逆転人生「宇宙到達!民間ロケット」

<逆転人生「宇宙到達!民間ロケット」>
12月2日のNHK番組「宇宙到達!民間ロケット」が良かったのです。
・・・で、忘れないようにNHKオンラインからメモしたのです。


逆転人生「宇宙到達!民間ロケット」より


 2019年12月2日(月) 午後10:00~午後10:50(50分)

 これぞまさに下町ロケットの実写版!?逆境をはねのけ、宇宙への果てなき挑戦を続けるベンチャー企業の青年社長が登場!打ち上げに失敗し、大炎上…しかしそこから大逆転!

【詳細】
 主人公は、民間単独で日本で初めて宇宙に到達するロケットを開発したベンチャー企業の社長・稲川貴大さん(32歳)。稲川さんは、空への憧れを抱いて航空宇宙業界に就職を希望するも全滅。夢をあきらめようとした時、ある出来事をきっかけにベンチャー企業へ飛び込むことに。しかしその道のりは苦難の連続。

 去年6月、ロケットの打ち上げ実験を行うも発射6秒で地上に落下し大炎上。しかしそこからわずか1年で偉業を成し遂げた。

番組では、どういう訳かホリエモンの関与をぼやかしていたのだが・・・
ホリエモンが要求する気が狂ったような短納期を、稲川さんが忠実に守るわけです(笑)。
市販の材料でロケットを作るという方針だから、短納期は達成できるのであるが、とにかく落ちても落ちてもへこたれないホリエモンの意気込みが、すご~い。

更に、打ち上げ場所、北海道の応援団も、この民間ロケットが落ちても落ちても応援するのが、なんとも微笑ましいのです♪

ネットで稲川貴大さんを探してみました。

稲川貴大(ロケット)の経歴や年収と出身高校や大学は?堀江との関係は?より

 2019年5月4日、ホリエモンこと実業家の堀江貴文が出資する、宇宙ベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」が、自社開発の小型ロケット「MOMO」3号機を打ち上げ、宇宙空間とされる100キロ以上の高度に到達した、と報道がありました!

 民間主導で開発したロケットが、宇宙空間へ到達するのは日本で初めてです!

 世間では、「ホリエモンスゲー」となっていますが、この小型ロケットを打ち上げた宇宙ベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」の代表取締社長「稲川貴大」さんについて気になった人も多いと思います。

 ということで今回は「稲川貴大の経歴や年収と出身高校や大学は?堀江との関係は?」というテーマで書いていこうと思います!
・出身:埼玉県越谷市
・高校:埼玉県立浦和高等学校
・大学:東京工業大学 機械物理工学専攻

 稲川貴大さんは、ロケット開発を主とするインターステラテクノロジズ株式会社の代表取締役を務めています。

 年齢はまだまだ若く32歳です。この若さで民間初のロケット打ち上げ成功という快挙を成し遂げました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント