運命の世界より
<惑星とサインについて>


 今日の一般的な「西洋占星術」では、まず10個の惑星(太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)が、生まれたときにどこに位置していたかを示す、以下のような「ホロスコープ」と呼ばれるチャートを作成します。

 その際に、星の位置を示す座標として使われるのが、一般的によく知られている「12星座」です。
  占星術師たちは、この星の配置図であるホロスコープを分析することによって、その人の性格、才能、運命などの基本パターンを知ることができると言われています。

サインというのは、みなさんもおなじみの牡羊座、牡牛座、双子座といった、いわゆる「12星座」のことです。

明けの明星
(村山斉の時空自在)ベテルギウスの爆発 いつの日か

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント