『世界の都市(ナショナルジオグラフィック2019年4月号)』2

<『世界の都市(ナショナルジオグラフィック2019年4月号)』2> 図書館で『世界の都市(ナショナルジオグラフィック2019年4月号)』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、特集でトーキョーが取り上げられているのが、借りる決め手になりました。 【世界の都市(ナショナルジオグラフィック2019年…
コメント:0

続きを読むread more

『老年力』1

<『老年力』1> 図書館で『老年力』という本を、手にしたのです。 副題が「老境こそ第二の人生」となっているが、ええやんけ♪ 【老年力】 三浦朱門著、海竜社、2012年刊 <「BOOK」データベース>より 人間はおおよそ八十年はもつようになっている。自分の本当にやりたいことをやりながら生きてほしい。 【目…
コメント:0

続きを読むread more

吉岡桂子記者の渾身記事33

<吉岡桂子記者の渾身記事33> 朝日新聞の吉岡記者といえば、チャイナウォッチャーとして個人的に注目しているわけで・・・・ その論調は骨太で、かつ生産的である。 中国経済がらみで好き勝手に吹きまくる経済評論家連中より、よっぽどしっかりしていると思うわけです。 朝日のコラム「多事奏論」に吉岡桂子記者の記事を見かけたので紹…
コメント:0

続きを読むread more

老人力あれこれR3

<老人力あれこれR3> 赤瀬川原平著『老人力』のインパクトは大きかったわけで… その後、相次いで老人絡みの本が刊行されたのです。で、大使が読んだ類書を集めてみました。 ・老人のライセンス:村松友視(2018年刊) ・九十歳。何がめでたい:佐藤愛子(2016年刊) ・オレって老人?:南伸坊(2013年刊) ・魔がさす年頃:…
コメント:0

続きを読むread more