『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を観た

<『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を観た>
新聞に映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の広告が出ているので、心騒ぐ大使であった。(1月24日より公開中)

ということで、以下のとおり個人的予告を作って・・・
公開初日に、劇場に足を運ぶことになったのです。

【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】


テリー・ギリアム監督、スペイン=ベルギー=フランス=イギリス=ポルトガル2018年制作、1月24日鑑賞

<movie.walker解説>より
『12モンキーズ』『Dr.パルナサスの鏡』などの異才テリー・ギリアムが、30年もの時を費やし、スペインの傑作古典小説「ドン・キホーテ」を映画化。出演に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョナサン・プライス、『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコら。第71回カンヌ国際映画祭のクロージング作品。

<見る前の大使寸評>
ということで、以下のとおり個人的予告を作って・・・
公開初日に、劇場に足を運ぶことになったのです。

movie.walkerテリー・ギリアムのドン・キホーテ


CM監督のトビーは、スペインの田舎での撮影中、謎めいた男からDVDを渡される。そのDVDは学生時代に自らが監督した「ドン・キホーテ」の映画だった。
斯様にしてこの作品は劇中劇をとりこんで進行するのです。
トビーがヒロインとして採用した女の子に、都会への夢を吹き込み・・・結果、憎まれるわけです。
また、ウォッカ販売にいそしむロシア人富豪の企てたパーティーが悪意に満ちているわけです。

さて、ドン・キホーテ役を演じた靴職人の老人の純粋な狂気はいかに!?・・・

公式サイトを覗いてみました。

公式サイト:ギリアム監督挨拶より
 この企画にあまりにも長く関わってきたので、 完成する日は一生来ないのではないかと思っていました。

「ドン・キホーテ」の映画化に取り掛かったのは、1989年のことでした。当初から多くの障害があったものの、私はワクワクしていました。作者ミゲル・デ・セルバンテスの死後400年が経ち、このプロジェクトがやっと製作にこぎつけたのです。

 分別のある人なら何年も前に止めていたでしょう。でも、最後は夢を諦めない者が勝つのです! この積年の願いを実現するために、大したお金にもならないのに、私を信じ、私に付き合ってくださった夢想家の皆さま全員にお礼を言いたいと思います。

 スペインとポルトガルで、私の夢に現れた風景を見つけることができたおかげで、ようやく現代の観客に、この憂い顔の騎士の物語を贈ることができます。
 本当に楽しめる映画が完成しました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント