『絶望の精神史』2

<『絶望の精神史』2> 図書館で『絶望の精神史』という本を、手にしたのです。 裏表紙に「近代史の歪みを痛烈に批判する自伝的歴史エッセイ」とあります・・・期待できそうでおます♪ 【絶望の精神史】 金子光晴著、講談社、1996年刊 <ブックスのレビュー>より 反骨の詩人。戦前、日本の其の当時の軍国主義等の…
コメント:0

続きを読むread more

AI関連について

<AI関連について> 図書館で『AIが神になる日』という本を手にしたのです。 このところAIがらみの本を読んでいるが、ついAIのマイナス面が気になるのです。 ・・・ということで、最近読んだAI関連本やネット報道について集めてみました。 ・(シンギュラリティーにっぽん)AI・バイオ技術の進化、脅威に(2019年報道) …
コメント:0

続きを読むread more