あなたがいない世界を・・・2本立て館

<あなたがいない世界を・・・2本立て館>
久々にくだんの2本立て館に繰り出したが・・・・
今回の出し物は「イエスタデイ」と「テルマ&ルイーズ」であり、館主の設けたテーマは「あなたがいない世界を」となっています。

毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているのですが、今回の2作品を繋ぐフレーズが私には出てこないのです。


【イエスタデイ】


ダニー・ボイル監督、2019年、英制作、2020.2.19観賞

<Movie Walker作品情報>より
ダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの名曲に乗せて描くコメディ。事故による昏睡状態から目覚めたシンガーソングライターの男が周囲の異変に気付く。なんとそこはザ・ビートルズの存在しない世界だった。『シンデレラ』のリリー・ジェームズが主人公を支える幼なじみの女性を演じるほか、人気歌手のエド・シーランが本人役で出演する。

<大使寸評>
パソコンでググッても、ビートルズ、コカコーラ、シガレットなど出てこないのです。
・・・で、売れないミュージシャンはビートルズの作品を歌い始めると大ヒットするわけです。
この映画の全編にわたってビートルズの作品が流れるわけで・・・けっこう懐かしい2時間でおました。

Movie Walkerイエスタデイ


この映画館では毎回、幕間にお昼の弁当を食べるのだが・・・・
今回もダイエーで買ったサンドウィッチでした♪


【テルマ&ルイーズ】


リドリー・スコット監督、1991年、米制作、2020.2.19観賞

<Movie Walker作品情報>より
旅の途中での偶発事件をきっかけに、鮮やかに自己を解放していく女性2人を描いた女だけのロードムービー。監督は「ブラック・レイン」のリドリー・スコット。製作はスコットとミミ・ポーク、脚本はカーリー・クォーリ、撮影はエイドリアン・ビドルが担当。出演はスーザン・サランドン、ジーナ・デイビスほか。

<大使寸評>
リドリー・スコット監督の名作であるが・・・この作品を劇場で観るのは、多分3回目になるのです。
・・・だからストーリー進行はほぼ覚えているし、細かな表情やプロットなど、今までとは違ったところを観たりしたのです。

反抗という括りなら、「俺たちに明日はない」、「明日に向って撃て!」そして近作の「スリービルボード」を彷彿とします。
理不尽なロードムービーという括りなら、もちろん「イージー・ライダー」ですね。

いずれにしても、リドリー・スコット監督は独自の滅びの美学を開陳しているわけであるが・・・やぶれかぶれの爽快さもあるわけでおます♪

Movie Walkerテルマ&ルイーズ

「テルマ&ルイーズ」はリドリー・スコット監督作品あれこれR1に収めておくものとします。

パルシネマ上映スケジュール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント