『言ってはいけない中国の真実』1

<『言ってはいけない中国の真実』1>
図書館に予約していた『言ってはいけない中国の真実』という文庫本を待つこと8日でゲットしたのです。
同じ著者の『上級国民/下級国民』という本を予約しているが、なかなか巡ってこないので、ちょっと前に刊行されたこの本を予約したら、即入手できたのです。



【言ってはいけない中国の真実】


橘玲著、新潮社、2018年刊

<「BOOK」データベース>より
崩壊説を尻目に急速な経済成長を遂げた人口13億の大国・中国。満州からチベット、内モンゴルまで、その隅々を旅した著者は、至るところで不動産バブルの副産物で「鬼城」と呼ばれるゴーストタウンに出くわす。高層ビルが林立する超モダンな廃墟が建てられる元となった「錬金術」の仕組みに着目し、日本と異なる国家体制、組織のあり方、国民性を読み解く新中国論。

<読む前の大使寸評>
同じ著者の『上級国民/下級国民』という本を予約しているが、なかなか巡ってこないので、ちょっと前に刊行されたこの本を予約したら、即入手できたのです。

<図書館予約:(1/18予約、1/26受取)>

rakuten言ってはいけない中国の真実


鬼城(ゴーストタウン)のメカニズムが語られているので、見てみましょう。
p188~190
<二重権力と無責任>
 中国社会の特徴は、あらゆる行政機構が共産党と(地方)政府の二重構造になっていることだ。
 中国には約8700万人の共産党員がおり、各地方の代表が全国人民代表大会(全人代)で任期5年の中共中央委員会のメンバーを選任し、そこから7人の中央政治局常務委員が選ばれる。常務委員の序列1位が共産党のトップである総書記(国家主席)となり、序列2位(もしくは3位)が行政府である国務院の総理(首相)を務める。中国において、政府(国務院)は共産党委員会が決めたことを執行する機関に過ぎない。

 共産党はこうした支配構造を、省や市、県などの地方組織ばかりか、国有銀行や国有企業など社会の隅々にまで張り巡らせている。そこには共産党員からなる委員会(細胞)が置かれ、その序列1位は書記と呼ばれる。

 省長や市長、県長はその地方のトップではなく、共産党委員会(書記)の指導に従わなくてはならない。中国工商銀行や中国銀行は世界最大の金融機関で、形式上は頭取(CEO)が統治していることになっているが、実際には銀行内に共産党委員会が置かれ経営を監視されている。

 こうした二重権力状態が、中国の社会制度をきわめて複雑なものにしている。
 地方政府は市民の生活に責任を負うが、彼らは共産党委員会の指示に従っているだけだ。
 共産党の書記は市民の代表ではなく、より上位の共産党委員会の命令で地方に送り込まれてくる。彼らが市民よりも上部機関の評価を気にするのは当然だ。このようにして、個々の問題に対していったい誰に権限と責任があるのかわからなくなってしまう。

 近代的なガバナンス理論では、権限と責任は常に一体であることが求められる。ところが中国型のガバナンスでは権限と責任は分離してしまい、外部からはその実態が見えない。そのうえ中国では、真の権力者は責任をとらないと考えられている(責任をとらない者ほど大きな権力を持っている)。

 中国の地方都市で鬼城と化したビル群を目にしたひとは、誰もが「なぜこうなるまで放置したのか」と疑問に思うだろう。日本でも1980年代末のバブルのときは異常な不動産開発が行われたが、中国のような巨大な廃墟は生まれなかった。それは「市場原理」によって、採算のとれないビルを開発した不動産業者や、そこに無理な融資をした金融機関は、責任をとって市場からの退出を迫られたからだ。

 ところが中国では、大規模な不動産開発は地方政府と国有銀行が結託して行われており、そこには失敗に対して責任をとる主体がいない。リスクなしに利益を自分のものにできるならば、どれほど危うい事業でも開発を止めようとは思わないだろう。たとえそのような理性のある幹部がいたとしても、周囲の既得権層からたちまち排除されてしまうにちがいない。

 オーストリアの経済学者フリードリッヒ・ハイエクは、市場原理以外に権力の暴走を止める効果的な方法はないとして、ソ連の社会主義経済の破綻を予言した。中国で起きている不動産バブルもこれと同じで、経済学的にはなにも特別なことはない。その規模がおそろしく大きい、ということを除けばだが。

ウーム 「市場原理」に悪乗りした共産党王朝であるが・・・
いつまで待てば自滅してくれるんでしょうね。
一方、島国根性にますます染まるような我がニッポンではあるが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント