AI関連本について

<AI関連本について>
図書館で『AIが神になる日』という本を手にしたのです。
このところAIがらみの本を読んでいるが、ついAIのマイナス面が気になるのです。

・・・ということで、最近読んだAI関連本やネット報道について集めてみました。

・(インタビュー)AIのわな(2019年報道)
・AI VS.教科書が読めない子どもたち(2018年刊)
・AIが神になる日(2017年刊)
・AIが同僚(2017年刊)
・AIの世紀カンブリア爆発(2017年刊)

***********************************************************************
(インタビュー)AIのわな

『AI VS.教科書が読めない子どもたち』3:何が読解力を決定するのか
『AI VS.教科書が読めない子どもたち』2:新技術が人々の仕事を奪ってきた
『AI VS.教科書が読めない子どもたち』1:AIとシンギュラリティについて

『AIが神になる日』2:AIと向き合う際の心構え
『AIが神になる日』1:AIのこれからの姿

『AIが同僚』3:富士フィルムが、AIとどう対峙するか
『AIが同僚』2:夢の技術か悪夢なのか?
『AIが同僚』1:「AIが同僚」時代の働き方

『AIの世紀カンブリア爆発』1:シンギュラリティ到来
***********************************************************************
<(インタビュー)AIのわな>
 数学者のキャシー・オニールさんがインタビューで「恵まれた人を優遇、偏見や格差を拡大、負の循環生まれる」と説いているので、紹介します。



【AI VS.教科書が読めない子どもたち】


新井紀子著、東洋経済新報社、2018年刊

<「BOOK」データベース>より
大規模な調査の結果わかった驚愕の実態ー日本の中高校生の多くは、中学校の教科書の文章を正確に理解できない。多くの仕事がAIに代替される将来、読解力のない人間は失業するしかない…。気鋭の数学者が導き出した最悪のシナリオと教育への提言。

<読む前の大使寸評>
追って記入

<図書館予約:(2/22予約、10/26受取)>

rakutenAI VS.教科書が読めない子どもたち



【AIが神になる日】


松本徹三著、SBクリエイティブ、2017年刊

<「BOOK」データベース>より
シンギュラリティーに到達した究極のAIは、人類に何をもたらすか?
【目次】
第1章 シンギュラリティーに向かうAI(AIとは何か?/シンギュラリティーとは何か? ほか)/第2章 人間と「神」(人間は太古の昔から「神」を信じた/宗教の変貌 ほか)/第3章 すべての「人間的なもの」(AIと人間との違い/「愛」とは何か?「憎しみ」とは何か? ほか)/第4章 AIと向かい合う哲学(人は、実はいつも「哲学」している/「人間的」であるということ ほか

<読む前の大使寸評>
このところAIがらみの本を読んでいるが・・・
ついAIのマイナス面が気になるのです。

rakutenAIが神になる日



【AIが同僚】


池上俊介×新井紀子著、日経BP、2017年刊

<「BOOK」データベース>より
経営・営業・販売・人事・クリエーティブ…職場でAIってどう使われるの?活用実例が満載!「2020年、AIと働く未来は確実に明るい」

<読む前の大使寸評>
この本は「日経ビックデータ」の連載記事をもとに構成されているので、企業寄りのスタンスかもしれないが・・・
情報学のプロが説くAIは、果して夢の技術か悪夢なのか?興味深いのです。

rakutenAIが同僚



【AIの世紀カンブリア爆発】


田中徹著、さくら舎、2017年刊

<「BOOK」データベース>より
AIは、いまどんな「知」を獲得しているのか!そして、どのようにして「知」を獲得していくのか!AIが人知を超える日は必ずやってくる!最前線の取材で、AIとロボットと人間の現在と驚くべき近未来をわかりやすく解説!
【目次】
序章 これまでのコンピューターと人工知能は何が違うのか/第1章 ディープ・ラーニングで直観を獲得した機械知能/第2章 機械が変える「不確実な世界」/第3章 「機械知能の爆発」はいつ起こるのか/第4章 ビットコインに見る管理者無用の分散型世界/第5章 機械がする仕事、人間がする仕事/第6章 身体があるから知能が発生する

<読む前の大使寸評>
おおAIってか・・・人知を超えるかもしれないAIには危機感を覚える大使である。

rakutenAIの世紀カンブリア爆発


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント